眉ソムリエNARUMIの
365日毎日更新blog

妄想するのは楽しいけど、抜け落ちてしまう箇所があります。

ボクが着る服は

友人のお店から買っていて

何を買い揃えるか?を

すべて任せている友人に

〇〇の着合わせはどうなの?

と聞いてみると

真顔「うん。危険な香りがする」

とNGが出ました。

雑誌を見ていた1ページに

かっこいいじゃん!?って

スタイルを見かけて

それがどうか?を

聞いてみたわけですひらめき電球

友人はボクが持っている服を

ほぼ把握しているので

何か聞くと、

今回のように「デンジャラス」とか

「アレとコレの組み合わせ、最高!」と

答えを出してくれるので

非常に助かるんですグッド!

んで、今回は

友人に相談した結果

ボクが気になったスタイルは

採用しないことになりました。

こういった

イメージしていたのと判断が変わる

ということは化粧品でもありますひらめき電球

先日来てくれたお客様

もう3年前から来てくれている方で

雑談をしていたら

ちょっとした肌トラブルを見つけ

サンプルで試してもらいました

数日使ってみると

ご本人も納得の様子で

渡したサンプルの化粧品の事を

もっと詳しく知るために

ネットで探して

調べてくれていたそうですビックリマーク

調べていると

渡したサンプル以外の化粧品も

気になって来て

どうしたらいいか?と

相談のためにお店に来てくれました

あ~でもない、こ~でもない。。。と

話をした結果…

初めに渡したサンプルの化粧品に

決まりました。

この時ボクがしたことは

化粧品の効果や使い方を伝え

その化粧品を使った生活を

妄想してもらった

ということです。

一人で選ぶ楽しみは

妄想が膨らんで

すごく楽しくなっていくのは

めちゃめちゃわかるのですが

現実的な部分が

抜けることが多々あります叫び

実際に使ってみると

これを使ってみたらこうなる…

あっちを使ってみたらこうなる…

というようにです。

言われた化粧品を
そのまま渡すだけじゃなく

もう1歩、もう2歩…

踏み込んで話せると信頼関係が

増してきます。

それは

価格勝負の土俵にはならないので

お互いがいい気分で過ごせますよウインク

妄想・想像・イメージって

ホント、大切ですもんね♪

ボクが雑誌で見た

かっこいい!と思ったスタイル。

モデルさんが外国人

…そもそも顔の骨格が違う

何より、

足の長さが違い過ぎたゲロー

メイクレッスンメニュー&料金は

こちらhttps://ameblo.jp/maromi-mens/entry-12313303279.html

インスタグラム

こちらhttps://www.instagram.com/yoshihidenarumi

ツイッターは

http://Twitter.com/narumi_pony

マニアックな商品解説

こちらhttps://www.facebook.com/maromi.cosme/

マロミ化粧品店のライン

始めましたポチっとなポチっとなポチっとな

友だち追加

ブログでは書かないような

マニアックな美容情報も
こちらで発信していきますにひひこれ↓これ↓

男のスキンケア相談

こちらスキンケア相談お問い合わせ

メディア関連

こちらメディア関連のお問い合わせ

講演依頼

こちら講演依頼のお問い合わせ

030-0822青森市中央1丁目24-4

お問合せ電話番号
電話017-734-2035(お店)
携帯090-7565-7766(携帯)

マロミ化粧品店 

鳴海吉英(なるみ よしひで)

  • コメント: 0

関連記事

  1. 初めて他人にメイクされたことはトラウマに感じている人もいる

  2. アトピー肌で眉を上手に書くために…

  3. ハーフパイプの審査が誤審だった?結果が大事なのか?過程が大事なのか?

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


眉ソムリエ NARUMI

鳴海 吉英(なるみ よしひで)

プロフィール
1981年青森市に生まれ青森で育つ。AB型。
1996年青森市立南中学校を卒業。
1999年青森県立商業高校を卒業。
1999年(18歳)スパゲ亭青森店に就職。
2003年(22歳)美容の世界に入るため東京メークアップアーティスト学院に入校し、その後卒業。
2005年(24歳)メディカルメイクアップを志しアメリカに留学。1か月後、劇的な人生の転機があり青森へ帰る。
2010年(29歳)資生堂メイクアップ青森県大会優勝。続く東北大会では準グランプリ受賞。TBS系列のテレビ番組でメイクのコツを伝えるアドバイザーを3年務める。エステ専門誌「クレアボー」TBS系列のテレビ番組に青森のメンズエステ店として取材を受ける。
2013年(31歳)化粧品の専門誌「月刊 国際商業」に取材を受ける。
2015年(34歳)地元企業や自治体PR広告などのメイクを担当。
2019年(38歳)眉の基本の書き方を4,500人以上に指導。
2020年(39歳)4月にTBS系列の情報番組に生出演。

眉が変われば表情が変わる。
その素敵な表情があなたの運命を変える。

眉毛を美しく保ち
人生を輝くものにしましょう

メールにてお得な情報を配信しています

登録する