眉ソムリエNARUMIの
365日毎日更新blog

専門学校の卒業か?経験を積むか?あなたはどちらを選択しますか?

前回ブログこちら

の続き。

右矢印先生の弟子入りを選んだのか?

右矢印授業料100万円のかかった

専門学校卒業を選んだのか?

ボクが選んだのは

専門学校卒業
を選びました。

そして、卒業作品を作り

無事に卒業!

卒業後の就職先は

渋谷の坂の上の方にある

NHK!

…のグッズ売り場でした。

はい。メイクとは
全く関係のない仕事笑い泣き

っていうかバイト~あせる

でも

ボクが卒業する道を選んだことは

間違ったとは思っていないです

結果的に

NHKで一緒に働いた

仲間のおかげで

駆け出しの劇団のメイク

インディーズバンドのPV撮影など

なかなか出来ない仕事を

されてもらえたからです。

仮に

先生の弟子入りをしていても

そっちはそっちで

いい経験をさせてもらっていたはずグッド!

何が言いたいかというと

もし、これから

メイクの専門学校に行って

ボクと同じような分かれ道に立たされ

早く実績を積みたい!と思うなら

専門学校の卒業証なんて

全く関係ない

”卒業の証”より

そこでの出会い・経験・チャンスに

向き合う

ってことです。

今振り返ると

専門学校卒業を選んだ時

心のどこかで”逃げ”がありました。

卒業しておけば

何とかなるんじゃないか?って…

そんな思いもあって

専門学校の卒業(学歴)は

正直、気にしなくても

いいと思っています!

卒業後の就職活動でも

卒業証書(ディプロマ)を

一度も見せた記憶はございません笑い泣き

国家資格を得るのは別だけど

卒業証書を得るのが
大切なんではなく

チェックどれだけのことを

自分の目で見てくるか?

チェックどれだけ経験させてもらえるか?

だとボクは思っていますキッパリ

いただいたチャンスでも

自ら掴みにいくチャンスでも

何かに挑戦するって

迷うしビビる気持ちも
すご~~~~く、わかりますウンウン

でも、大丈夫です。

こうして読んでくれた方は

どんな選択をしても

上手くできると信じていますからウインク

選んだ道で

また向き合えばいいわけですからグッド!

メイクレッスンメニュー&料金は

こちらhttps://ameblo.jp/maromi-mens/entry-12313303279.html

インスタグラム

こちらhttps://www.instagram.com/yoshihidenarumi

ツイッターは

http://Twitter.com/narumi_pony

マニアックな商品解説

こちらan style=”font-weight:bold;”>https://www.facebook.com/maromi.cosme/

マロミ化粧品店のライン

始めましたポチっとなポチっとなポチっとな

友だち追加

ブログでは書かないような

マニアックな美容情報も
こちらで発信していきますにひひ

それでは、また~

***************

各種お問い合わせメールはこれ↓これ↓これ↓

男のスキンケア相談

こちらスキンケア相談お問い合わせ

メディア関連

こちらメディア関連のお問い合わせ

講演依頼

こちら講演依頼のお問い合わせ

030-0822青森市中央1丁目24-4

お問合せ電話番号
電話017-734-2035(お店)
携帯090-7565-7766(携帯)

マロミ化粧品店 

鳴海吉英(なるみ よしひで)

  • コメント: 0

関連記事

  1. 美容師さんのメイク技術向上!アイメイクでのお悩みどころ

  2. 商品を渡すときの一言に、その人の想いを感じた。

  3. 犯罪と奉仕と生きがい

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


眉ソムリエ NARUMI

鳴海 吉英(なるみ よしひで)

プロフィール
1981年青森市に生まれ青森で育つ。AB型。
1996年青森市立南中学校を卒業。
1999年青森県立商業高校を卒業。
1999年(18歳)スパゲ亭青森店に就職。
2003年(22歳)美容の世界に入るため東京メークアップアーティスト学院に入校し、その後卒業。
2005年(24歳)メディカルメイクアップを志しアメリカに留学。1か月後、劇的な人生の転機があり青森へ帰る。
2010年(29歳)資生堂メイクアップ青森県大会優勝。続く東北大会では準グランプリ受賞。TBS系列のテレビ番組でメイクのコツを伝えるアドバイザーを3年務める。エステ専門誌「クレアボー」TBS系列のテレビ番組に青森のメンズエステ店として取材を受ける。
2013年(31歳)化粧品の専門誌「月刊 国際商業」に取材を受ける。
2015年(34歳)地元企業や自治体PR広告などのメイクを担当。
2019年(38歳)眉の基本の書き方を4,500人以上に指導。
2020年(39歳)4月にTBS系列の情報番組に生出演。

眉が変われば表情が変わる。
その素敵な表情があなたの運命を変える。

眉毛を美しく保ち
人生を輝くものにしましょう

メールにてお得な情報を配信しています

登録する