眉ソムリエNARUMIの
365日毎日更新blog

眉を書く時いつも迷うなら眉山と眉尻


vol.3222

眉ソムリエNARUMI(なるみ)

鳴海吉英(なるみ よしひで)です


先日、

オールインワンコスメについての

勉強会がありました。



あなたはオールインワンコスメについて

どんな印象を持っていますか?



「これ一個でするなんて便利じゃん」

「これだけでは物足りない」

賛否両論。



元々化粧品店を

やっていたこともあって

たくさんの化粧品を試してきましたが



1つでも効果を翌朝の肌の違いを

感じるオールインワンコスメもあれば



油膜感しか感じず物足りない

オールインワンコスメもありました。



オールインワンコスメ自体に

良いも悪いもないと思っています。



それよりも大切なのは

いまの肌がいつもよりどうなのか?

これを感じることです。



肌の変化を理解して

付ける量を調整するとか

もう一品足すとか



肌を理解して変化に対応できると

化粧品を使うのがもっと楽しくなります。



便利なのはいいけど

変化させる臨機応変さ

これもスキンケアで大切な意識です。



眉毛も毎日同じと思いきや

生え変わりがあるので

いつもと同じではないです。



こうなると眉を書くにしても

迷っちゃうんですよね



なので、

・眉山の位置

・眉尻の角度

この2つだけでも

覚えておくといいんです



眉山の位置は

黒目の外~白目の終わり

…と目安を付ける



さらに言えば

黒目の外の上とか

白目の終わりの上など

明確な目安を見るけると

眉はもっと書きやすくなります。



初めはなんとなくこの辺。

慣れてきたら、明確にココ!と

目安を絞っていくイメージですね



眉の形の変化はあなたの印象も

変化して見せて楽しいですよ




こういった

眉毛を書けるようになって

これまでの自分を変えたい!

というなら


無料のメルマガを登録していただくと

眉毛を書けるようになるコツを

毎日あなたの手元に

情報がお届けになります。
眉ソムリエ®メルマガ

https://twelfth-ex.com/rg/291528/1/


それでは、またっ


眉ソムリエ®Youtubeチャンネル

http://urx.blue/ijNw


Twitterアカウント

https://twitter.com/narumi_pony


ホームページ

https://mayusomurie2020.com/


お問い合わせメールはコチラ

info@mayusomurie2020.com

〒030-0822

青森市中央1丁目24-4
有限会社 マロミ

代表取締役 鳴海吉英(なるみ よしひで)

  • コメント: 0

関連記事

  1. 健康を意識するなら眉の2つの箇所に注目

  2. 眉毛一つでアクティブに見せる!O型あるある女子

  3. 30,000円の美容液と30,000円のスキンケア基礎化粧品

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

眉ソムリエ NARUMI

鳴海 吉英(なるみ よしひで)

プロフィール
1981年青森市に生まれ青森で育つ。AB型。
1996年青森市立南中学校を卒業。
1999年青森県立商業高校を卒業。
1999年(18歳)スパゲ亭青森店に就職。
2003年(22歳)美容の世界に入るため東京メークアップアーティスト学院に入校し、その後卒業。
2005年(24歳)メディカルメイクアップを志しアメリカに留学。1か月後、劇的な人生の転機があり青森へ帰る。
2010年(29歳)資生堂メイクアップ青森県大会優勝。続く東北大会では準グランプリ受賞。TBS系列のテレビ番組でメイクのコツを伝えるアドバイザーを3年務める。エステ専門誌「クレアボー」TBS系列のテレビ番組に青森のメンズエステ店として取材を受ける。
2013年(31歳)化粧品の専門誌「月刊 国際商業」に取材を受ける。
2015年(34歳)地元企業や自治体PR広告などのメイクを担当。
2019年(38歳)眉の基本の書き方を4,500人以上に指導。
2020年(39歳)4月にTBS系列の情報番組に生出演。

眉が変われば表情が変わる。
その素敵な表情があなたの運命を変える。

眉毛を美しく保ち
人生を輝くものにしましょう

メールにてお得な情報を配信しています

登録する