眉ソムリエNARUMIの
365日毎日更新blog

菅ドラから見える印象を変える

vol.3088
眉ソムリエNARUMI(なるみ)
鳴海吉英(なるみ よしひで)です

*********

眉毛を書けるようになるコツを
毎日あなたの手元にお届けするメルマガ

ブログには書かない
眉ソムリエ®NARUMIの
近況を書いています。

眉ソムリエ®メルマガ✨
https://twelfth-ex.com/rg/291528/1/
✨眉ソムリエ®Youtubeチャンネル✨
http://urx.blue/ijNw
Twitterアカウント✨
https://twitter.com/narumi_pony
*********

秋田出身ということもあって

秋田の和菓子屋さん

菅ちゃんどら焼き?制作を

取材されていました。






イラストを描く人って

ほんと、その人の特徴を

捉えていますよね(笑)




菅さんのイラストや顔を見て

どんなイメージが湧いてきます?




官房長官をしていたから

令和おじさんのイメージが

ある人も多いかもw




毎日ブログ書いている仲間で

イラスト思考®講師の

シリシリさんこと河尻光晴さんも

特徴をとらえて

イラストがすごく上手なんですよ。






菅さんのイラストを見て

一番注目しちゃうのは目元ですキラキラ


三角眉の眉で

目と眉が離れている




そして

骨格から目が引っ込みやすい。

まぶたが重力に抵抗しづらくなって

3重まぶた?4重まぶたになっている。




この条件が揃うと

・優しそう

・おっとりした感じ

・眠そうな目に見える




このように見えます。




優しそう。おっとりまでは良いけど

眠そうな目…




これは

何とかしたい!と思う人も

いるかもしれませんひらめき電球


コロナ時代で

マスク着用が当然になって

目元の印象は大きいです。




「眠そう…」とは言わせない!

そんなテーマで

今回はお伝えしていきます。




眠そうに見えないポイント



ポイントは

・眉と目の距離

・まぶたと重力の関係

です。





眠そうな顔を

表現してみると

眉と目の距離が離れるのですが




この時は

眉を書く場所を意識的に

眉の下側に書くことで

目ヂカラが出ますOK


目ヂカラを出すときに

三角を書くように意識すると

自然な目ヂカラ感が

出てくれます。


下矢印下矢印下矢印 image




もう一つのポイントは目なのですが

2色のアイシャドウだけで

目鼻立ちを整えて見せられます。




まず1色は濃い色

グレー・ネイビー・ボルドー…

など濃い色のアイシャドウ




これをまつ毛の生え際に付ける

これだけで目ヂカラ感出ます。



幅は太くなれば

インパクトも目も大きく見えますが

ほどほどにウインク


それと

もう1色は”まぶた全体”に付ける色。




眼球部分が

へこんで見えやすい骨格の場合




まぶた全体には

くすんだ色やダークな色を使うと

疲れた印象に見えちゃいます。









なので

自然に明るい印象にするなら

ベージュでもパール感を感じるものを

使ってあげて




まぶたがへっこんでいないように

見せてあげます。




まとめると

・眉毛を書く位置

・目の際に付ける色

・まぶた全体に付ける色




これらを意識すると

眠そう、疲れていそう…とは見られず

信頼、リーダーシップが得られますウインク


生まれ持った顔立ち

重力に抗う問題…

どうしようもないと思うことでも




メークアップなら

それを魅力に変えて見せることが

できます。




政治家さんで

眉毛の身だしなみをするのが

当然になるのは




小泉進次郎さんのような若手が

たくさん出てくる頃でしょうかね?




でも、伝えたいことを

より伝わるようにするには

表情をどう魅せるのか?は

欠かせないポイントですウインク こういった
眉毛を書けるようになって
これまでの自分を変えたい!
というなら

無料のメルマガを登録していただくと
眉毛を書けるようになるコツを
毎日あなたの手元に
情報がお届けになります。

眉ソムリエ®メルマガ✨
https://twelfth-ex.com/rg/291528/1/
YouTube動画も更新しました✨
http://urx.blue/ijNw
それでは、またっ
眉ソムリエ®Youtubeチャンネル✨
http://urx.blue/ijNw
Twitterアカウント✨
https://twitter.com/narumi_pony
ホームページ✨
https://mayusomurie2020.com/
お仕事、メディア関連のお問い合わせメールはコチラ✨
info@mayusomurie2020.com

〒030-0822
青森市中央1丁目24-4
有限会社 マロミ
代表取締役 鳴海吉英(なるみ よしひで)

  • コメント: 0

関連記事

  1. プロ意識に年齢なんて関係ない!

  2. ”お米の味”っていうものを知るってこういうことなんだと思った食べ方

  3. 昔のままの化粧品メーカーとお店の立場の違いではいいものは生み出せない

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

眉ソムリエ NARUMI

鳴海 吉英(なるみ よしひで)

プロフィール
1981年青森市に生まれ青森で育つ。AB型。
1996年青森市立南中学校を卒業。
1999年青森県立商業高校を卒業。
1999年(18歳)スパゲ亭青森店に就職。
2003年(22歳)美容の世界に入るため東京メークアップアーティスト学院に入校し、その後卒業。
2005年(24歳)メディカルメイクアップを志しアメリカに留学。1か月後、劇的な人生の転機があり青森へ帰る。
2010年(29歳)資生堂メイクアップ青森県大会優勝。続く東北大会では準グランプリ受賞。TBS系列のテレビ番組でメイクのコツを伝えるアドバイザーを3年務める。エステ専門誌「クレアボー」TBS系列のテレビ番組に青森のメンズエステ店として取材を受ける。
2013年(31歳)化粧品の専門誌「月刊 国際商業」に取材を受ける。
2015年(34歳)地元企業や自治体PR広告などのメイクを担当。
2019年(38歳)眉の基本の書き方を4,500人以上に指導。
2020年(39歳)4月にTBS系列の情報番組に生出演。

眉が変われば表情が変わる。
その素敵な表情があなたの運命を変える。

眉毛を美しく保ち
人生を輝くものにしましょう

メールにてお得な情報を配信しています

登録する