眉ソムリエNARUMIの
365日毎日更新blog

スタッフとの溝が埋められない経営者・リーダー

vol.2887

眉ソムリエNARUMI(なるみ)

鳴海吉英(なるみ よしひで)です

*********

ツイッターにも

情報をつぶやいています。

キラキラTwitterアカウントキラキラ

右矢印https://twitter.com/narumi_pony

2月11日から

Facebookライブ配信もしています

右矢印Facebookページ

【昨日のいいねグッ】3人
2020年の累計 318人

*********

昨日は名古屋に

勉強会に来ていたのですが

経営者の方がほとんどで

大なり小なり

みんな悩みを抱えているよね~

まぁ、その解消のために

勉強をしているんだけどねウインク

悩みのほとんどが

人間関係って言われますもんね〜

将来のビジョンとして

会社を大きくしたいというのは

決して私利私欲のためではなく

社会貢献だったり

スタッフのやりがい・給与にも

反映していきたい!

っていう気持ちも持っている。

なのに、なのに…

スタッフと対話の場を設けても

対話する雰囲気にならない

経営者とスタッフの温度差が激しい。

話が聞き流されている。

それ…

あなたがスタッフのことを

考えていないとか

スタッフのことを

思う気持ちが足りない

とかではないんですよひらめき電球

スタッフとの溝を

埋められないのは

違う理由があります!

それは

あなたの眉が

そうさせていないですか?

ん?どゆこと???

この眉、見てみてください

下矢印下矢印下矢印

この眉の

何がどうなっているかって

眉の形が“えぐれ”ている

下矢印下矢印下矢印

えぐれている眉って

あなたがどんなに想いやりの

心を持っていたとしても

スタッフさんからしたら

「えっ?なんか怒ってるの?」

「また説教されるんじゃないか?」
「何言われるか怖い。ビビる…」

そう思っちゃうんです。

逆の立場だったら

わかりますよね?

上司の顔色を伺っちゃうっていう

あの感じ!

対話の場を持つ…以前に

眉の形が

対話の気持ちになれないショボーン

というのが理由なんですよ。

この”えぐれ眉”

僕が眉間にしわを寄せようと思って

表情を作っているのではなく

“えぐれ眉”になるように

書いているだけなんですよひらめき電球

下矢印下矢印下矢印

アップ眉頭の上に

茶色いアイブロウで

書き足しているの見えますでしょ?ウインク

シロクロにすると

めっちゃわかりやすい

下矢印下矢印下矢印

ねっ?

雰囲気が全然違うでしょ?

これ、眉ひとつだけの違い!

眉って、その形一つで

相手が受け取る感情まで

左右しちゃいます。

上差し

良くも悪くも

眉であなたの印象の8割は

決まっちゃいます!

えぐれを埋めるのか?

他を切るのか?

スタッフさんによくなってもらいたい。

チームとしてより良い環境づくり。

和気あいあいとした雰囲気づくり。

という

あなたの大切な気持ちは

対話をできるような

安心安全の場づくりとして

眉で環境を作ることも

経営者・リーダーの

大切なお仕事ですよっビックリマーク

それでは、またっバイバイ

******

眉ソムリエNARUMI(なるみ)の

原点は下矢印下矢印下矢印

人生の転機、あの時が無ければ…24歳のぼくが覚悟を決めた日

******

ホームページ

下矢印下矢印下矢印

眉ソムリエ HP

お問い合わせメールはコチラ

下矢印下矢印下矢印

メールお問い合わせ

お仕事ご依頼のお問い合わせはコチラ

下矢印下矢印下矢印

お仕事お問い合わせ

メディア関連のお問い合わせはコチラ

下矢印下矢印下矢印

メディアお問い合わせ

030-0822
青森市中央1丁目24-4

有限会社 マロミ

鳴海吉英(なるみ よしひで)

  • コメント: 0

関連記事

  1. 誰かのために何かすることは大切だけど、同じくらい大切にすること。

  2. ベタ眉。どうしても塗ったような眉になっちゃうならこの3つを順番に試してみてほしい。

  3. 雰囲気変わった?と言われる本当の理由

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


眉ソムリエ NARUMI

鳴海 吉英(なるみ よしひで)

プロフィール
1981年青森市に生まれ青森で育つ。AB型。
1996年青森市立南中学校を卒業。
1999年青森県立商業高校を卒業。
1999年(18歳)スパゲ亭青森店に就職。
2003年(22歳)美容の世界に入るため東京メークアップアーティスト学院に入校し、その後卒業。
2005年(24歳)メディカルメイクアップを志しアメリカに留学。1か月後、劇的な人生の転機があり青森へ帰る。
2010年(29歳)資生堂メイクアップ青森県大会優勝。続く東北大会では準グランプリ受賞。TBS系列のテレビ番組でメイクのコツを伝えるアドバイザーを3年務める。エステ専門誌「クレアボー」TBS系列のテレビ番組に青森のメンズエステ店として取材を受ける。
2013年(31歳)化粧品の専門誌「月刊 国際商業」に取材を受ける。
2015年(34歳)地元企業や自治体PR広告などのメイクを担当。
2019年(38歳)眉の基本の書き方を4,500人以上に指導。
2020年(39歳)4月にTBS系列の情報番組に生出演。

眉が変われば表情が変わる。
その素敵な表情があなたの運命を変える。

眉毛を美しく保ち
人生を輝くものにしましょう

メールにてお得な情報を配信しています

登録する