眉ソムリエNARUMIの
365日毎日更新blog

情報発信がうまく出来ないのはやる順番を間違っちゃうから

vol.2939

眉ソムリエNARUMI(なるみ)

鳴海吉英(なるみ よしひで)です

*********

眉ソムリエの

Youtubeチャンネル開設しましたキラキラ

右矢印http://urx.blue/ijNw

ツイッターにも

情報をつぶやいています。

キラキラTwitterアカウントキラキラ

右矢印https://twitter.com/narumi_pony

*********

今テレビドラマ業界では

撮影ができないから

昔のドラマが特別編集で見れる

まさか、ドラマの撮影が

できないところまで

コロナウイルスが影響するって

思ってもいなかったポーン

最近Youtubeの動画投稿は

約1か月続いているんだけど

何度か撮りなおしをして

8分の動画に撮るだけで

2時間もかかる時があって

要領悪いな~と思いながらも

頑張っています笑い泣き

それでもこうやって

ブログやYoutubeで

情報発信していて思うのは

情報発信には

意識する順番がある

ってこと

まずは

量稽古!

やってみよ~!ってことウインク

たしかに

形から入ることもあるし

知識をつけてから入る事も

あるけど

完璧にする前に

まずはやってみるひらめき電球

この量稽古の波?勢い?に

乗れなければ続けるのは

難しくなる。

次に大切になってくるのが

内容を改良するってことね。

よく陥っちゃうのが

完璧にしようと学んで

逆に行動が

できなくなっちゃうパターンゲッソリ

(せっかくの意欲が勿体ない~汗

学ぶことが悪い事じゃないし

良いものを伝えよう!

という気持ちからなのは

素晴らしいことドキドキ

だけど

学びまくると、目が肥えてきて

それ以上のものを生み出さなきゃ…

ってハードルが

めっちゃ高くなっちゃって

出来なくなっちゃうんだよね~。

だから
まずはとにかくやってみる

そうすると

文章力って上がってくるし

内容もどんどん良くなってくる

最後は

速さ

速さってのは

その時、注目の言葉や

新しいことを取り入れて

さらに改良していく速さ!

いきなり注目の言葉について

語って話題になろうと思っても

情報発信することに

慣れていないのに

いきなりやろうとしても

「自分は情報発信、無理~」って

なっちゃうあせる

今まで筋トレなんて

したことなかったのに初日から

グラサン「よし!100kgのベンチプレスやろ~」

って、やってみたら出来ずに

ゲッソリ「自分、筋トレ向いて無いっす」

って言っているようなもの。

情報発信の鉄則は

量→質→速さ

これはブログでもYoutubeででも

何にでも情報発信するには

量から意識しないと続かない。

あとは

性格的なものから

なかなか情報発信ができない

って人もいるけど

そんな人には

情報発信するハ
ードルを下げて

発信して見ると良いですよウインク

詳しくは

動画中盤でも話しています

(6:30あたり~)

下矢印下矢印下矢印

せっかくやってみようと思った

その気持ちは絶対に

無駄じゃないから

情報発信する順番を

意識してやってみてくださいねおねがい

それでは、またっバイバイ

******

眉ソムリエNARUMI(なるみ)の

原点は下矢印下矢印下矢印

人生の転機、あの時が無ければ…24歳のぼくが覚悟を決めた日

******

ホームページ

下矢印下矢印下矢印

眉ソムリエ HP

お問い合わせメールはコチラ

下矢印下矢印下矢印

メールお問い合わせ

お仕事ご依頼のお問い合わせはコチラ

下矢印下矢印下矢印

お仕事お問い合わせ

メディア関連のお問い合わせはコチラ

下矢印下矢印下矢印

メディアお問い合わせ

030-0822
青森市中央1丁目24-4

有限会社 マロミ

鳴海吉英(なるみ よしひで)

  • コメント: 0

関連記事

  1. 梅雨が明けたら、相手に好印象を与えやすい!

  2. 眉を書く努力は報われる?それとも時間のムダ?

  3. 眉ムズイ…。眉を整える時、どこをどうしていいかわからなくなる。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


眉ソムリエ NARUMI

鳴海 吉英(なるみ よしひで)

プロフィール
1981年青森市に生まれ青森で育つ。AB型。
1996年青森市立南中学校を卒業。
1999年青森県立商業高校を卒業。
1999年(18歳)スパゲ亭青森店に就職。
2003年(22歳)美容の世界に入るため東京メークアップアーティスト学院に入校し、その後卒業。
2005年(24歳)メディカルメイクアップを志しアメリカに留学。1か月後、劇的な人生の転機があり青森へ帰る。
2010年(29歳)資生堂メイクアップ青森県大会優勝。続く東北大会では準グランプリ受賞。TBS系列のテレビ番組でメイクのコツを伝えるアドバイザーを3年務める。エステ専門誌「クレアボー」TBS系列のテレビ番組に青森のメンズエステ店として取材を受ける。
2013年(31歳)化粧品の専門誌「月刊 国際商業」に取材を受ける。
2015年(34歳)地元企業や自治体PR広告などのメイクを担当。
2019年(38歳)眉の基本の書き方を4,500人以上に指導。
2020年(39歳)4月にTBS系列の情報番組に生出演。

眉が変われば表情が変わる。
その素敵な表情があなたの運命を変える。

眉毛を美しく保ち
人生を輝くものにしましょう

メールにてお得な情報を配信しています

登録する