眉ソムリエNARUMIの
365日毎日更新blog

眉頭は上に書き足す?それとも、下に書き足す?

磯野貴理子さん、

2度目の離婚

元旦那さんの

「子供が欲しかった…」

そこにはどんな意味が

込められていたのだろうか?

結婚するとき

自分の子供が出来ないのは

本人も、周りからも言われ

考えに考え抜いて

決断した結婚だと思う

それが、年を重ねるたびに

「やっぱり自分の子供が欲しくなって」

って、なっちゃうもなのかな〜あせる

これは当人じゃないと

わからないことだよね。

何らかの理由で

別れたいと思ったとき

中途半端が一番よくないビックリマーク

中途半端に柔らかい表現で

別れを言い出して

少しの可能性だったり

未練が残ってしまうと

次の進歩がスムーズにいかないハートブレイク

いままで、多くの姫方に

フラれまくったボクからすると

中途半端ほど

キツいものはないよ~グラサン

次に進みたくても

前に引っ張られちゃうから…。

完全に玉砕してから

やっと次に進めた感じ笑い泣き

今回の磯野貴理子さんの

元旦那さんが言った理由でも

それが、もし仮に、

自分の子供が欲しいのではなく

考え方や性格の不一致だったり

別に好きな人が出来たとしても

どんな別れたい理由であったとしても

はっきりさせたのは

お互いのためになったと思うビックリマーク

イメージを考える時も

一旦、はっきりとしたイメージを

思い描いてからの方がいい

いろんなパターンに

合わせられるように…

これは、イメージを

意図的に作り出せる人の場合で

私はどうしたらいいのかな?

と思っていつもメイクをしているなら

どんなことでもいいから

イメージをなるべくわかりやすく描く

これが手っ取り早いひらめき電球

例えば、

眉頭に眉を書き足すとき

えー?「あれ?眉頭って

上に書き足せばいいんだっけ?

下に書き足せばいいんだっけ?」

そんな疑問を持つこともある

これもイメージを明確にして

仮にキリっと見せたいとしたら

“眉頭の下側”に書き足す

ビフォーアフターで

写真を見比べてみると…

眉頭に注目ねビックリマーク

 
下矢印下矢印下矢印

違うでしょ〜?

アフター画像の

眉頭が下まで来ている方が

キリッと見えるという

目ヂカラがUPしているというかウインク

イメージを持つということ

しかも、そのイメージに

こんな経験があって…という

エピソードがあれば

なおさら、良い!合格

エピソードと言われたら

ハードルが高く感じるかも

しれないけど

そこは

会話の中でボクが聞いて

共有していくウインク

どんな眉の形をしたいか?より

どんなイメージになりたいか?

眉を書くときでも

メイクをするときでも

大切な要素ですぞひらめき電球

メイクレッスンメニュー&料金は

こちらhttps://ameblo.jp/maromi-mens/entry-12313303279.html

インスタグラム

こちらhttps://www.instagram.com/yoshihidenarumi 

ツイッターは

http://Twitter.com/narumi_pony

マニアックな商品解説

こちらhttps://www.facebook.com/maromi.cosme/

マロミ化粧品店のLINE

お問い合わせ・予約は

こちらからが便利ですポチっとなポチっとなポチっとな
友だち追加

↑↑↑(クリックすると

LINE登録画面に飛びます)

***************

お問い合わせメールは これ↓これ↓これ↓

こちらメールお問い合わせ

030-0822 青森市中央1丁目24-4

お問合せ電話番号
電話017-734-2035 (お店)
携帯090-7565-7766 (携帯)

マロミ化粧品店 

鳴海吉英(なるみ よしひで)

  • コメント: 0

関連記事

  1. 2022年のトレンド眉。自然な眉を描くための眉カットってどうするの?

  2. 本を読むより、成し得たい事がある

  3. お願いがあります。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


眉ソムリエ NARUMI

鳴海 吉英(なるみ よしひで)

プロフィール
1981年青森市に生まれ青森で育つ。AB型。
1996年青森市立南中学校を卒業。
1999年青森県立商業高校を卒業。
1999年(18歳)スパゲ亭青森店に就職。
2003年(22歳)美容の世界に入るため東京メークアップアーティスト学院に入校し、その後卒業。
2005年(24歳)メディカルメイクアップを志しアメリカに留学。1か月後、劇的な人生の転機があり青森へ帰る。
2010年(29歳)資生堂メイクアップ青森県大会優勝。続く東北大会では準グランプリ受賞。TBS系列のテレビ番組でメイクのコツを伝えるアドバイザーを3年務める。エステ専門誌「クレアボー」TBS系列のテレビ番組に青森のメンズエステ店として取材を受ける。
2013年(31歳)化粧品の専門誌「月刊 国際商業」に取材を受ける。
2015年(34歳)地元企業や自治体PR広告などのメイクを担当。
2019年(38歳)眉の基本の書き方を4,500人以上に指導。
2020年(39歳)4月にTBS系列の情報番組に生出演。

眉が変われば表情が変わる。
その素敵な表情があなたの運命を変える。

眉毛を美しく保ち
人生を輝くものにしましょう

メールにてお得な情報を配信しています

登録する