眉ソムリエNARUMIの
365日毎日更新blog

相手によって話す内容が変わる?続けるには〇〇〇があるかないか♪

vol.139

最近、月に1回

友達と夜ごはんを食べに

夜の青森を徘徊する

先日、友達と話題になったのは

お客さんの男女別の接し方

ボクの友達のお店では

男性のお客さんと

女性のお客さんの割合が

50:50の割合だそうで

男性客と女性客で

接し方をどう変えているか?

って話になったら

右矢印女性のお客さんには

共感してから解決策を考えると

理解してもらえて

右矢印男性のお客さんには

理論も一緒に伝えると

理解してくれる

と言っていたひらめき電球

うん!共感ビックリマーク

世の中で言われている

男性脳と女性脳の違い

ってやつ?

肌の仕組みでも

都市伝説的な事例を元に

「~だから、こうしましょう!」

ではなく、

なぜそうなるんだ?と

理論を踏まえて考えていく

これを

どこまで相手に伝えるかは

相手に合わせて話す。

ここ最近、特に

男女関係なく情報があり過ぎて

結局迷ってしまっている人が

ものすごく多く感じるウンウン

肌の相談でも

全部の理論を伝えるのではなく

いま、

あなたに必要な事はなんなのか?を

考えて話していくのが

結局は相手の事を

考えることにつながって

興味を持ってくれる

興味を持ってくれることから

楽しさって感じてきます

美容って

楽しさを感じるから

続けられるし

結果も出せるグッド!

楽しく感じない…というなら

何が引っかかっているのか?

一緒に探っていきましょう

動画のチャンネルは

こちらhttp://u0u1.net/DB92

ツイッターは

http://Twitter.com/narumi_pony

マロミ化粧品店のライン

始めましたポチっとなポチっとなポチっとな

友だち追加

ブログでは書かないような

マニアックな美容情報も
こちらで発信していきますにひひ

好感を持ってもらえる

肌コンサルティング

3名限定の

モニター特別価格で提供中

全額返金制度あり

残り1

詳しくは

こちら好感を持ってもらえる肌コンサルティング。モニター募集

それでは、また~

***************

各種お問い合わせメールは これ↓これ↓これ↓

男のスキンケア相談

こちらスキンケア相談お問い合わせ

メディア関連

こちらメディア関連のお問い合わせ

講演依

こちら講演依頼のお問い合わせ

030-0822 青森市中央1丁目24-4

お問合せ電話番号
電話017-734-2035 (お店)
携帯090-7565-7766 (携帯)

マロミ化粧品店 

鳴海吉英(なるみ よしひで)

  • コメント: 0

関連記事

  1. 裏に隠れた眉の本当の悩み。それを解決することが眉ソムリエのお役目です!青森から発信

  2. ジブリ感の山の奥にあったものとは…

  3. 1日だけでいいから肌をキレイに見せたい、勝負の日!

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


眉ソムリエ NARUMI

鳴海 吉英(なるみ よしひで)

プロフィール
1981年青森市に生まれ青森で育つ。AB型。
1996年青森市立南中学校を卒業。
1999年青森県立商業高校を卒業。
1999年(18歳)スパゲ亭青森店に就職。
2003年(22歳)美容の世界に入るため東京メークアップアーティスト学院に入校し、その後卒業。
2005年(24歳)メディカルメイクアップを志しアメリカに留学。1か月後、劇的な人生の転機があり青森へ帰る。
2010年(29歳)資生堂メイクアップ青森県大会優勝。続く東北大会では準グランプリ受賞。TBS系列のテレビ番組でメイクのコツを伝えるアドバイザーを3年務める。エステ専門誌「クレアボー」TBS系列のテレビ番組に青森のメンズエステ店として取材を受ける。
2013年(31歳)化粧品の専門誌「月刊 国際商業」に取材を受ける。
2015年(34歳)地元企業や自治体PR広告などのメイクを担当。
2019年(38歳)眉の基本の書き方を4,500人以上に指導。
2020年(39歳)4月にTBS系列の情報番組に生出演。

眉が変われば表情が変わる。
その素敵な表情があなたの運命を変える。

眉毛を美しく保ち
人生を輝くものにしましょう

メールにてお得な情報を配信しています

登録する