眉ソムリエNARUMIの
365日毎日更新blog

視聴率◯%という記事の意味

毎回楽しみにしている下町ロケットも

いよいよ最終回おねがい

この時期になると

ネットニュースでは

最終回視聴率が〇〇%

って記事になっているけど

アレ、なんの意味があるのか

正直わからない…。

低視聴率だと

局の歴史に残る低視聴率

とかで

制作や俳優さんへの酷評…

的な流れに感じるけど

見ている個人が良ければ

視聴率なんて

あまり関係なくないですか?

最終回じゃなくても

今見ているドラマが

途中経過で低視聴率の

要らぬご報告があるようなら

なんか悪いもんでも

見ているような気分になって

気持ちが萎える~真顔

いや、視聴率は

次に生かす!制作人側の

通信簿みたいなもの!

という意見もあるかもしれないし

行動指針として
PDCAというものもあるのも

わかる

でもそれは、

一般の人からしたら

真顔「次を楽しみにしてます」

真顔「頑張ってください」

くらいしか言い返せないです。

視聴率はネットニュースにせず

業界内だけで共有すれば

イイだけの話と思うんです。

番組を見る側は

視聴率どうこうより

そのドラマから

何を感じ取るか?ですよねビックリマーク

んで

評論している記事を書いている人も

何かを評論しなくては

飯を食っていけないだろうけど

ドラマの概要ばかりに触れ

視聴率の結果ありきで

中身のない評論するのは

冬休みの

国語の宿題は読書感想文で

本も読まないので

感想なんてありゃしないのに

最終日に泣きながら

あらすじを必死に書き写して

原稿用紙を埋めて

「ちゃんと書きましたぜ」と

どや顔で提出するポンコツ学生と

同じじゃないですか?グラサン

アップあっ、これボクの学生時代です)

ただ、違う見方をしたら

視聴率がスポンサーにとっても大切

と言うこともあるでしょう

テレ東だなんて

ポケモン視聴率3%でも

続けているビックリマーク

アニメでも泣けるくらいの

内容だってあるビックリマーク

アニメを通じて

何かを感じてもらいたいビックリマーク

それでも

テレ東がポケモンを続けるのは

グッズ売り上げが

世界的にも好調らしい…ひらめき電球

理想と現実

両方が大切ってことね滝汗

何が言いたいか?って

中立な立場で解説しても

書いてくれた記者さんの

考えもあって

記者さんが書いてくれた内容を

国民が読んでくれて、それが

・改めて考えるきっかけになったり

・見方が変わるきっかけになるなら

そんな反応や議論ができたら

書いた記者さんも

書いたかいがあるってもんですよ!

その辺はブログでも一緒♪

まずはボクが

読んだ人のためになるブログ

気を引き締めていきます滝汗

そして

課題は早めに済ませちゃうのが

いいですね!

メイクレッスンメニュー&料金は

こちらhttps://ameblo.jp/maromi-mens/entry-12313303279.html

インスタグラム

こちらhttps://www.instagram.com/yoshihidenarumi

ツイッターは

http://Twitter.com/narumi_pony

マニアックな商品解説

こちらhttps://www.facebook.com/maromi.cosme/

マロミ化粧品店のLINE

お問い合わせ・予約は

こちらからが便利ですポチっとなポチっとなポチっとな
友だち追加

↑↑↑(クリックすると

LINE登録画面に飛びます)

***************

お問い合わせメールはこれ↓これ↓これ↓

こちらメールお問い合わせ

030-0822青森市中央1丁目24-4

お問合せ電話番号
電話017-734-2035(お店)
携帯090-7565-7766(携帯)

マロミ化粧品店 

鳴海吉英(なるみ よしひで)

  • コメント: 0

関連記事

  1. 眉の書き方の基本がわからないのは、もしかして私だけ?

  2. 一番早く唯一無二の強みを見つける方法とは

  3. 脱毛した時に起きる『毛嚢炎(もうのうえん)』を繰り返さないために付ける薬

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


眉ソムリエ NARUMI

鳴海 吉英(なるみ よしひで)

プロフィール
1981年青森市に生まれ青森で育つ。AB型。
1996年青森市立南中学校を卒業。
1999年青森県立商業高校を卒業。
1999年(18歳)スパゲ亭青森店に就職。
2003年(22歳)美容の世界に入るため東京メークアップアーティスト学院に入校し、その後卒業。
2005年(24歳)メディカルメイクアップを志しアメリカに留学。1か月後、劇的な人生の転機があり青森へ帰る。
2010年(29歳)資生堂メイクアップ青森県大会優勝。続く東北大会では準グランプリ受賞。TBS系列のテレビ番組でメイクのコツを伝えるアドバイザーを3年務める。エステ専門誌「クレアボー」TBS系列のテレビ番組に青森のメンズエステ店として取材を受ける。
2013年(31歳)化粧品の専門誌「月刊 国際商業」に取材を受ける。
2015年(34歳)地元企業や自治体PR広告などのメイクを担当。
2019年(38歳)眉の基本の書き方を4,500人以上に指導。
2020年(39歳)4月にTBS系列の情報番組に生出演。

眉が変われば表情が変わる。
その素敵な表情があなたの運命を変える。

眉毛を美しく保ち
人生を輝くものにしましょう

メールにてお得な情報を配信しています

登録する