眉ソムリエNARUMIの
365日毎日更新blog

人生初ッ!男性をナンパしてみました。

vol.067

東京に行くと

有名な人や芸能人に会えないかな~

と淡い期待を持って行くのですが

今回は、見つけました!

それは

ウエカツ

こと、上田勝彦!

この人の話を聞いたら

みんな魚が食べたくなる!

と言われ

元漁師という所から

農林水産省水産庁で働き

漁場の整備や魚の良さを伝えようと

テレビ出演されたり

全国を講演して回っている

声をかけようにも

声をかけたら

変な顔されるんじゃないか?

とビビッてしまい…

そうしているうちに

見失いました。

そして、後から思う。

「声をかければ良かった」

有名人を見れたテンション上がりと

声をかけれなかった。という

自分のビビり。

あれ?皆さん”ウエカツ”

そんなに知らない?爆弾

実は、もう一人

有名人を見かけましたひらめき電球

それは

化粧品専門店や百貨店で

取扱いされている

アルビオンという化粧品会社の

エレガンスというメイクブランドの

専属メイクアップアーティストの

MIYAZAWAさん

ボクのお店には

アルビオンの取り扱いがないのですが

前から、MIYAZAWAさんの存在は

知っていました。

メイクの仕事で

全国・世界を回っている方M

東京から飛行機で青森空港に着いて

荷物の取り出しを待っているとき

「あっMIYAZAWAさんだ!」と

気付きました。

周りには他の搭乗客もいるし

周りの目も気になる

声をかけて

迷惑そうな顔されたらどうしよう

と思ったものの

ココで会ったら

次会えるのはもうない!

と思い

「あの~、スイマセン。

メーキャップアーティストの

MIYAZAWAさんですよね?…」

初恋の女の子に

告白するくらいドッキドキしながら

声をかけました。

「えっ、あっ・・・ハイ」と

若干、困惑しながらも

対応してくれ

結局

宿泊先のビジネスホテルまで

車で送っていきました。

{D2047896-52A2-461F-A2FF-1071C5092050}

車の中でいろいろ話をしてくれ

メイク業界に入ったのは

ボクとほぼ同じ

就職面接をした先も

実は同じだった。

MIYAZAWAさんは採用

ボクは不採用

緊張しすぎて

一方的に話しまくってた(笑)

その中でも

メイクにかける情熱は同じだった
想いがハッキリ言えるのは
大切なことです

有名人って

声をかけられるのが嫌なのかな?と

勝手に思い込んでいましたが

めちゃめちゃ気さくに

会話してくださいました。

「~なのかもしれない。」

「おそらく~だろう。」

「~されたらどうしよう」

勝手な思い込みで

今まで、つかみ損ねたものが

いっぱいあったんだろうな~苦笑い

やってみなくちゃ

どんなことになるかわからない

自分の”恥じらい”だなんて

小っちぇ~もんだ!と思えた

人生初の男性をナンパした一コマ

あなたも

「~かもしれない」

と、妄想で決めつけずに

勇気を出してやってみる

違う風景が待っていますよニコニコ

あなたの価値を高める

スキンケアをひらめき電球

好感を持ってもらえる

肌コンサルティング

3名限定の

モニター特別価格で提供中

全額返金制度あり

残り2名

詳しくは

こちら好感を持ってもらえる肌コンサルティング。モニター募集

それでは、また~

***************

もう少し記事を書き貯めて
後々、男性向けのスキンケア講座を

開いていきます。

それまで、頑張って書きます苦笑い

各種お問い合わせメールは これ↓これ↓これ↓

男のスキンケア相談

こちらスキンケア相談お問い合わせ

メディア関連

こちらメディア関連のお問い合わせ

講演依頼

こちら講演依頼のお問い合わせ

030-0822 青森市中央1丁目24-4

お問合せ電話番号
電話017-734-2035 (お店)
携帯090-7565-7766 (携帯)

マロミ化粧品店 

鳴海吉英(なるみ よしひで)

  • コメント: 0

関連記事

  1. ひと言手書きの文字があったら、伝わり方は違ってくる

  2. 2018年。仙台駅で人生をかけた肝試しをした話。

  3. 意外だった。ウルトラマンが助けられた本当のヒーローとは…

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


眉ソムリエ NARUMI

鳴海 吉英(なるみ よしひで)

プロフィール
1981年青森市に生まれ青森で育つ。AB型。
1996年青森市立南中学校を卒業。
1999年青森県立商業高校を卒業。
1999年(18歳)スパゲ亭青森店に就職。
2003年(22歳)美容の世界に入るため東京メークアップアーティスト学院に入校し、その後卒業。
2005年(24歳)メディカルメイクアップを志しアメリカに留学。1か月後、劇的な人生の転機があり青森へ帰る。
2010年(29歳)資生堂メイクアップ青森県大会優勝。続く東北大会では準グランプリ受賞。TBS系列のテレビ番組でメイクのコツを伝えるアドバイザーを3年務める。エステ専門誌「クレアボー」TBS系列のテレビ番組に青森のメンズエステ店として取材を受ける。
2013年(31歳)化粧品の専門誌「月刊 国際商業」に取材を受ける。
2015年(34歳)地元企業や自治体PR広告などのメイクを担当。
2019年(38歳)眉の基本の書き方を4,500人以上に指導。
2020年(39歳)4月にTBS系列の情報番組に生出演。

眉が変われば表情が変わる。
その素敵な表情があなたの運命を変える。

眉毛を美しく保ち
人生を輝くものにしましょう

メールにてお得な情報を配信しています

登録する