眉ソムリエNARUMIの
365日毎日更新blog

眉を書くときのペンシル、アイテムは何を使ったらいいの?

カリスマ経営者

カルロスゴーン氏の逮捕で

側近のケリー氏も逮捕され

保釈となったけど

一貫して虚偽記載を否認している

「私は無実。法廷で明らかになる」

インタビューに語ったそうだけど

容疑の段階とは言え

逮捕された!となると

どんな印象だろうか?

被告と被告人では

似ているようだけど意味は違う。

…でも”ケリー被告”というだけで

イコール悪人という印象が

付きまとうあせる

仮に「ケリー氏は無罪でした」

という結果になっても

容疑者。逮捕された人。

という印象を

長い間つけられてしまったら

印象の回復って

出来るんだろうか?

真相はわからないけど

責任って

その人の人生を変えちゃうくらい

相当デカいですよねえーん

長い間話題になって

容疑者扱いして

仮に、間違っていたとしてら

1回だけ「間違いでした」

という報告だけじゃ

印象を取り戻すために

責任を取ったとは言えないよね~爆弾

人の印象は

周りから作られることもあるけど

自分自身で作っていけるのが

ですね。

眉を書くとき

「私はどれを使ったらいいの?」

って迷うことがありますよね。

口コミやレビューを見て

参考にしたくなる気持ちは

すごくわかるのですが

眉を書くアイテムにも

それぞれ”印象の出し方”

ってのがあるんです。

ペンシルなのか?

パウダーなのか?

リキッドなのか?って分岐があって

細かく言うとさらに出てくるビックリマーク

例えばペンシルなら

芯の硬さや真の形(丸or楕円)で

また分別することが出来る

1つひとつに意味があって

口コミを気にするより

あなたの理想の印象にするために

どれを選択して使ってあげるか?

こっちの方を優先する方が

失敗はないんです。

例えば下矢印

アップbefore

それを

パウダータイプのアイブロウで

本物の毛を使って書いた眉下矢印

アイブロウの濃さで

表情に力がこもって

眉の輪郭で柔らかい印象が

プラスされていきます。

もちろん

眉の形で印象も変えられるのですが

ふんわりとした印象にしたければ

パウダーを使った方がいいし

キリっとさせたいというなら

芯の硬めのペンシルを使った方が

簡単に求める印象に出来るビックリマーク

その判断は

会話をしていれば

客観的に

どんな雰囲気に見られるのか?

そして

どんな印象になりたいのか?は

見えてくるものですウインク

いまの情報が溢れる時代だからこそ

「結局私にはどれ?」って

ことになります。

そんな不安は

無いに越したことがない!

メイクレッスンメニュー&料金は

こちらhttps://ameblo.jp/maromi-mens/entry-12313303279.html

インスタグラム

こちらhttps://www.instagram.com/yoshihidenarumi

ツイッターは

http://Twitter.com/narumi_pony

マニアックな商品解説

こちらhttps://www.facebook.com/maromi.cosme/

マロミ化粧品店のLINE

お問い合わせ・予約は

こちらからが便利ですポチっとなポチっとなポチっとな
友だち追加

↑↑↑(クリックすると

LINE登録画面に飛びます)

***************

お問い合わせメールはこれ↓これ↓これ↓

こちらメールお問い合わせ

030-0822青森市中央1丁目24-4

お問合せ電話番号
電話017-734-2035(お店)
携帯090-7565-7766(携帯)

マロミ化粧品店 

鳴海吉英(なるみ よしひで)

  • コメント: 0

関連記事

  1. 令和のイタコさんと話した見えない世界のルール

  2. 自信を持つための林先生とダルビッシュの教育論

  3. ブログ歴は関係ない。続けている時点でもう素晴らしい事なんだ。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


眉ソムリエ NARUMI

鳴海 吉英(なるみ よしひで)

プロフィール
1981年青森市に生まれ青森で育つ。AB型。
1996年青森市立南中学校を卒業。
1999年青森県立商業高校を卒業。
1999年(18歳)スパゲ亭青森店に就職。
2003年(22歳)美容の世界に入るため東京メークアップアーティスト学院に入校し、その後卒業。
2005年(24歳)メディカルメイクアップを志しアメリカに留学。1か月後、劇的な人生の転機があり青森へ帰る。
2010年(29歳)資生堂メイクアップ青森県大会優勝。続く東北大会では準グランプリ受賞。TBS系列のテレビ番組でメイクのコツを伝えるアドバイザーを3年務める。エステ専門誌「クレアボー」TBS系列のテレビ番組に青森のメンズエステ店として取材を受ける。
2013年(31歳)化粧品の専門誌「月刊 国際商業」に取材を受ける。
2015年(34歳)地元企業や自治体PR広告などのメイクを担当。
2019年(38歳)眉の基本の書き方を4,500人以上に指導。
2020年(39歳)4月にTBS系列の情報番組に生出演。

眉が変われば表情が変わる。
その素敵な表情があなたの運命を変える。

眉毛を美しく保ち
人生を輝くものにしましょう

メールにてお得な情報を配信しています

登録する