眉ソムリエNARUMIの
365日毎日更新blog

遺骨探しは権利。という言葉が深く刺さった理由。

vol.3810

朝晩の空気が冷たくなってきて
青森では、もう、夏を感じない。

日テレの24時間テレビが放送される
8月末は
完全に夏の終わりを感じさせる。

その24時間テレビのダイジェスト版を
見たとき

ある一人の男性の人生を
振り返っていた。
その方は奥さんと次女が
津波の被害にあって
捜索をしたことがある。

奥さまのご遺体は
すぐに見つかったものの
次女は見つからず、

数か月後に自宅からすぐ近くで
娘さんが身に付けていたマフラーと
骨が見つかり
DNA鑑定で娘さんだとわかった。

この時、男性は
「これ以上遺骨を探すことは
 自分のエゴなんじゃないか?』と
悩んで遺骨捜索を中断した時

戦没者の
遺骨捜索ボランティアをしている
沖縄の具志堅さんの言葉に
救われたという

「遺骨探索は権利
 人として当たり前。」

この言葉は
なぜかぼくの心にも響いた。

なぜかというと
明確な理由があった。

先日の大曲の花火。
子供たちの思い出、
家族の思い出として
行ってみたけど

結果は数年に一度の大雨。

4歳の娘は
花火が始まると同時に
降り始めた雨で
「もう帰りたいなぁ~」と言い始め

9歳の上の子は
雨を何とか我慢しながら
花火を見ている。

花火大会の途中
雨が酷くて駐車場へ戻る時も
上の子は浮かれない表情で
手を引かれて歩いている。

妻とも雰囲気が悪いまま
車に戻る。

楽しい思い出のために…
そう思って計画したけど

それを無視するかのような
悪天候や不穏な空気に…。

翌日、青森に帰ってきて
長女とお風呂に入りながら
花火大会のことについて聞いてみると

「楽しかった…」
とは言ったけど本心はきっと違う。

「本当に?」って聞くと
「…ツラかった」って弱々しく話してくれた。

大雨で体も気持ち悪いだろうし、
妻と雰囲気が悪くなったのも
見せてしまったし…

これを聞いた時、
良かれと思っていたことは
ぼくのエゴだったのかもしれない。

それで嫌な思い出にさせてしまったのか
そう思うと胸が苦しくなった。

だけど、
「遺骨を探すことは人の権利」という
遺骨発見ボランティアの
具志堅さんの言葉をたまたま聞いて

結果は雨になったけど、
・喜ばせたい。
・良い家族の思い出にしてもらいたい。
・日本一の花火を体験して
 何か一つでも感じてもらえたらいい。

この想いはぼくの権利として
行動してよかった。って
自分で納得することができた。

雨だったからダメ。
晴れだったから良い。という結果は
やってみなくちゃわからない結果。

それよりもどんな思いで
今できることをするのかが
大切なんだと改めて思った。

妻も、なんとなく
ぼくの気持ちを察してくれたのか
今までとは違った向き合い方をし
てくれるようなった。

不安や恐怖や天気…
考えてもどうにも答えが出ないことは
考えても仕方がない。

それより、
今できることをしよう。

今やったことが
未来に繋がって結果として表れる。

遺骨探しと
花火大会が雨だったことを重ねる。

ブログを書いていると
なんでもブログにネタにしてしまう

ブログの習慣って
怖いねって
思ったのでした。

無料のメルマガを登録していただくと
毎日あなたの手元に
情報がお届けになります。

眉ソムリエ®メルマガ
https://twelfth-ex.com/rg/291528/1/


それでは、またっ


眉ソムリエ®Youtubeチャンネル
http://urx.blue/ijNw

Twitterアカウント
https://twitter.com/mayusomurie

ホームページ
https://mayusomurie2020.com/

お問い合わせメールはコチラ
info@mayusomurie2020.com

〒030-0822
青森市中央1丁目24-4
有限会社 マロミ

代表取締役 鳴海吉英(なるみ よしひで)

  • コメント: 0

関連記事

  1. あなただけの眉を変えるポイントを知れば眉は書けるようになる

  2. 自然に見せるための大切な男のメイク箇所

  3. 眉が書けるようになって他人に褒められる

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


眉ソムリエ NARUMI

鳴海 吉英(なるみ よしひで)

プロフィール
1981年青森市に生まれ青森で育つ。AB型。
1996年青森市立南中学校を卒業。
1999年青森県立商業高校を卒業。
1999年(18歳)スパゲ亭青森店に就職。
2003年(22歳)美容の世界に入るため東京メークアップアーティスト学院に入校し、その後卒業。
2005年(24歳)メディカルメイクアップを志しアメリカに留学。1か月後、劇的な人生の転機があり青森へ帰る。
2010年(29歳)資生堂メイクアップ青森県大会優勝。続く東北大会では準グランプリ受賞。TBS系列のテレビ番組でメイクのコツを伝えるアドバイザーを3年務める。エステ専門誌「クレアボー」TBS系列のテレビ番組に青森のメンズエステ店として取材を受ける。
2013年(31歳)化粧品の専門誌「月刊 国際商業」に取材を受ける。
2015年(34歳)地元企業や自治体PR広告などのメイクを担当。
2019年(38歳)眉の基本の書き方を4,500人以上に指導。
2020年(39歳)4月にTBS系列の情報番組に生出演。

眉が変われば表情が変わる。
その素敵な表情があなたの運命を変える。

眉毛を美しく保ち
人生を輝くものにしましょう

メールにてお得な情報を配信しています

登録する