眉ソムリエNARUMIの
365日毎日更新blog

虚しい、恥ずかしい思いをしてもチャレンジをあきらめなかった理由

先日、仙台に行ったときに

ちょっとした好奇心から芽生えた

チャレンジを書いたブログ

右矢印普段は絶対にやらないことをやってみた【前編】

右矢印普段は絶対にやらないことをやってみた【後編】

ポーン「すっげ~~」

びっくり「そんなことしてたの?ww」

ニコニコ「元気もらいました」

など、コメントをいただき

たくさんの反応を

ありがとうございましたラブ

コメントの中に

「どうして

後半戦、リベンジしようと思ったの?」

という内容もありました。

今回はなぜリベンジをしたのか?を

書いていくブログ。

なので

前編・後編を読んでからの方が

今回の内容がわかると思いますよウインク

ボクの弱いところも

素直に書いていきますショック

*****

前半は冗談抜きで

くじけていました。

マジでしんどかったです。

「興味なんか持ってくれない」

「なんでこんなチャレンジをしたのか」

「何も爪痕残せなかった」

ネガティブな感情を

ここに書こうと思ったら

年を越すまで書いていられるくらい

めっちゃくちゃ、くじけていました。

一人では抱えきれなかったので

ある方にメッセージしました

(単に励ましてほしかったのです)えーん

今日のチャレンジを

一度話したことがあって

その時の宣言を覚えているかどうか

わからなかったけど

結果報告がてら

悔しいさというか虚しさを伝えると…。

励ましのメッセージと

添付PDFファイルが

返信されてきました。

添付のPDFファイルを開けてみると

POPを作ってくれていたのですびっくり

ウインク「これを印刷して

首にかけて声をかけてみぃ~」

…というメッセージと共に。

image

アップボクが首にかけているコレね音譜

励ましのメッセージと

わざわざPOPを作ってくれた!

というだけでも嬉しかったのですが

「やります!」と返信で宣言したものの

勉強会中も懇親会の時も

本当に行動できるかどうか?

ずっっっと迷っていましたショボーン

それでも、

最後、リベンジしようと思ったのは

決して、

ボクに根性があったから

リベンジをしたという事ではなく

1自分自身で行動するという覚悟と

2お応援してくれている人がいる

という両方の気持ちでした。

(むしろ後者の方が影響してたかな?)ひらめき電球

ボク一人だけの根性では

確実に逃げていましたねゲロー

それで、

結果的に女神が表れて

お化粧している間は

周りの目とか恥ずかしいとか

一切感じずに

・この子の魅力を引き出す!

・人前で歌う覚悟をメイクで

後押しする…

それだけを考えてお化粧をし

ボクのチャレンジは

実を結んだのでしたウインク

image

*****

違う見方をしたら

自分の事しか考えていなかった

という事になります。

えーん「虚しい思いはしたくない」

ショボーン「恥はかきたくない」

プンプン「有言実行できない自分がイヤ」

という

主語がすべて自分…あせる

このチャレンジの舞台裏を言えば

決してすんなり行った訳でもなく

鋼のメンタルを持っていたのでもなく

ブログの前編・後編の内容のように

泥沼だったことも

自分で覚悟を決めて

行動できたことも事実ですウインク

今回の件でも

改めて痛感したけど

一人で出来ることって

本当に限られている

ニコニコ「お化粧をしてもいいよ!」と

受けてくださったり

お仲間通しで

ニヤリ「メイクしてもらいなよ~」と

背中を押してもらったり

ウインク応援してくれた人のためにも…

という理由だったり

キレイゴトに聞こえるけど

”自分以外”の影響が大きかった。

本当にそう感じました。

鋼のメンタルを

持ち備えていないボクでも

ビビりながらもできた事。

これで、ボクも、私も

チャレンジしてみよう!…そう思って

変わるきっかけになれば幸いですウインク

ボクを励まして

行動にまでつなげてくれた方は

『人と企業の価値を高める専門家』
バリューアップ・コンサルタント


そして、

人を大切にする繁盛社長
10,000人プロジェクト


主宰の上林達矢さんでした。

右矢印上林さんのブログ

いつも応援ありがとうございます照れ

それではまた~

  • コメント: 0

関連記事

  1. アイシャドウを変えたいけど新しい色にチャレンジできない

  2. ”おもてなし”を知るため、2020年東京オリンピックの前にねぶた祭に参加

  3. 【茶色い眉は優しい?】男性が眉を書くときの色選びで忘れちゃいけない事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

眉ソムリエ NARUMI

鳴海 吉英(なるみ よしひで)

プロフィール
1981年青森市に生まれ青森で育つ。AB型。
1996年青森市立南中学校を卒業。
1999年青森県立商業高校を卒業。
1999年(18歳)スパゲ亭青森店に就職。
2003年(22歳)美容の世界に入るため東京メークアップアーティスト学院に入校し、その後卒業。
2005年(24歳)メディカルメイクアップを志しアメリカに留学。1か月後、劇的な人生の転機があり青森へ帰る。
2010年(29歳)資生堂メイクアップ青森県大会優勝。続く東北大会では準グランプリ受賞。TBS系列のテレビ番組でメイクのコツを伝えるアドバイザーを3年務める。エステ専門誌「クレアボー」TBS系列のテレビ番組に青森のメンズエステ店として取材を受ける。
2013年(31歳)化粧品の専門誌「月刊 国際商業」に取材を受ける。
2015年(34歳)地元企業や自治体PR広告などのメイクを担当。
2019年(38歳)眉の基本の書き方を4,500人以上に指導。
2020年(39歳)4月にTBS系列の情報番組に生出演。

眉が変われば表情が変わる。
その素敵な表情があなたの運命を変える。

眉毛を美しく保ち
人生を輝くものにしましょう

メールにてお得な情報を配信しています

登録する