眉ソムリエNARUMIの
365日毎日更新blog

普段は絶対にやらないことをやってみた。【前編】

昨日は仙台で勉強会があったので

参加してきました。

あっ、今日のブログは

ただのボクの度胸試しの結果なので

暇すぎる~って時に読むくらいが

ちょうどいいです。マジで…真顔

*****

普通に考えたら恥ずかしいことだけど

何かやってみたいという好奇心に駆られ

ドキドキしたことないですか?

…うん。無いですよねkonatu

地元だと恥ずかしいことでも

地元を離れたら出来るんじゃないか?

そんな意味の分からない理由で

2つ、課題を決めて仙台に行きました。

【その1】

新幹線で隣の席の人に

話しかけてみる

世の中には

これを気軽に出来ちゃう人がいます。

マジで尊敬しますビックリマーク

イメトレはバッチリ

青森駅から仙台までの2時間

話が盛り上がって任務完了…!

うん。ヨシ!

新幹線が到着して

席を探していると、

ボクの指定席の隣に

50代くらいのおじさんが

すでに座っていましたビックリマーク

実際、目の前にすると

完璧だったイメトレも一瞬で崩壊爆弾

ヤバい。話しかけるなんて無理…。

自分の指定の席を

素通りしようかと思ったくらいです。

でも、後ろも詰まっていることだし

「あっ、すいません」と声をかけて

自分の座席に座っても

ソワソワするばかりで

話しかけるなんて

できませんでした笑い泣き

そうこうしているうちに

新幹線は出発し、隣のおじさんは

タブレットを取り出して

忙しそうに

お仕事?をしている様子。

これでは

お仕事の邪魔になるから

話しかけられない。。。

次の瞬間

おじさん、爆睡ぐぅぐぅ

当然

起こしてまでも話しかけられないえーん

その後、

おじさんは目を覚ました様子でも

ボクは、いまさら話しかけても…とか

適当な理由で話かけられず

結局おじさんは盛岡駅で

下車してしまいました。

試合終了…。

あんなにイメトレしてたのに

何もできなかった…。

虚しさなのか、悔しさなのか

情けないのか…。

ボクの隣の席は

ポツンと開いていましたぐすん

すると

一人の男性がボクの席の隣で

立ち止まりました。

盛岡駅から乗ってきたのでしょう。

おじさんの空いた席に座りました。

頬には若者らしいニキビもある

20代前半の青年ビックリマーク

今度こそは!と意を決して…

「どこまで

行かれるんですか?」

ついに、

声をかけることができました。

ただしビックリマーク

ここで、拒絶反応をされたら

盛岡から仙台までの1時間が

険悪なムードの密室空間になりますゲロー

だけど、若者は

ニコニコ「仙台までですよ♪」と

明るく回答してくれました。

会話が途切れないよう

会話のキャッチボールビックリマーク

23歳で

4月から新社会人の青年でした。

話を伺うと

盛岡に住んでいて

今日は会社の研修で

仙台に行くとのこと。

歴史に興味があって

大学時代は交換留学で

ヨーロッパへ半年。

卒業旅行や

長期休暇があれば

海外に行って

その土地の歴史に触れることが

趣味だとか…。

世界に触れる。

世界に出ることで日本を見たり

日本のすばらしさを実感する。

素晴らしい発想だと思いますビックリマーク

シーンとしている新幹線

声量を抑えたつもりだったけど

ボクと青年の会話で

うるさかったかも…。ゴメンチャイイヒ

盛岡から仙台駅の改札まで

会話は途切れることなく

最後は、「元気で!」と

握手して別れました。

*****

何のために

隣の席の人に声をかけたのか?

度胸試しと言えば

度胸試しなんですけど

本題は

もう一つの課題でしたビックリマーク

仙台の待ちゆく人に声をかけて

お化粧をさせてもらう

ボクの感じるメイク感覚で

どこまでその人の気持ちまで

動かすことが出来るのか?

・その人の雰囲気が変われるところ

・この人の魅力をもっと引き出す所

そのためにお化粧をさせてください!と

声をかけるビックリマーク

新幹線で隣の席の人に話しかける

というのは

本題の前哨戦みたいなもの

だったからなのです。

さて、

前哨戦でもやっとのやっとのことで

声をかけることが出来たボクは

顔見知りもいない仙台の街で

女性に声をかけて

お化粧をすることが出来たのか?

後編に続きます滝汗

それでは、また~

***************

お問い合わせメールは これ↓これ↓これ↓
こちらメールお問い合わせ

マロミ化粧品店 
鳴海吉英(なるみ よしひで)

  • コメント: 0

関連記事

  1. 光脱毛。2回の施術でここまでの効果が出せる。

  2. 眉を書くのが楽しくなるのは手作り料理と同じだからです。

  3. 【痛いのは苦手】痛みを軽減する眉毛の抜き方

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


眉ソムリエ NARUMI

鳴海 吉英(なるみ よしひで)

プロフィール
1981年青森市に生まれ青森で育つ。AB型。
1996年青森市立南中学校を卒業。
1999年青森県立商業高校を卒業。
1999年(18歳)スパゲ亭青森店に就職。
2003年(22歳)美容の世界に入るため東京メークアップアーティスト学院に入校し、その後卒業。
2005年(24歳)メディカルメイクアップを志しアメリカに留学。1か月後、劇的な人生の転機があり青森へ帰る。
2010年(29歳)資生堂メイクアップ青森県大会優勝。続く東北大会では準グランプリ受賞。TBS系列のテレビ番組でメイクのコツを伝えるアドバイザーを3年務める。エステ専門誌「クレアボー」TBS系列のテレビ番組に青森のメンズエステ店として取材を受ける。
2013年(31歳)化粧品の専門誌「月刊 国際商業」に取材を受ける。
2015年(34歳)地元企業や自治体PR広告などのメイクを担当。
2019年(38歳)眉の基本の書き方を4,500人以上に指導。
2020年(39歳)4月にTBS系列の情報番組に生出演。

眉が変われば表情が変わる。
その素敵な表情があなたの運命を変える。

眉毛を美しく保ち
人生を輝くものにしましょう

メールにてお得な情報を配信しています

登録する