眉ソムリエNARUMIの
365日毎日更新blog

リキッドファンデって手?スポンジ?最近話題のシリコンスポンジって?

また、台風が発生しました。

台風21号の名前は”チェービー”

台風の名前って

誰が名付け親?と

気になるところですが

じつは、

もうすでに140個の名前があって

順番につけていくのだとか…

大きな災害になると

その台風の名前は

その後、使われないみたい。

調べてみて

そうなんだぁ~と

初めて分かったことでした。

考えてみると

わかっているようで

実はよくわかっていなかったことが

ちょいちょい存在します。

先日、

立て続けに同じ質問をされました。

長年、リキッドファンデーションを

使っている!という人から

「リキッドファンデーションって

手で付けるの?スポンジ?

実は、よくわからずに

長年使ってきたんだよね~」苦笑い

と。

確かに、

リキッドファンデーション用の

スポンジが売っていたり

指で伸ばす!と

ネットに書いてあったり

両方のことが書かれていますもんねウインク

ボクは、指でもスポンジでも

”両方使うこと”を勧めているのですが

スポンジを使うタイミングが大切

だと思っているんです。

スポンジを使うタイミングは

後半いちばん

指である程度

(8割仕上がったくらい)伸ばして

仕上げる直前にスポンジで

パッティングひらめき電球

なじませ&伸ばしをしてもらうために

スポンジが活躍します。

中には

リキッドファンデを

直接スポンジに乗せて肌に伸ばす

という方もいますいちばん

使い方としてダメとは言いませんが

めっちゃスポンジ汚れません?

そして

リキッドファンデの減りが

異常に早くないですか?

おそらく、

肌につくファンデの量より

スポンジに含んでいる量の方が

多いかと思われます。

今は、スポンジに一切吸い込まない

シリコンスポンジ

という斬新な発想のスポンジも

出ているのですが

従来のスポンジは

細かい気泡(穴)があって

その気泡が余分なファンデを吸って

自然な仕上がりにしてくれる

という事が大切になっているので

しっかり、濃いめのファンデ仕上がり

には適していても

ナチュラルな仕上がりを求めるなら

シリコンスポンジはイマイチ…

ってのが正直な感想ウインク

ファンデーションの使い方は

情報でたくさんあるのですが

最終的に大切なのは

あなたの状態

に合わせることです。

その人のリキッドファンデの

使いこなしレベルによっては

スポンジを使うタイミングを

もう少し早くしたりし

その人のレベルと肌状態で

使い方を変えて伝えているのが

現状ですニコニコ

イマイチよくわかっていないことを

誰かに聞くって

ちょっと勇気いる事ですけど

聞いてみて

あなたに合った方法を

身につけてみてくださいねグッド!

メイクレッスンメニュー&料金は

こちらhttps://ameblo.jp/maromi-mens/entry-12313303279.html

インスタグラム

こちらhttps://www.instagram.com/yoshihidenarumi

ツイッターは

http://T
witter.com/narumi_pony

マニアックな商品解説

こちらhttps://www.facebook.com/maromi.cosme/

マロミ化粧品店のライン

始めましたポチっとなポチっとなポチっとな

友だち追加

ブログでは書かないような

マニアックな美容情報も
こちらで発信していきますにひひ

それでは、また~

***************

お問い合わせメールはこれ↓これ↓これ↓

こちらメールお問い合わせ

030-0822青森市中央1丁目24-4

お問合せ電話番号
電話017-734-2035(お店)
携帯090-7565-7766(携帯)

マロミ化粧品店 

鳴海吉英(なるみ よしひで)

  • コメント: 0

関連記事

  1. どんなメイクアップよりもあなたの魅力が一番引き立つ方法とは

  2. このままでは大学生に負けてしまう時代が来るのか?

  3. 大人メイクで春メイク、まぶたが腫れぼったく見える

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


眉ソムリエ NARUMI

鳴海 吉英(なるみ よしひで)

プロフィール
1981年青森市に生まれ青森で育つ。AB型。
1996年青森市立南中学校を卒業。
1999年青森県立商業高校を卒業。
1999年(18歳)スパゲ亭青森店に就職。
2003年(22歳)美容の世界に入るため東京メークアップアーティスト学院に入校し、その後卒業。
2005年(24歳)メディカルメイクアップを志しアメリカに留学。1か月後、劇的な人生の転機があり青森へ帰る。
2010年(29歳)資生堂メイクアップ青森県大会優勝。続く東北大会では準グランプリ受賞。TBS系列のテレビ番組でメイクのコツを伝えるアドバイザーを3年務める。エステ専門誌「クレアボー」TBS系列のテレビ番組に青森のメンズエステ店として取材を受ける。
2013年(31歳)化粧品の専門誌「月刊 国際商業」に取材を受ける。
2015年(34歳)地元企業や自治体PR広告などのメイクを担当。
2019年(38歳)眉の基本の書き方を4,500人以上に指導。
2020年(39歳)4月にTBS系列の情報番組に生出演。

眉が変われば表情が変わる。
その素敵な表情があなたの運命を変える。

眉毛を美しく保ち
人生を輝くものにしましょう

メールにてお得な情報を配信しています

登録する