眉ソムリエNARUMIの
365日毎日更新blog

メイクアップをする時に一番意識していること

vol.3941

眉ソムリエNARUMI(なるみ)
鳴海吉英(なるみ よしひで)です。

今年初めのお仕事は

温泉…ではなく、

温泉旅館で成人式の前撮り。

↑and moveさんに場所を借りて

メイクアップのお仕事で
一番意識することは

お客様の美意識と
ぼくの良いと思うメイクの
感覚をどれだけズラさずに
仕上げられるか? 

先日、書いたブログで

『絆徳経営のすすめ』
の本を書いている
清水康一朗さんの動画を見て
勉強会をしたと書いたんだけど

まずは
相手にとって良いことをする。
これが鉄則だとおっしゃっていた。

大切なのは
相手にとって良いことと
自分が良いなと思う事に
誤差があるという事。

例えば
上司が部下に
日々のねぎらいをするために
飲みに連れていこうと思って
声をかけたつもりが

部下からすると
「もしかして、飲みながら
説教されるんじゃないか?」って
感じている。

こんな感じの
気持ちのズレを無くするために
大切なのが

相手を知る

という事。

これには
コミュニケーションが大事。

昔、メイクの大会で
東北大会準グランプリを
受賞できたとき

「この認められた技術で
 たくさんの人を
 キレイにしていくんだ!」

と勢いづいていた時
メイクをしても
お客様が心から笑っていない…
という時期があった。

それは
コミュニケーションを取らずに
ぼくが良いと思うメイクだけを
していたから。

この経験を
何度かしていった時に感じた事は

「技術はみんな持っている。

 そして
 ”顔の良さ”を
 一番知っているのは本人」
ってこと。

こう思ってから
美意識を確認するために
コミュニケーションを
取るようになった。

だから、
メイクする前や
メイクしながらも

結構話しかけて
本当に求めているものは何かを
判断して仕上げる。

あとは
メイク以外にも
ヘアアレンジや着物の柄
カメラマンの雰囲気づくりや
撮る場所の雰囲気も含めて

一つの仕上がり。

「成人式のときの写真は
 暗黒の歴史でもう見たくない。」
という話は今でも聞く。

それより
10年経ってもまた見たい
成人式の写真。

このお手伝いが出来た時は
大きな達成感。

無料のメルマガを登録していただくと
毎日あなたの手元に
情報がお届けになります。

眉ソムリエRメルマガ
https://twelfth-ex.com/rg/291528/1/

それでは、またっ

眉ソムリエRYoutubeチャンネル
http://urx.blue/ijNw

Twitterアカウント
https://twitter.com/mayusomurie

ホームページ
https://mayusomurie2020.com/

お問い合わせメールはコチラ
info@mayusomurie2020.com

〒030-0822
青森市中央1丁目24-4
有限会社 マロミ

代表取締役 鳴海吉英(なるみ よしひで)

  • コメント: 0

関連記事

  1. 人の温かみを感じる場所でもありますね♪

  2. 眉尻を上手に書くコツがあります。

  3. 心のメモに書いてあること。それこそが大切にしたい価値観。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


眉ソムリエ NARUMI

鳴海 吉英(なるみ よしひで)

プロフィール
1981年青森市に生まれ青森で育つ。AB型。
1996年青森市立南中学校を卒業。
1999年青森県立商業高校を卒業。
1999年(18歳)スパゲ亭青森店に就職。
2003年(22歳)美容の世界に入るため東京メークアップアーティスト学院に入校し、その後卒業。
2005年(24歳)メディカルメイクアップを志しアメリカに留学。1か月後、劇的な人生の転機があり青森へ帰る。
2010年(29歳)資生堂メイクアップ青森県大会優勝。続く東北大会では準グランプリ受賞。TBS系列のテレビ番組でメイクのコツを伝えるアドバイザーを3年務める。エステ専門誌「クレアボー」TBS系列のテレビ番組に青森のメンズエステ店として取材を受ける。
2013年(31歳)化粧品の専門誌「月刊 国際商業」に取材を受ける。
2015年(34歳)地元企業や自治体PR広告などのメイクを担当。
2019年(38歳)眉の基本の書き方を4,500人以上に指導。
2020年(39歳)4月にTBS系列の情報番組に生出演。

眉が変われば表情が変わる。
その素敵な表情があなたの運命を変える。

眉毛を美しく保ち
人生を輝くものにしましょう

メールにてお得な情報を配信しています

登録する