眉ソムリエNARUMIの
365日毎日更新blog

眉を整えても違和感がないように

vol.2889

眉ソムリエNARUMI(なるみ)

鳴海吉英(なるみ よしひで)です

*********

ツイッターにも

情報をつぶやいています。

キラキラTwitterアカウントキラキラ

右矢印https://twitter.com/narumi_pony

2月11日から

Facebookライブ配信もしています

右矢印Facebookページ

【昨日のいいねグッ】12人
2020年の累計 349人

*********

ヒゲを生やして

かれこれ4か月が経ちました。

毎日剃るから

電気シェーバーで剃ったり

T字カミソリで剃ったり

ハサミで整えたり

いろいろやっているけど

電気シェーバーやT字カミソリは

一気に剃れて楽なんだけど

細かい部分の

幅や角度調整となると

めっちゃムズイ…笑い泣き

左右の形が違うと

その日1日気になっちゃって

何をするにも眉が気になる…あせる

眉でも左右の違いは

無い方が良いのですが

えーん「テクニックが無いから

眉が左右同じく書けない…」

そう思っているかもしれませんが

テクニックではないんですよビックリマークビックリマークビックリマーク

見る箇所を

変える

なんですよ。

眉のどこを見るか?

ということひらめき電球

眉全体を見て

左右の眉が違うと感じると

ガーン「テクニックがないから

書けないんだ…」

挫折を感じる人がいるけど

そうじゃないひらめき電球

もう一歩進んで

どこが違うのか?

見つけてあげる必要がある

左右の眉が

バラバラに見えるのは

大きく分けて2つ

1眉頭の高さ

もしくは

2眉尻の角度

1眉頭の高さ




どちらかの眉頭に合わせる…

という方法もあるけど

より自然に違和感なく

眉頭の高さを合わせようと思ったら

両方から

攻める

眉頭が低く見える眉は

眉頭の”上”に書き足し

眉頭が高く見える眉は

眉頭の”下”に書き足す

文字じゃわありにくいよね

図で見るとわかりますよ

下矢印下矢印aggable=”false” height=”24″ src=”https://mayusomurie2020.com/wp-content/uploads/2020/09/121.png” width=”24″ class=”emoji”>下矢印

アップ赤ペンのところを書き足す

んで

モノトーンにすると

もっとよくわかりますよ

下矢印下矢印下矢印

左右の高さが

修正されているでしょ?

全体を見たら、次に、

どこが違うのか?を見ると

対策が見えてきます。

でも、

両方の眉じゃなくて

片方だけの眉を修正した方が

手間が少なくて良いんじゃない?

って思うかもしれないけど

ぼくが伝えたいのは

あなたらしさを失わせない

ということ。

修正する範囲が大きいと

違和感でもあるんですよ。

違和感ってない方が良いでしょ?ウインク

だからね

違和感を感じさせないように

少しずつ少しずつ変える

一気に変わる変身願望も良いけど

それは特別な時。

特別な時より普段の生活で

あなたらしい魅力を引き出すことキラキラ

これが、あなた自身を認め

自信を持つ大きな支えになる。

それを

眉ソムリエNARUMIとして

背中を押すんですウインク

次回は

眉尻の違いについて

ブログを書きますねウインク

それでは、またっバイバイ

******

眉ソムリエNARUMI(なるみ)の

原点は下矢印下矢印下矢印

人生の転機、あの時が無ければ…24歳のぼくが覚悟を決めた日

******

ホームページ

下矢印下矢印下矢印

眉ソムリエ HP

お問い合わせメールはコチラ

下矢印下矢印下矢印

メールお問い合わせ

お仕事ご依頼のお問い合わせはコチラ

下矢印下矢印下矢印

お仕事お問い合わせ

メディア関連のお問い合わせはコチラ

下矢印下矢印

メディアお問い合わせ

030-0822
青森市中央1丁目24-4

有限会社 マロミ

鳴海吉英(なるみ よしひで)

  • コメント: 0

関連記事

  1. 思い通りに眉毛が書けるチェック方法

  2. 眉頭のココを変えるだけであなたは美人になる

  3. 「もう年だから…」その一言であなたは損している

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


眉ソムリエ NARUMI

鳴海 吉英(なるみ よしひで)

プロフィール
1981年青森市に生まれ青森で育つ。AB型。
1996年青森市立南中学校を卒業。
1999年青森県立商業高校を卒業。
1999年(18歳)スパゲ亭青森店に就職。
2003年(22歳)美容の世界に入るため東京メークアップアーティスト学院に入校し、その後卒業。
2005年(24歳)メディカルメイクアップを志しアメリカに留学。1か月後、劇的な人生の転機があり青森へ帰る。
2010年(29歳)資生堂メイクアップ青森県大会優勝。続く東北大会では準グランプリ受賞。TBS系列のテレビ番組でメイクのコツを伝えるアドバイザーを3年務める。エステ専門誌「クレアボー」TBS系列のテレビ番組に青森のメンズエステ店として取材を受ける。
2013年(31歳)化粧品の専門誌「月刊 国際商業」に取材を受ける。
2015年(34歳)地元企業や自治体PR広告などのメイクを担当。
2019年(38歳)眉の基本の書き方を4,500人以上に指導。
2020年(39歳)4月にTBS系列の情報番組に生出演。

眉が変われば表情が変わる。
その素敵な表情があなたの運命を変える。

眉毛を美しく保ち
人生を輝くものにしましょう

メールにてお得な情報を配信しています

登録する