眉ソムリエNARUMIの
365日毎日更新blog

【メイク男子】男子がメイクをしたらモテる時代到来?

よく、仕事を考える上で
ひらめき電球周りから抜きん出るためには
その他大勢では意味がない
ひらめき電球注目される様な
武器が無くてはならない。
こんな事をよく言われる。
たしかに…
その他大勢では
埋もれてしまうと言えば
埋もれてしまう様に感じるけど
白黒ハッキリさせる事が
全てのことではないのでは?と
思うわけです。
先日、中居くんがMCの深夜番組で
美容系男子という事で
メイクをしている男子が
注目されていたひらめき電球
中居くんも
ポーン「メイクしているよね?」
と言いうくらい
ベースメイク(ファンデまで)
と、眉をしっかり描いて
口紅までもつけていた。
こうやって
メイクをする男子【メイク男子】が
世の中に増えていくのでしょうか?
確実に増えるビックリマーク
メイクをしている男子も
モテるためのメイク
という認識でメイクしていた
身なりに意識が行くという事は
仕事でも異性にでもモテたい!
という事が根底にあるはずです。

では

男子がメイクをしたら

モテるのか?

確実に言えるのは

女子会トークに付いていけるひらめき電球

女性も、モテたいからこそ

美意識はありますから

いいことは知りたいし

美意識が高い男子が

増えているのもわかっているから

興味本位で気にはしてくれる

ただ、

その後付き合えるのか?

と考えたら、それは別問題グラサン

話すきっかけは得られても

その後、どのように

絡んでいくかによると思います。

メイクをしたからモテる

というわけではない。

女子に興味を持ってもらって

話が出来るきっかけを得るには

メイクをするは一つの方法

ただ、

美意識が高くなることでも

メイクをすることでも

自分を意識する

これは

ものすごく大切です。

意識をするという事は

これでいいんだろうか?

やっても結果が出ない。

必ずここにぶち当たります。

こうやって客観的に見た自分が

どこに向かっているのか?を

知るということは

美容に関係なくとも絶対に必要

そのためにも

自分で見返したり

他人を頼って聞いたり

これを

美容を通じて訓練することは

非常に大切。

どんなテクニックをするか?よりも

なぜ、このテクニックを使うのか?

どんなイメージになりたいのか?

こっちの方が大切

日本男児が

美意識を持つというのは大賛成

ボクが今まで

自分の身を使ってでも

経験してきた表も裏も

お役に立てると思っています。

何かあったらご相談ください。

必ずあなたの支えになりますビックリマーク

それでは~ウインク

現在工事中ウインク

お問い合わせメールはこれ↓これ↓

こちらメールお問い合わせ

030-0822青森市中央1丁目24-4

お問合せ電話番号
電話017-734-2035(お店)
携帯090-7565-7766(携帯)

マロミ化粧品店 

鳴海吉英(なるみ よしひで)

  • コメント: 0

関連記事

  1. 【眉で目ヂカラ】眠そう。疲れている?と他人から言われたなら眉を見てみよう!

  2. 菅ドラから見える印象を変える

  3. 化粧品の効果を感じない…新しい化粧品を買う前にしておきたいこと

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


眉ソムリエ NARUMI

鳴海 吉英(なるみ よしひで)

プロフィール
1981年青森市に生まれ青森で育つ。AB型。
1996年青森市立南中学校を卒業。
1999年青森県立商業高校を卒業。
1999年(18歳)スパゲ亭青森店に就職。
2003年(22歳)美容の世界に入るため東京メークアップアーティスト学院に入校し、その後卒業。
2005年(24歳)メディカルメイクアップを志しアメリカに留学。1か月後、劇的な人生の転機があり青森へ帰る。
2010年(29歳)資生堂メイクアップ青森県大会優勝。続く東北大会では準グランプリ受賞。TBS系列のテレビ番組でメイクのコツを伝えるアドバイザーを3年務める。エステ専門誌「クレアボー」TBS系列のテレビ番組に青森のメンズエステ店として取材を受ける。
2013年(31歳)化粧品の専門誌「月刊 国際商業」に取材を受ける。
2015年(34歳)地元企業や自治体PR広告などのメイクを担当。
2019年(38歳)眉の基本の書き方を4,500人以上に指導。
2020年(39歳)4月にTBS系列の情報番組に生出演。

眉が変われば表情が変わる。
その素敵な表情があなたの運命を変える。

眉毛を美しく保ち
人生を輝くものにしましょう

メールにてお得な情報を配信しています

登録する