眉ソムリエNARUMIの
365日毎日更新blog

マスクをしていると表情がわからない…。

vol.3174
眉ソムリエNARUMI(なるみ)
鳴海吉英(なるみ よしひで)です

*********

眉毛を書けるようになるコツを
毎日あなたの手元にお届けするメルマガ

ブログには書かない
眉ソムリエ®NARUMIの
近況を書いています。

眉ソムリエ®メルマガ✨
https://twelfth-ex.com/rg/291528/1/
✨眉ソムリエ®Youtubeチャンネル✨
http://urx.blue/ijNw
Twitterアカウント✨
https://twitter.com/narumi_pony
*********



いまや

マスクは感染拡大防止の
エチケットだけにとどまらず
ファッションの一つとして
活用すべきアイテムの1つ
だけど
口元が見えないと
笑っているか?怒っているか?
よくわからない
ってことありますよねガーン
マスクをしていても
怒っていたら
目つきが悪かったり
眉毛でも起こっているのが
すぐにわかるのですが
大笑いしていない限り
笑っているかどうかは
ちょっとわからない…汗
あなたも一度は

他の誰かを見て

「あれ?もしかして怒ってる?」




そう感じたことは

ないでしょうか?




そう感じたことがあるということは

もしかしたらあなたも

そう思われたことが

あるかもしれませんハッ


勘違いされないためにも

2つの眉のパターンを知っておけば

大丈夫ですので




今回はそのことを

お伝えしていきます爆笑


2つの眉パターンと言っても

怒って見られやすい”眉毛の形”

これを知っておくといいですよキラキラ


1つは

般若の面のようなえぐれた眉








眉頭が高く

えぐれたような眉は

不安・不信を感じさせます。







そして、もう一つは

左右の眉と眉の間隔が狭い眉




眉と眉が繋がりそうでも

全体的に丸みを感じるアーチ眉なら

あまり気にしなくてもいいのですが




眉の形を整えていて

眉山がはっきりとしている眉、

キリッと見える眉や細い眉の場合




左右の眉と眉の間隔が狭ければ

怒っているように見えますびっくり


こんな場合でも

簡単な解決策があります。




点と点を結んで線にする



えぐれている眉は

方法が2つあります。




えぐれているところを埋めたいので

点と点を結んで線になるように

眉を書いてあげます。




ペンシルで書いてあげると

書きやすいですよOK


そして

左右の眉と眉の間隔が狭い場合




眉毛が生えているなら眉カット

もしくは眉毛を抜いちゃいます。




その目安は指2本





男の人で指が太めなら

指1.5本くらいを目安に

左右の眉と眉の間隔を

開いてあげると良いです。




眉を書いている時も同じです。




どこまで眉頭を書けばいいの?

そんな時も



眉毛はちょっとしたことで

印象が変わります。




眉毛1本でも

印象を変えることができるので

眉を切る・抜く場合は

1本ずつ様子を見ながら

やってみてくださいね~ウインク


怒っているようにではなく

キリッと感として

受け取ってもらいたいですよね。




こんな時だからこそ

笑顔でウインク





こういった
眉毛を書けるようになって
これまでの自分を変えたい!
というなら

無料のメルマガを登録していただくと
眉毛を書けるようになるコツを
毎日あなたの手元に
情報がお届けになります。

眉ソムリエ®メルマガ✨
https://twelfth-ex.com/rg/291528/1/
YouTube動画も更新しました✨
http://urx.blue/ijNw
それでは、またっ
眉ソムリエ®Youtubeチャンネル✨
http://urx.blue/ijNw
Twitterアカウント✨
https://twitter.com/narumi_pony
ホームページ✨
https://mayusomurie2020.com/
お仕事、メディア関連のお問い合わせメールはコチラ✨
info@mayusomurie2020.com

〒030-0822
青森市中央1丁目24-4
有限会社 マロミ
代表取締役 鳴海吉英(なるみ よしひで)

  • コメント: 0

関連記事

  1. 似合う眉を見つける眉プレートの使い方

  2. 眉が描けるようになるには”目標”が大切

  3. 少しの意識であなたの努力は実を結びます。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

眉ソムリエ NARUMI

鳴海 吉英(なるみ よしひで)

プロフィール
1981年青森市に生まれ青森で育つ。AB型。
1996年青森市立南中学校を卒業。
1999年青森県立商業高校を卒業。
1999年(18歳)スパゲ亭青森店に就職。
2003年(22歳)美容の世界に入るため東京メークアップアーティスト学院に入校し、その後卒業。
2005年(24歳)メディカルメイクアップを志しアメリカに留学。1か月後、劇的な人生の転機があり青森へ帰る。
2010年(29歳)資生堂メイクアップ青森県大会優勝。続く東北大会では準グランプリ受賞。TBS系列のテレビ番組でメイクのコツを伝えるアドバイザーを3年務める。エステ専門誌「クレアボー」TBS系列のテレビ番組に青森のメンズエステ店として取材を受ける。
2013年(31歳)化粧品の専門誌「月刊 国際商業」に取材を受ける。
2015年(34歳)地元企業や自治体PR広告などのメイクを担当。
2019年(38歳)眉の基本の書き方を4,500人以上に指導。
2020年(39歳)4月にTBS系列の情報番組に生出演。

眉が変われば表情が変わる。
その素敵な表情があなたの運命を変える。

眉毛を美しく保ち
人生を輝くものにしましょう

メールにてお得な情報を配信しています

登録する