眉ソムリエNARUMIの
365日毎日更新blog

忙しい時こそ、旅に出る勇気はありますか?

vol.2713

昨日は美容関係で

大変お世話になっている方が

わざわざ会いに来てくれました

10月まで

仕事が詰めに詰まっているあせる

という状況でも

リフレッシュを兼ねるためにも

東北~北海道の旅の途中で

寄ってくださいましたラブ

白野さんと新青森駅の開催にてクラッカー

仕事が詰まっているのに旅?

と思うかもしれませんが

詰まっているからこそ

環境を変えることが大切です。

環境を変えると

考えがシンプルになったり

閃いたりするので

あえて旅をするのは

余裕を作る!

という事でもあります。

考え事をしていて

閃きが無かったのに

ちょっと違うことをしたら

「そういえば…ひらめき電球ひらめき電球ひらめき電球

閃いた経験ないですか?

これも余裕が生まれたからですグッド!

真面目な人が良く陥るのが

完璧にしようとしてしまう事。

確かに

真面目に真剣に取り組む姿は

レベルアップには必要ですが

逆に壊してしまうこともあります。

眉を書く・整えるでも

左右対称にしたいと思うのは

誰しもが思うのですが

完璧にしようとし過ぎると

眉が細くなり過ぎたり汗

修正しすぎて違和感になったりあせる

逆に変になることがあります。

一気に上り詰めず

少しずつ

技術が上がると

楽しくなって細かいところまで

気が付くようになるのですが

ここのレベルって

はっきり言って玄人レベルの違いで

周りの人には

十分左右同じに見えても

本人にしかわからない

左右の違いだ!という事も

よくあるんですひらめき電球

この辺は余裕を持って

完璧にするのではなく

楽しむくらいの余裕が無いと

義務的な

身だしなみの整えになって

全然楽しくなくなってしまいます。

変わる楽しさ。

周りから変わったね!と

褒められる楽しさ。

これを感じ取ってみてくださいウインク

余裕、意識して見てくださいね

それではまた~ウインク

【マロミ化粧品店のLINE】
【お金をかけることが
友だち追加

↑↑↑(クリックすると

LINE登録画面に飛びます)

その他の
青森市中央1丁目24-4

お問合せ電話番号

  • コメント: 0

関連記事

  1. 家業を継いだ親と子の関係

  2. 商品に頼るその先は、、、

  3. 眉が難しい!原因を突き止めていったらこんなところにもあった!

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

眉ソムリエ NARUMI

鳴海 吉英(なるみ よしひで)

プロフィール
1981年青森市に生まれ青森で育つ。AB型。
1996年青森市立南中学校を卒業。
1999年青森県立商業高校を卒業。
1999年(18歳)スパゲ亭青森店に就職。
2003年(22歳)美容の世界に入るため東京メークアップアーティスト学院に入校し、その後卒業。
2005年(24歳)メディカルメイクアップを志しアメリカに留学。1か月後、劇的な人生の転機があり青森へ帰る。
2010年(29歳)資生堂メイクアップ青森県大会優勝。続く東北大会では準グランプリ受賞。TBS系列のテレビ番組でメイクのコツを伝えるアドバイザーを3年務める。エステ専門誌「クレアボー」TBS系列のテレビ番組に青森のメンズエステ店として取材を受ける。
2013年(31歳)化粧品の専門誌「月刊 国際商業」に取材を受ける。
2015年(34歳)地元企業や自治体PR広告などのメイクを担当。
2019年(38歳)眉の基本の書き方を4,500人以上に指導。
2020年(39歳)4月にTBS系列の情報番組に生出演。

眉が変われば表情が変わる。
その素敵な表情があなたの運命を変える。

眉毛を美しく保ち
人生を輝くものにしましょう

メールにてお得な情報を配信しています

登録する