眉ソムリエNARUMIの
365日毎日更新blog

提案した口紅を選んでもらうためには…。

vol.238

先日

初めて来てくれたお客様ありがとう(男)

メイク商品を探してのご来店ありがとう(男)ありがとう(男)
どんな時でも
聞くということに徹することは
忘れませんキッパリ
…というのも
お客様の現在のステージを
理解することで
同じような人でも
提案する色や質感が
変わってくるからですひらめき電球
昔、こんなことがありました。
ボクがお店に立って
まだ2年くらいの時でしょうか?
メイクレッスンを始めるず~っと前
東南アジア系の女性2人が来店
聞くと、青森の大学に
留学されている学生さん
片言の日本語で
「ファンデーションを少しだけ
つけてみたい」
ということを伝えてくれました。
ボクは作り込んだがっつり濃く
華やかなメイクより
もともと、ナチュラルメイクが
得意分野だったので
意識的に薄く
肌の色ムラが隠れる程度に
ファンデーションをつけて
鏡を向けると
「Wow!」と言い
両手で顔を覆った!
そんなに感動してくれたのか?
と思ったら
留学生「ハズカシイ!」
ボク「濃く感じますか?」
留学生「ハイ。すごく濃くミエル…」
という感じで
(これでも薄い方だけどな…)と
思いながらも
ファンデーションを
落としたことがありましたあせる
ボクの中での「薄い」という感じ方と
留学生さんの中での
「薄い」という感じ方が
全然違った証拠

そんな経験からも

相手は今、お化粧のステージは

どの段階なのか?

を把握するためにも

”聞く”ということは大切にしている

相手の現在のステージを
伝える側が知っていると

「え!?これ?」と

ショックを受けられることが
なくなりますいちばん

んで、冒頭に書いた

初めて来てくれたお客様

いろいろ、お話を伺った上で

お客様の現在のステージを把握し

口紅選び

ボクの中で3色選択肢を
頭に浮かべていたけど

1本試したところで

「これがいい!」と

1発で決定になりました合格

口紅って気軽に試せるから

簡単にも感じるし

「これがいい!」と

つけた瞬間の閃きを引き出せるか?

という、奥が深いところでもある

そのためにも

相手のステージを知ることは

とても伝える側にとって大切。

そこから、次に次に…と

ステージアップにつながっていきますひらめき電球

インスタグラム

こちらhttps://www.instagram.com/yoshihidenarumi

動画のチャンネルは

こちらhttp://u0u1.net/DB92

ツイッターは

http://Twitter.com/narumi_pony

マロミ化粧品店のライン

始めましたポチっとなポチっとなポチっとな

友だち追加

ブログでは書かないような

マニアックな美容情報も
こちらで発信していきますにひひ

好感を持ってもらえる

肌コンサルティング

3名限定の

モニター特別価格で提供中

全額返金制度あり

残り1名

詳しくは

こちら好感を持ってもらえる肌コンサルティング。モニター募集

それでは、また~

***************

各種お問い合わせメールはこれ↓これ↓これ↓

男のスキンケア相談

こちらスキンケア相談お問い合わせ

メディア関連

こちらメディア関連のお問い合わせ

講演依頼

こちら講演依頼のお問い合わせ

030-0822青森市中央1丁目24-4

お問合せ電話番号
電話017-734-2035(お店)
携帯090-7565-7766(携帯)

鳴海吉英(なるみ よしひで)

  • コメント: 0

関連記事

  1. メイクの方法を伝えるときは義務感をなくして楽しさを多く知ってもらう。

  2. 相手に価値を提供するのと時間泥棒…その違いはたった1つの違い!青森から発信

  3. 引退会見。批判から得ることができた唯一の希望

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


眉ソムリエ NARUMI

鳴海 吉英(なるみ よしひで)

プロフィール
1981年青森市に生まれ青森で育つ。AB型。
1996年青森市立南中学校を卒業。
1999年青森県立商業高校を卒業。
1999年(18歳)スパゲ亭青森店に就職。
2003年(22歳)美容の世界に入るため東京メークアップアーティスト学院に入校し、その後卒業。
2005年(24歳)メディカルメイクアップを志しアメリカに留学。1か月後、劇的な人生の転機があり青森へ帰る。
2010年(29歳)資生堂メイクアップ青森県大会優勝。続く東北大会では準グランプリ受賞。TBS系列のテレビ番組でメイクのコツを伝えるアドバイザーを3年務める。エステ専門誌「クレアボー」TBS系列のテレビ番組に青森のメンズエステ店として取材を受ける。
2013年(31歳)化粧品の専門誌「月刊 国際商業」に取材を受ける。
2015年(34歳)地元企業や自治体PR広告などのメイクを担当。
2019年(38歳)眉の基本の書き方を4,500人以上に指導。
2020年(39歳)4月にTBS系列の情報番組に生出演。

眉が変われば表情が変わる。
その素敵な表情があなたの運命を変える。

眉毛を美しく保ち
人生を輝くものにしましょう

メールにてお得な情報を配信しています

登録する