眉ソムリエNARUMIの
365日毎日更新blog

一人で頑張っても限界がある。

ネットで調べたり

誰かからメイク方法を聞いたら

早速やってみようと思いますよね?

その時、問題になるのが

どれくらいの加減でやればいいのか?

理屈ではわかっていても

初めてやる事には

勇気がいるもんです。

先日来てくださったお客様は

アイメイクの方法を知りたいと

来てくれ、方法を伝え

実際にやってみると

ニコニコ「ここまで塗ってもいいですか?」

びっくり「もうちょっと濃い方がいいですか?」

と、

とても不安がっていました。

そこはレッスンなので

ボクも一緒になって

一人では失敗するのが怖くて

出来なかった”未知の世界?”を

体験してもらいます。

メイクレッスンは

背中を押すため

でもある

やったことない領域には

怖くて行こうとは思わないけど

「そこまで濃くしても大丈夫!」

というプロのお墨付きがあったら

背中を押されているような気分で

今までではやったことない所まで

出来るようになる

決して、

派手派手のケバケバの

お化粧になるという事ではなく

自分では考えなかった視点で

見ることが出来るという事です。

メイクに不安があるのは

みんなあります。

会話をしながら

どの程度強調するのか?

どこを強調するか?

会話などから探って

背中を押していますウインク

みんな技術は持っている

ただ、その技術を

空回りさせないように

しっかりと発揮させていきますビックリマーク

眉レッスン

キャンペーン情報下矢印

メイクレッスンメニュー&料金は

こちらhttps://ameblo.jp/maromi-mens/entry-12313303279.html

インスタグラム

こちらhttps://www.instagram.com/yoshihidenarumi

ツイッターは

http://Twitter.com/narumi_pony

マニアックな商品解説

こちらhttps://www.facebook.com/maromi.cosme/

マロミ化粧品店のLINE

お問い合わせ・予約は

こちらからが便利ですポチっとなポチっとなポチっとな
友だち追加

↑↑↑(クリックすると

LINE登録画面に飛びます)

***************

お問い合わせメールはこれ↓これ↓これ↓

こちらメールお問い合わせ

030-0822青森市中央1丁目24-4

お問合せ電話番号
電話017-734-2035(お店)
携帯090-7565-7766(携帯)

マロミ化粧品店 

鳴海吉英(なるみ よしひで)

  • コメント: 0

関連記事

  1. あなたの印象は眉毛の輪郭だけでも変えられる

  2. 外国人のメル友が出来ました!その結果…

  3. プロにわかるハイレベルな違いはどこまで追い求めるべきなのか?

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


眉ソムリエ NARUMI

鳴海 吉英(なるみ よしひで)

プロフィール
1981年青森市に生まれ青森で育つ。AB型。
1996年青森市立南中学校を卒業。
1999年青森県立商業高校を卒業。
1999年(18歳)スパゲ亭青森店に就職。
2003年(22歳)美容の世界に入るため東京メークアップアーティスト学院に入校し、その後卒業。
2005年(24歳)メディカルメイクアップを志しアメリカに留学。1か月後、劇的な人生の転機があり青森へ帰る。
2010年(29歳)資生堂メイクアップ青森県大会優勝。続く東北大会では準グランプリ受賞。TBS系列のテレビ番組でメイクのコツを伝えるアドバイザーを3年務める。エステ専門誌「クレアボー」TBS系列のテレビ番組に青森のメンズエステ店として取材を受ける。
2013年(31歳)化粧品の専門誌「月刊 国際商業」に取材を受ける。
2015年(34歳)地元企業や自治体PR広告などのメイクを担当。
2019年(38歳)眉の基本の書き方を4,500人以上に指導。
2020年(39歳)4月にTBS系列の情報番組に生出演。

眉が変われば表情が変わる。
その素敵な表情があなたの運命を変える。

眉毛を美しく保ち
人生を輝くものにしましょう

メールにてお得な情報を配信しています

登録する