眉ソムリエNARUMIの
365日毎日更新blog

一生懸命取ったメモ。実は見返さないですよね?メモより大切な事が…

今日は技術職として

向上心があって

日々勉強している人に向けて

書いてみた内容です~音譜

*****

先日は美容師さんへの

メイク技術向上として

閉店後のお店にお邪魔してきました。

最後の仕上げの段階になったので

振り返りを混ぜた内容

もう少しすると

成人式・卒業式と

美容師さんがお化粧をする場面が

多くなるという事も重なってか

皆さん、真剣な目で

メモを取りまくって

聞いてくれました。

メモを取ってくれたり

相槌をうって聞いてくれるのは

伝える側として嬉しいことラブ

ただ、

一生懸命書いたメモって

ぶっちゃけ見直さないんですよね~あせる

それよりも

メモしようが、しまいが

記憶に残っている事の方が

行動につながります。

重要なのは

学んだことを行動に移して

自分の知恵にすること

世の中、マニュアル通りに

行く事って少ないです笑い泣き

なので

行動すると目の前に出てくる問題を

どう解決するかが大切ですクラッカー

メイクのワンポイントテクニック

このメイクはこう見える

というような知識は

なんでも答えていきますけど

それを実際にやってみて

どうだったのか?ひらめき電球

そして

出来なかったところを

出来るようにするには

何をするべきなのか?クラッカー

結構~大切です音譜

これは

美容師さんでも一般の方でも

同じことですウインク

失敗したらどうしよう…

そう思うと行動が出来ないえーん

めちゃめちゃ、

その気持ちわかります。

んで

出来ない自分に嫌気がさす…

そうですよねひらめき電球

思うんですよ!

やってやれないことはない。ってビックリマーク

前髪を切ろうと思って

気付いたら切り過ぎてオンザ眉~

というのと違って

お化粧はやり直しがきく

1度のキリの勝負ではない。

そして

まだ伸びしろがある

いまだからこそ

協力してもらえる事や

出来ることが山のようにあるビックリマーク

行動することを

強要は出来ないけど

行動してみたい!って

感じてもらう事

そのための

知識だったり考え方だったり

テクニック

そして

出来なかったところを

出来るようにフォローするのが

ボクの役目なんだろうな~って

思っているわけでございます。

ボクがなかなか行動できない時

行動しようと瞬間的に思えた言葉が

いくつかあるんですが

その言葉の一つを

紹介します

もう、

失うものないやん!

シンプルだけど

一気に火が付いたのを

覚えていますグラサン

やってみた結果

疑問が出てくることは

失敗なんかじゃなくて

着実に経験を積んで

成長している証拠ビックリマーク

眉レッスン

キャンペーン情報下矢印

メイクレッスンメニュー&料金は

こちらhttps://ameblo.jp/maromi-mens/entry-12313303279.html

インスタグラム

こちらhttps://www.instagram.com/yoshihidenarumi

ツイッターは

http://Twitter.com/narumi_pony

マニアックな商品解説

こちらhttps://www.facebook.com/maromi.cosme/

マロミ化粧品店のLINE

お問い合わせ・予約は

こちらからが便利ですポチっとなポチっとなポチっとな
友だち追加

↑↑↑(クリックすると

LINE登録画面に飛びます)

***************

お問い合わせメールはこれ↓これ↓これ↓

こちらメールお問い合わせ

030-0822青森市中央1丁目24-4

お問合せ電話番号
電話017-734-2035(お店)
携帯090-7565-7766(携帯)

マロミ化粧品店 

鳴海吉英(なるみ よしひで)

  • コメント: 0

関連記事

  1. 眉の上?下?眉毛のどこを整えていったのか?解説編

  2. 眉毛を書くのが一気に楽しくなる方法

  3. 悩みを解決できるのは自分がその悩みにぶち当たったから

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


眉ソムリエ NARUMI

鳴海 吉英(なるみ よしひで)

プロフィール
1981年青森市に生まれ青森で育つ。AB型。
1996年青森市立南中学校を卒業。
1999年青森県立商業高校を卒業。
1999年(18歳)スパゲ亭青森店に就職。
2003年(22歳)美容の世界に入るため東京メークアップアーティスト学院に入校し、その後卒業。
2005年(24歳)メディカルメイクアップを志しアメリカに留学。1か月後、劇的な人生の転機があり青森へ帰る。
2010年(29歳)資生堂メイクアップ青森県大会優勝。続く東北大会では準グランプリ受賞。TBS系列のテレビ番組でメイクのコツを伝えるアドバイザーを3年務める。エステ専門誌「クレアボー」TBS系列のテレビ番組に青森のメンズエステ店として取材を受ける。
2013年(31歳)化粧品の専門誌「月刊 国際商業」に取材を受ける。
2015年(34歳)地元企業や自治体PR広告などのメイクを担当。
2019年(38歳)眉の基本の書き方を4,500人以上に指導。
2020年(39歳)4月にTBS系列の情報番組に生出演。

眉が変われば表情が変わる。
その素敵な表情があなたの運命を変える。

眉毛を美しく保ち
人生を輝くものにしましょう

メールにてお得な情報を配信しています

登録する