眉ソムリエNARUMIの
365日毎日更新blog

提案した口紅を選んでもらうためには…。

vol.238

先日

初めて来てくれたお客様ありがとう(男)

メイク商品を探してのご来店ありがとう(男)ありがとう(男)
どんな時でも
聞くということに徹することは
忘れませんキッパリ
…というのも
お客様の現在のステージを
理解することで
同じような人でも
提案する色や質感が
変わってくるからですひらめき電球
昔、こんなことがありました。
ボクがお店に立って
まだ2年くらいの時でしょうか?
メイクレッスンを始めるず~っと前
東南アジア系の女性2人が来店
聞くと、青森の大学に
留学されている学生さん
片言の日本語で
「ファンデーションを少しだけ
つけてみたい」
ということを伝えてくれました。
ボクは作り込んだがっつり濃く
華やかなメイクより
もともと、ナチュラルメイクが
得意分野だったので
意識的に薄く
肌の色ムラが隠れる程度に
ファンデーションをつけて
鏡を向けると
「Wow!」と言い
両手で顔を覆った!
そんなに感動してくれたのか?
  • コメント: 0

関連記事

  1. メイク技術に自信がないからこそ、わかることがある。むしろ、今しか見えないこと。

  2. なんのためにお仕事をされているんですか?と質問されたら…

  3. 本当に来てほしい人に来てもらえるためにできること

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

眉ソムリエ NARUMI

鳴海 吉英(なるみ よしひで)

プロフィール
1981年青森市に生まれ青森で育つ。AB型。
1996年青森市立南中学校を卒業。
1999年青森県立商業高校を卒業。
1999年(18歳)スパゲ亭青森店に就職。
2003年(22歳)美容の世界に入るため東京メークアップアーティスト学院に入校し、その後卒業。
2005年(24歳)メディカルメイクアップを志しアメリカに留学。1か月後、劇的な人生の転機があり青森へ帰る。
2010年(29歳)資生堂メイクアップ青森県大会優勝。続く東北大会では準グランプリ受賞。TBS系列のテレビ番組でメイクのコツを伝えるアドバイザーを3年務める。エステ専門誌「クレアボー」TBS系列のテレビ番組に青森のメンズエステ店として取材を受ける。
2013年(31歳)化粧品の専門誌「月刊 国際商業」に取材を受ける。
2015年(34歳)地元企業や自治体PR広告などのメイクを担当。
2019年(38歳)眉の基本の書き方を4,500人以上に指導。
2020年(39歳)4月にTBS系列の情報番組に生出演。

眉が変われば表情が変わる。
その素敵な表情があなたの運命を変える。

眉毛を美しく保ち
人生を輝くものにしましょう

メールにてお得な情報を配信しています

登録する