眉ソムリエNARUMIの
365日毎日更新blog

【眉で目ヂカラ】眠そう。疲れている?と他人から言われたなら眉を見てみよう!

昨日は久しぶりに

なんでも話せる親友に会って

これまでの出来事を話していたウインク

その友達は

いつもボクにこんなことを言う

びっくり「その行動力、スゲェな!」

崖っぷちな状況に立てたり

好奇心が沸いてくると

ボクは恥を忍んでも

最終的に行動しちゃう人間滝汗

先日の

飛行機で東京へ行ったとき

アップしまじろう飛行機トラ

新幹線で移動するときなど

「どこまで行かれるんですか?」

隣の座席の人に

話しかけていてたけど

飛行機の場合

めっちゃ安~いチケットを取るから

座席がエンジンの近く汗

飛行機のジェットエンジンの

振動なのか空調の音なのか

機内でも半端なくデカいから

会話が聞こえなくなる。

だから飛行機では

話しかけないようにしていたビックリマーク

ただ、先日は何かのきっかけで

隣の人会話することになって

話してみると

青森県内にある黒石市の

市長さんとその秘書の方だったポーン

青森の有名人と

隣になるとは持っているでしょ?グラサン

でもビックリマーク

市長さんクラスとなると

飛行機の前方にある

ちょっといい座席を取るのかな?と

思っていたら

エコノミー席…

しかもボクの隣だから

相当安いチケットなはず。

限りある財政の有効活用なのか

市民感覚を失わないためか

信頼ってこういう細かいところにも

出るんだと思うんですよねウインク

ボクは基本的に

好奇心は旺盛な性格なようです。

客観的に

好奇心旺盛になっている時の顔って

見たことないけど

たぶん

おねがい「それで?それで?

その次どうなるん?」

って目が

キラッキラしているんだと思う!

お客様でも

会社の上司や他人に

えー「眠そうな顔しているね」

とか

キョロキョロ「最近疲れている感じだね」

別にそんなことないけど…

ってことを言われる時って

一度はあると思うんだけど

この決定的な差は

目ヂカラ

要は

死んだ魚の目をしていないか?

ってこと

目ヂカラと言えば

アイメイクでも確実に変わる

でも中には

「アイメイクをすると

どうしても濃く、キツく見えてしまう…」

それに

「テクニック的に目ヂカラを出す

アイメイクは難しいから…」

という人もいる。

そんな時は

アプローチを変えて

眉で目ヂカラを作っていく!

眉で目ヂカラ???

と思うかもしれな
いけど

その辺に買い物に行くとき

どんなにすっぴんでも

眉、もしくは口紅をつけていく

という人の声は

聞いたことがあるように

眉はあなたの表情を

作ることが出来る!

眠そうな顔。とか

疲れている?と言われたなら

次の事に当てはまっていないか

見てみてくだされ

ひらめき電球眉を整えずに数か月

ひらめき電球眉が細い、薄い、短い

眉を整えて

太さ、濃さ、長さを

変えてみると眉…というか

表情が変わって

当然、目ヂカラも変えてくれますよウインク

メイクレッスンメニュー&料金は

こちらhttps://ameblo.jp/maromi-mens/entry-12313303279.html

インスタグラム

こちらhttps://www.instagram.com/yoshihidenarumi

ツイッターは

http://Twitter.com/narumi_pony

マニアックな商品解説

こちらhttps://www.facebook.com/maromi.cosme/

マロミ化粧品店のLINE

お問い合わせ・予約は

こちらからが便利ですポチっとなポチっとなポチっとな
友だち追加

↑↑↑(クリックすると

LINE登録画面に飛びます)

***************

お問い合わせメールはこれ↓これ↓これ↓

こちらメールお問い合わせ

030-0822青森市中央1丁目24-4

お問合せ電話番号
電話017-734-2035(お店)
携帯090-7565-7766(携帯)

マロミ化粧品店 

鳴海吉英(なるみ よしひで)

  • コメント: 0

関連記事

  1. メンズ美容の会で話したこれからのメンズ美容接客。

  2. 眉がムラになるのは、書き方に不安があるから

  3. 怒ってないのに「怒っているの?」って言われたことがある。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


眉ソムリエ NARUMI

鳴海 吉英(なるみ よしひで)

プロフィール
1981年青森市に生まれ青森で育つ。AB型。
1996年青森市立南中学校を卒業。
1999年青森県立商業高校を卒業。
1999年(18歳)スパゲ亭青森店に就職。
2003年(22歳)美容の世界に入るため東京メークアップアーティスト学院に入校し、その後卒業。
2005年(24歳)メディカルメイクアップを志しアメリカに留学。1か月後、劇的な人生の転機があり青森へ帰る。
2010年(29歳)資生堂メイクアップ青森県大会優勝。続く東北大会では準グランプリ受賞。TBS系列のテレビ番組でメイクのコツを伝えるアドバイザーを3年務める。エステ専門誌「クレアボー」TBS系列のテレビ番組に青森のメンズエステ店として取材を受ける。
2013年(31歳)化粧品の専門誌「月刊 国際商業」に取材を受ける。
2015年(34歳)地元企業や自治体PR広告などのメイクを担当。
2019年(38歳)眉の基本の書き方を4,500人以上に指導。
2020年(39歳)4月にTBS系列の情報番組に生出演。

眉が変われば表情が変わる。
その素敵な表情があなたの運命を変える。

眉毛を美しく保ち
人生を輝くものにしましょう

メールにてお得な情報を配信しています

登録する