眉ソムリエNARUMIの
365日毎日更新blog

自然な笑顔を引き出すためには…

昨日は撮影でのお化粧があって

現役高校生数人に

お化粧をする機会を

いただきました。

{34BA48A5-1BE5-44CA-B6D9-9DB1D136C99E}

その高校生は

撮影され慣れているわけでもないし

他人にお化粧をされる機会は

ほぼ無しに等しいので

緊張をしていました。

当然ですよねひらめき電球

ボクも初めてのことは

好奇心もあるけど、それより

緊張で胃が痛くなるパターンの人ですゲロー

撮影するときに

大切だと感じるのは

笑顔です。

自然体な笑顔

楽しんでいる笑顔

最高ですラブ

ボクの娘なんか

いつもはめっちゃ笑うのに

スマホカメラを向けると

口元だけ笑ってて

目が笑ってない…真顔

ど緊張か!?って感じです。

自然体な表情を引き出したい

和気あいあいと話がしたい

と思う場面って

ちょいちょいないですか?

何か質問するにも

尋問しているかのように

ガッチガチの表情では

本心を聞き出せているとは

感じられませんもんねウンウン

なので

お化粧をするときでも

どんなお化粧にしようか?と

考えることも大切だけど

緊張をほぐすように

話題を振ることも意識しています。

一番、心打ちとけれるのは

失敗談やマジですか?と

言われるようなエピソードを

話した時でしょうか?

例えば

お化粧した学生さんは

英語が得意で将来も

英語関係のお仕事に就きたいと

将来を描いている方がいて

その方に

「昔、英検5級レベルでアメリカに行って

片言の英単語とジェスチャーで

何とか過ごそうと思ったけど

英単語はもちろん

ジェスチャーすら通じない

メキシコ人と

何もすることが出来なかった

沈黙の5秒がめっちゃ苦痛だった」

というボクの過去を話したら

笑って話を聞いてくれて

学生さんの将来展望など

聞かせてもらいました。

…もしかしたら

「英検5級って…こいつアホすぎ、ワロタ」

って思われたかもしれないガーン

でも、その場が和むなら

全く問題なしです笑い泣き

緊張って

ある意味苦痛なところもあると

ボクは思うんです。

少しでも

緊張が和らいでくれたら

そんな気持ちでお化粧をしています。

たまに、話が盛り上がり過ぎて

手が止まってしまう時があるので

要注意なのですけどねグラサン

3連休天気が良くて

撮影は進んだようなのですが

何より、暑い暑い…

青森でも余裕で30度超えてました。

グレー色のシャツを着ていかなくて

良かったです。

脇汗全開でしたあせる

撮影チームが
?

ブログでは書かないような

マニアックな美容情報も

  • コメント: 0

関連記事

  1. 厄払いの本当の意味を知った

  2. 「助けてください」その一言が運命を変えた。

  3. 硬くて書けないペンシルアイブロウ

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

眉ソムリエ NARUMI

鳴海 吉英(なるみ よしひで)

プロフィール
1981年青森市に生まれ青森で育つ。AB型。
1996年青森市立南中学校を卒業。
1999年青森県立商業高校を卒業。
1999年(18歳)スパゲ亭青森店に就職。
2003年(22歳)美容の世界に入るため東京メークアップアーティスト学院に入校し、その後卒業。
2005年(24歳)メディカルメイクアップを志しアメリカに留学。1か月後、劇的な人生の転機があり青森へ帰る。
2010年(29歳)資生堂メイクアップ青森県大会優勝。続く東北大会では準グランプリ受賞。TBS系列のテレビ番組でメイクのコツを伝えるアドバイザーを3年務める。エステ専門誌「クレアボー」TBS系列のテレビ番組に青森のメンズエステ店として取材を受ける。
2013年(31歳)化粧品の専門誌「月刊 国際商業」に取材を受ける。
2015年(34歳)地元企業や自治体PR広告などのメイクを担当。
2019年(38歳)眉の基本の書き方を4,500人以上に指導。
2020年(39歳)4月にTBS系列の情報番組に生出演。

眉が変われば表情が変わる。
その素敵な表情があなたの運命を変える。

眉毛を美しく保ち
人生を輝くものにしましょう

メールにてお得な情報を配信しています

登録する