眉ソムリエNARUMIの
365日毎日更新blog

ニキビは肌状態がコロコロ変わるもの

今日はこれから

外国人観光客へのイベント

右矢印気づいたら書道家になってました…

先日、お店の電話が鳴って

出て見ると

「○○です!

今日はお店にいますか?



電話の相手は

先日、初めて来てくれたお客様。

電話口でもわかるくらい

緊張感のある口調ビックリマーク

ボク

「今日はずっとお店にいますよ。

どうかしましたか?」

と聞くと

お客様

「今朝、急にニキビがひどくなってて」

こちらのお客様は

ニキビをなんとかしたくて

先日初めて来てくれたお客様。

初回は話を聞いて

今の肌に必要なことを伝え

化粧品でお手入れを始め

2週間後に肌を見せに来てくれた時

周りの友達からも

「ニキビが少なくなっている…ひらめき電球」と

驚かれ

調子が良くなって来た!と

感じた矢先

急にニキビが出たドクロ

それで

お店に連絡してくれた。

…という流れ。

ボク自身もニキビには

相当悩まされたので

ニキビの人の気持ちや

行動パターンはよく知っている。

ニキビ肌って

みんな同じではないから

ニキビ=このお手入れ

ということはないビックリマーク

そして、

肌の状況がコロコロ変わるし

肌状態に合ったお手入れをしても

良かったり、ぶり返したり…を

繰り返すけれど

少しずつ状況が良くなっていく。

なので

新しいお手入れをして

いい感じと思っていたのに

急に悪化したからといって

焦ってはいけない。

まずは

何が原因なのか?を見極める。

ニキビはメイクと違って

すぐに変化が出るわけではないから

ガーンすぐに違うお手入れにしなくちゃ

アセアセピーリングしなくちゃ…

というのは焦りすぎ。

でも、こうやって

不安になったら電話だったり

直接見聞きして

判断出来るって

すごくいい関係。

ボクが

ニキビで悩んでいた時は

人の目線が気になって

外出もしたくなかったし

今のお手入れが

合っているのか?

客観的な判断が出来ず

今日はニキビが多いか少ないか?

だけの判断でしかなかったから

いつも不安と焦りと恐怖に

囲まれていたあせる

実際、

電話をかけて来てくれたお客様も

実際に肌の状態を見ると

思ったほどひどくはなく

話を聞いていくと他にも

ニキビの原因になっているかも

という点に気づけたのは

大きな支えになったはず。

ニキビは

一人で悩んじゃだめビックリマーク

だからと言ってネットを見て

「私はこれで治ったよー!」

というような個人的な方法に

完全に頼りきるのは

個人的感想であって

リスクが大きすぎる。

いくら皮膚科の先生だろうと

診察方針や信頼関係に

不信感を感じるなら

違う皮膚科や

皮膚科じゃなくても

化粧品店も含めて変えるべき。

肌の仕組みとお手入れ方法と

心理的なことって、

とても大切ですからね!

だから

一人じゃ悩んじゃだめ😉👍

必ず解決の糸口はある!

メイクレッスンメニュー&料金は

こちらhttps://ameblo.jp/maromi-mens/entry-12313303279.html

インスタグラム

こちらhttps://www.instagram.com/yoshihidenarumi

ツイッターは

http://Twitter.com/narumi_pony

マニアックな商品解説

こちらhttps://www.facebook.com/maromi.cosme/

マロミ化粧品店のLINE

お問い合わせ・予約は

こちらからが便利ですポチっとなポチっとなポチっとな
友だち追加

↑↑↑(クリックすると

LINE登録画面に飛びます)

***************

お問い合わせメールはこれ↓これ↓これ↓

こちらメールお問い合わせ

030-0822青森市中央1丁目24-4

お問合せ電話番号
電話017-734-2035(お店)
携帯090-7565-7766(携帯)

マロミ化粧品店 

鳴海吉英(なるみ よしひで)

  • コメント: 0

関連記事

  1. ブログを書き続ける理由は、片手間じゃ美容は成り立たないから

  2. これを知ったら言葉の伝わり方が全く変わる。

  3. 眉毛を上手く書けない整えられないならこれを試す

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


眉ソムリエ NARUMI

鳴海 吉英(なるみ よしひで)

プロフィール
1981年青森市に生まれ青森で育つ。AB型。
1996年青森市立南中学校を卒業。
1999年青森県立商業高校を卒業。
1999年(18歳)スパゲ亭青森店に就職。
2003年(22歳)美容の世界に入るため東京メークアップアーティスト学院に入校し、その後卒業。
2005年(24歳)メディカルメイクアップを志しアメリカに留学。1か月後、劇的な人生の転機があり青森へ帰る。
2010年(29歳)資生堂メイクアップ青森県大会優勝。続く東北大会では準グランプリ受賞。TBS系列のテレビ番組でメイクのコツを伝えるアドバイザーを3年務める。エステ専門誌「クレアボー」TBS系列のテレビ番組に青森のメンズエステ店として取材を受ける。
2013年(31歳)化粧品の専門誌「月刊 国際商業」に取材を受ける。
2015年(34歳)地元企業や自治体PR広告などのメイクを担当。
2019年(38歳)眉の基本の書き方を4,500人以上に指導。
2020年(39歳)4月にTBS系列の情報番組に生出演。

眉が変われば表情が変わる。
その素敵な表情があなたの運命を変える。

眉毛を美しく保ち
人生を輝くものにしましょう

メールにてお得な情報を配信しています

登録する