眉ソムリエNARUMIの
365日毎日更新blog

メイクの大会で勝ったことで、絶対に勝てないと知る

vol.038

昨日は春のような気候だったのに

一転、真冬の世界

昨日との温度差が

11度も下がるって…

ストーブの前から離れられません。

という言い訳でことで

ゆるいネタを

美容の仕事をしていて

大きな転機となったのが

メイク技術大会の青森部門で

優勝できた!

ということがあるクラッカー

どうして優勝できたかって

参加人数が少なかったから…爆弾

メイク技術大会自体

初めての試みだったので

皆さん、どんなものかわからず

参加しなかったのかな?

実際、ボクも、メーカーさんから

「大丈夫!大丈夫~!」と

上手く乗せられて参加しました(笑)

参加するにも条件があって

○年勤続・どのセミナーを受講済み

など、けっこう参加条件を満たすにも

大変ってのもあったんですけど

最終的には

東北で参加資格者、約2000人のうちの

準グランプリまで運よく獲れたんです

そして、

入賞したことで思えたこと

メイク技術じゃ

絶対に勝てない

謙遜とか向上心みたいな

キレイごとじゃなく

実際にやらかすんですよ~苦笑い

その後

メイクレッスンを

始めていくことになるのですが

ボク、

ものすごい勘違いしたんです

何を勘違いしたかって

メイク技術青森大会で

優勝でき、その後、東北大会に行き

その東北大会で準グランプリを獲れる

技術として認められたのだから

この技術を使って

たくさんの人を喜ばせよう!

と思ったこと。

要は

価値観の押し付けを

してしまったこと

です

この技術が入賞した技術グッド!

と御鼻がギュィ~ンと

天狗様になっていたんです

ボクも相手も

満足するメイクは

本人が鏡を見て

「よし!いい感じ」と思ってもらう事

昔、メイクレッスンをしているとき

喜んでもらおうとメイクをしたのに

ボクの価値観を押し付けたため

メイクした方

全然、喜ばなかったです

引きつった笑顔でした

そんな

なっさけない過去も踏まえて

ボクの価値観だなんて

参考程度にしかならない‼️

あとは

本人がどれくらいのことを

求めているのかを知る

ココに頭を使いました。

メイクする人が女性だったら

違ったかもしれませんが

ボクの場合

メイク大会で入賞し喜びもつかの間

これじゃ絶対に勝てないと

痛感できたこと

両方の事から

大きなきっかけになっています。

ボクも相手も満足する

それが、

メイクの考えにもなっている

自宅で一人で出来て

鏡を見た時「よし!いい感じ」と

思ってもらえる事

なのです。

とてもいい経験でしたニコニコ

あなたの価値を高める

スキンケアをひらめき電球

好感を持ってもらえる

肌コンサルティング

モニター特別価格で提供中

全額返金制度あり

詳しくは

こちら好感を持ってもらえる肌コンサルティング。モニター募集

それでは、また~

***************

もう少し記事を書き貯めて
後々、男性向けのス
キンケア講座を

開いていきます。

それまで、頑張って書きます苦笑い

各種お問い合わせメールは これ↓これ↓これ↓

男のスキンケア相談

こちらスキンケア相談お問い合わせ

メディア関連

こちらメディア関連のお問い合わせ

講演依頼

こちら講演依頼のお問い合わせ

030-0822 青森市中央1丁目24-4

お問合せ電話番号
電話017-734-2035 (お店)
携帯090-7565-7766 (携帯)

マロミ化粧品店 

鳴海吉英(なるみ よしひで)

  • コメント: 0

関連記事

  1. 好印象をオンラインで感じてもらう

  2. 5秒で印象を変える。眉のココを知っておくと簡単にできる。

  3. ”男性の頬にあるシミを隠すためには…コンシーラーの使い方!”

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


眉ソムリエ NARUMI

鳴海 吉英(なるみ よしひで)

プロフィール
1981年青森市に生まれ青森で育つ。AB型。
1996年青森市立南中学校を卒業。
1999年青森県立商業高校を卒業。
1999年(18歳)スパゲ亭青森店に就職。
2003年(22歳)美容の世界に入るため東京メークアップアーティスト学院に入校し、その後卒業。
2005年(24歳)メディカルメイクアップを志しアメリカに留学。1か月後、劇的な人生の転機があり青森へ帰る。
2010年(29歳)資生堂メイクアップ青森県大会優勝。続く東北大会では準グランプリ受賞。TBS系列のテレビ番組でメイクのコツを伝えるアドバイザーを3年務める。エステ専門誌「クレアボー」TBS系列のテレビ番組に青森のメンズエステ店として取材を受ける。
2013年(31歳)化粧品の専門誌「月刊 国際商業」に取材を受ける。
2015年(34歳)地元企業や自治体PR広告などのメイクを担当。
2019年(38歳)眉の基本の書き方を4,500人以上に指導。
2020年(39歳)4月にTBS系列の情報番組に生出演。

眉が変われば表情が変わる。
その素敵な表情があなたの運命を変える。

眉毛を美しく保ち
人生を輝くものにしましょう

メールにてお得な情報を配信しています

登録する