眉ソムリエNARUMIの
365日毎日更新blog

大事なことは言っているのに、相手を置いてけぼりにしていませんか?

先日、お客様と話をしていて

カビ菌の話になりました。

梅雨のジメジメした時よりは

気温も寒いから

カビ菌の活動も穏やかだけど

カビは嫌なもんですよねウンウン

んで、

お客様が帰られてから

カビ菌のことが気になって

いろいろ調べていました。

すると

気になる記事がひらめき電球

エアコンにカビを生えさせると

エアコンをつけるたびに

カビ菌をバラまいているいちばん

…うん。想像しただけでゾッとするゲロー

気になったのはその次ビシ!

結露の原因になるから

夏は除湿や冷房を

”絶対”に使ってはいけない

我慢しましょう!

…おいおい。

何のためのエアコン真顔

青森でも夏はエアコンがないと

死んでまうど!

確かに”カビ菌発生”からすると

エアコン内の結露が

原因の一つになっているかもしれない

こういうのって

相手のことを考えていない

理想論

だと思っているんですよ。

ボクも相手のことを考えない

理想論を相手に押し付けたことが

何回もありますkonatu

例えば

チークにしても

自然なグラデーションを出すために

メインの”チーク”と

ぼかすための”ハイライト”も

2つ使いましょう!

…ってな感じ。

キレイになるならいいでしょ!と

思っていたのですが

1つ5,000円もする

チークとハイライト

相手からしたら

お財布事情もあるだろうけど

そんなこと頭になかった血しぶき

理想論は理想論でも

相手が出来る

ということをスルーしちゃうと

相手を置いてけぼりに

ブログでは書かないような

マニアックな美容情報も

  • コメント: 0

関連記事

  1. 消防団の撮影メイクに行ってきて、明暗が分かれること

  2. 肌悩みの解決方法はフルラインナップを使ってもらうことではない

  3. 知恵熱が出て見えた事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

眉ソムリエ NARUMI

鳴海 吉英(なるみ よしひで)

プロフィール
1981年青森市に生まれ青森で育つ。AB型。
1996年青森市立南中学校を卒業。
1999年青森県立商業高校を卒業。
1999年(18歳)スパゲ亭青森店に就職。
2003年(22歳)美容の世界に入るため東京メークアップアーティスト学院に入校し、その後卒業。
2005年(24歳)メディカルメイクアップを志しアメリカに留学。1か月後、劇的な人生の転機があり青森へ帰る。
2010年(29歳)資生堂メイクアップ青森県大会優勝。続く東北大会では準グランプリ受賞。TBS系列のテレビ番組でメイクのコツを伝えるアドバイザーを3年務める。エステ専門誌「クレアボー」TBS系列のテレビ番組に青森のメンズエステ店として取材を受ける。
2013年(31歳)化粧品の専門誌「月刊 国際商業」に取材を受ける。
2015年(34歳)地元企業や自治体PR広告などのメイクを担当。
2019年(38歳)眉の基本の書き方を4,500人以上に指導。
2020年(39歳)4月にTBS系列の情報番組に生出演。

眉が変われば表情が変わる。
その素敵な表情があなたの運命を変える。

眉毛を美しく保ち
人生を輝くものにしましょう

メールにてお得な情報を配信しています

登録する