眉ソムリエNARUMIの
365日毎日更新blog

化粧品が浸水してしまったら…

大雨から一晩明けると

北九州での被害が

明らかになってきていますね。

車の屋根の高さまで

水位が上がり、

商店では商品が水に浸かって

売り物にならない状態。

アパレルの人たちは

買取しているところが

多いでしょうから

水に浸かってしまった商品や

什器(商品を飾る棚)は

店舗保険を使って保障を受け

次につなげていかなくちゃですね。

…でも、片付け、手続き

とにかく疲れるんですえーん

ボクも

天井裏の水道管が破裂して

店内水浸しになった時

とにかく大変でした汗

一部、商品やテスターにも

水がかかってしまったものは

すべて新しいものに

変えなくてはいけません。

化粧品を使う時

雑菌や品質変化に

注意を払うことが

安全に使えるコツです。

例えば

眉を書くパウダーアイブロウ

眉を切るためのハサミ

眉を整えるためのブラシ

これらが水に浸かったとすれば

ましてや、

雨被害で泥水に使ったとすれば

確実に品質が変わります。

だからと言って

すべてを買い替えなくてはいけない

とまでは思いませんひらめき電球

photoBさんによる写真ACからの写真

ハサミやブラシは

雑菌を少なくするためと

サビを発生させないために

洗浄と乾燥

ただ、

ブラシは持つ”柄”の部分まで

水分が浸透して来ていたら

長くは持ちません。

水に浸かってしまった化粧品は

防腐剤が入っていても

使っちゃダメですビックリマーク

もったいないとか

そんな問題ではなく

どんな肌トラブルが起きるか

想像がつかないからです。

もったいないからと言って

我慢して使って

肌トラブルが起きたら

元も子もないですからね

使い方、大切ですよひらめき電球

わからなかったら化粧品屋さんに

聞いてみるといいですよ。

いろいろ親身になって

相談に乗ってくれます。

それではまた~ウインク

【マロミ化粧品店のLINE】

毎週火曜日12時に

男前になるスキンケア情報を

発信いたします

【お金をかけることが
美意識高いわけじゃない】

友だち追加

↑↑↑(クリックすると

LINE登録画面に飛びます)

その他の
お問い合わせメールはこれ↓これ↓これ↓

こちらメールお問い合わせ

030-0822青森市中央1丁目24-4

お問合せ電話番号
電話017-734-2035(お店)
携帯090-7565-7766(携帯)

マロミ化粧品店 

鳴海吉英(なるみ よしひで)

  • コメント: 0

関連記事

  1. 言い方の違いで、見え方は全然違うでしょ?

  2. メイク専門学校のあの時の選択で大きく変わっていただろう。

  3. 同じ道具を使っていても眉が上手に描ける方法がある。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


眉ソムリエ NARUMI

鳴海 吉英(なるみ よしひで)

プロフィール
1981年青森市に生まれ青森で育つ。AB型。
1996年青森市立南中学校を卒業。
1999年青森県立商業高校を卒業。
1999年(18歳)スパゲ亭青森店に就職。
2003年(22歳)美容の世界に入るため東京メークアップアーティスト学院に入校し、その後卒業。
2005年(24歳)メディカルメイクアップを志しアメリカに留学。1か月後、劇的な人生の転機があり青森へ帰る。
2010年(29歳)資生堂メイクアップ青森県大会優勝。続く東北大会では準グランプリ受賞。TBS系列のテレビ番組でメイクのコツを伝えるアドバイザーを3年務める。エステ専門誌「クレアボー」TBS系列のテレビ番組に青森のメンズエステ店として取材を受ける。
2013年(31歳)化粧品の専門誌「月刊 国際商業」に取材を受ける。
2015年(34歳)地元企業や自治体PR広告などのメイクを担当。
2019年(38歳)眉の基本の書き方を4,500人以上に指導。
2020年(39歳)4月にTBS系列の情報番組に生出演。

眉が変われば表情が変わる。
その素敵な表情があなたの運命を変える。

眉毛を美しく保ち
人生を輝くものにしましょう

メールにてお得な情報を配信しています

登録する