眉ソムリエNARUMIの
365日毎日更新blog

直接見ないと正しい判断はできない。

vol.099

昨日は胃カメラ検査

行ってきました。

{F5594D89-B785-4A24-8D2C-36491D058919}

アップ胃の内部の写真

初の

鼻からぶち込む内視鏡

14年前に

口からの胃カメラの経験がある上で

口と鼻の苦しさを比べてみると

確かに鼻からぶち込む方が楽…かな?

これから初めて胃カメラを

飲むんだけど

どんな感じなの?という方に

ボクの感覚を伝えますクラッカー

今考えても

口からの胃カメラは

順番待ちをしている時から

恐怖をバンバンあおってくる

喉の麻酔をするために

ゼリー状の麻酔を喉の奥で

5分くらい溜めておくんですが

その間に、他の人が

検査室で胃カメラ検査

扉の向こうから

「オエェェェェェェェェェ~」ゲロー

と、聞こえてくる…

何分後にはボクもこうなるのか…

そう思うと

恐怖でしかない滝汗

数分後にはボクも

血管が切れそうなくらい

「ォエェェェェェェェェェ」と

えづいてましたゲロー

ただし、
口からの胃カメラをする場合でも

その病院によっては

鎮静剤を注射してから

カメラを飲むところもあります。

ボクは3回目の胃カメラが

鎮静剤を打っての検査でした。

鎮静剤を注射されると

意識が遠のくというか

眠くて眠くて仕方がなくて

カラダが重~いって感覚になり

オエェ!ってえづくのすら一瞬で

胃カメラ検査が始まります。

検査後1時間くらい、横になって

それから帰るんですけど

鎮静剤なしの胃カメラ検査より

だいぶ楽です

レントゲンで見るより

カメラで実際に見た方が

色々見抜かれますね。

鼻からの胃カメラ後

先生の診断を危機に行ったら

胃の中の写真を見ながら

ココはどこの部分で

ココはどこ…。と説明してくれる。

その時

「これ、昔にやった潰瘍の跡」

と見抜かれます。

結局ボクは

胃に出血した後があって

「急性胃炎」の判断でした

どんなに話を聞いても

実際に先生の目で見てもらうと

どんな症状になっているのか?

そして

生活の中で思い当ることがないか?

そんなやり取りをして

どんな治療をしていくか?を

判断してくれる。

直接、専門家の目で見て判断する

ボクの仕事と同じ!と思った

胃カメラ検査

どーでもいい話なんですが

ボクは、

人より、鼻穴がデカい

{A05BCC47-E90E-40A7-BDA6-593879754507}

ムリすれば500円玉も入る!

(鼻が裂けそうになるけど)

んで、

鼻からカメラを入れようとしたとき

なかなか入らない。

鼻穴がデカいクセに

鼻穴の奥は狭いという

面倒な鼻の持ち主のようです

先生も手こずって

鼻の入り口でカメラの先端が

もしゃもしゃ動いているのが

究極のジラしでした

今後も

出来るものなら胃カメラ飲みたくない

あなたの価値を高める

スキンケアをひらめき電球

マロミ化粧品店のライン

始めましたポチっとなポチっとなポチっとな

友だち追加

好感を持ってもらえる

肌コンサルティング

3名限定の

モニター特別価格で提供中

全額返金制度あり

残り1

詳しくは

こちら好感を持ってもらえる肌コンサルティング。モニター募集

それでは、また~

***************

もう少し記事を書き貯めて
後々、男性向けのスキンケア講座を

開いていきます。

それまで、頑張って書きます苦笑い

各種お問い合わせメールは これ↓これ↓これ↓

男のスキンケア相談

こちらスキンケア相談お問い合わせ

メディア関連

こちらメディア関連のお問い合わせ

講演依頼

こちら講演依頼のお問い合わせ

030-0822 青森市中央1丁目24-4

お問合せ電話番号
電話017-734-2035 (お店)
携帯090-7565-7766 (携帯)

マロミ化粧品店 

鳴海吉英(なるみ よしひで)

  • コメント: 0

関連記事

  1. ニキビになる食事?ニキビを治す食事?実際どうなの?

  2. メイク技術を高めるたった一つの方法

  3. メンズ美容。肌の透明感が出せると問題になってくるのは眉。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


眉ソムリエ NARUMI

鳴海 吉英(なるみ よしひで)

プロフィール
1981年青森市に生まれ青森で育つ。AB型。
1996年青森市立南中学校を卒業。
1999年青森県立商業高校を卒業。
1999年(18歳)スパゲ亭青森店に就職。
2003年(22歳)美容の世界に入るため東京メークアップアーティスト学院に入校し、その後卒業。
2005年(24歳)メディカルメイクアップを志しアメリカに留学。1か月後、劇的な人生の転機があり青森へ帰る。
2010年(29歳)資生堂メイクアップ青森県大会優勝。続く東北大会では準グランプリ受賞。TBS系列のテレビ番組でメイクのコツを伝えるアドバイザーを3年務める。エステ専門誌「クレアボー」TBS系列のテレビ番組に青森のメンズエステ店として取材を受ける。
2013年(31歳)化粧品の専門誌「月刊 国際商業」に取材を受ける。
2015年(34歳)地元企業や自治体PR広告などのメイクを担当。
2019年(38歳)眉の基本の書き方を4,500人以上に指導。
2020年(39歳)4月にTBS系列の情報番組に生出演。

眉が変われば表情が変わる。
その素敵な表情があなたの運命を変える。

眉毛を美しく保ち
人生を輝くものにしましょう

メールにてお得な情報を配信しています

登録する