眉ソムリエNARUMIの
365日毎日更新blog

ニキビの塗り薬の使い方…間違ったら悪化しまっせ!

vol.033

ボクが

ニキビ肌で奮闘?していたとき

皮膚科には行きませんでした。

理由は

気持ちの余裕がなかったから…

これがすべてでした。

sei「ニキビ、何とかしなきゃ!

どうしよう、どうしよう!」

そうしか思えないくらい

余裕がなかった汗

今思えば

経験として皮膚科に行けば良かった

と思っているのですが

時すでに遅し…

その後、仕事をしながら

知識を積み重ねていくことに

なるのです。

んで、

ニキビで皮膚科に通うと

出されるのが「塗り薬」

使い方を

キッチリ守ってあげてください

{8A16B8A9-B06E-4404-9EAE-B84542D34343}

ニキビ治療で出される

塗り薬というのは

ニキビ部分に薬をつけて

ニキビ部分の肌代謝を上げる

アップコレが多く採用されている方法

少しニキビが良くなってくると

オリジナル使用方法が

入ってくるもんです。

ボク、中3の時

初めて胃カメラを飲んだのですが

十二指腸潰瘍でした。

んで

歩くだけでもあぶら汗でるくらい

胃痛でしんどかったので

そのしんどさから抜けれるなら…と

薬もきっちりマジメに飲んでいました。

薬を出された時

「ちゃんと直すためにも数か月は

薬は飲み続けて」

と病院から言われたはずなのに

2週間もすると

胃の痛みもすっかりなくなって

もういらないんじゃないか?と思って

3週間くらいで

薬を飲むのを止めたんです。

そうしたら、1年くらいで

十二指腸潰瘍の再発です。

危機感が無くなると

余裕が出来て、いろいろ考えれる。
ただ、物によっては
それが逆効果になることもある。
まさに、
そんなボクの十二指腸潰瘍

どうしても

オリジナルの使い方は入ってくる

ただ、薬もそうだけど

ニキビの塗り薬も同じ。

チェックニキビの予防としてつける

チェックニキビ部分以外にも使う

こんな使い方でもいいんじゃないか?
って考えついちゃうもんです。

でも、

オリジナルな使い方してたら

正常な肌状態の部分までも

代謝を強制的に起こしてしまい

乾燥肌、ニキビ肌の繰り返しに

なっていきます。

薬って、

肌の疾患状態に使うように合わせて

作られているものです。

予防のために…

なんて思って使い続けたら

薬がなくては

正常の肌を保つ事が出来ない…

そんな事にもなる爆弾

ニキビを悪化、再発させないためにも

薬の使い方は

キッチリ守って

使って上げてくださいねひらめき電球

あなたの価値を高める

スキンケアをひらめき電球

好感をもたれる肌コンサルティング

モニター特別価格で提供中

全額返金制度あり

詳しくは

こちら好感を持ってもらえる肌コンサルティング。モニター募集

それでは、また~

***************

もう少し記事を書き貯めて
後々、男性向けのスキンケア講座を

開いていきます。

それまで、頑張って書きます苦笑い

各種お問い合わせメールは これ↓これ↓これ↓こちらスキンケア相談お問い合わせ

メディア関連

こちらメディア関連のお問い合わせ

講演依頼

こちら講演依頼のお問い合わせ

030-0822 青森市中央1丁目24-4

お問合せ電話番号
電話017-734-2035 (お店)
携帯090-7565-7766 (携帯)

マロミ化粧品店 

鳴海吉英(なるみ よしひで)

  • コメント: 0

関連記事

  1. 肌に負担をかけずに、テカり・皮脂を落とす効率的な方法

  2. 洗顔後、いつも感じる「張っている感覚」見逃しちゃダメですよ。

  3. どんなにいい日焼け止めを選んでも、間違った使い方だと意味がない

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


眉ソムリエ NARUMI

鳴海 吉英(なるみ よしひで)

プロフィール
1981年青森市に生まれ青森で育つ。AB型。
1996年青森市立南中学校を卒業。
1999年青森県立商業高校を卒業。
1999年(18歳)スパゲ亭青森店に就職。
2003年(22歳)美容の世界に入るため東京メークアップアーティスト学院に入校し、その後卒業。
2005年(24歳)メディカルメイクアップを志しアメリカに留学。1か月後、劇的な人生の転機があり青森へ帰る。
2010年(29歳)資生堂メイクアップ青森県大会優勝。続く東北大会では準グランプリ受賞。TBS系列のテレビ番組でメイクのコツを伝えるアドバイザーを3年務める。エステ専門誌「クレアボー」TBS系列のテレビ番組に青森のメンズエステ店として取材を受ける。
2013年(31歳)化粧品の専門誌「月刊 国際商業」に取材を受ける。
2015年(34歳)地元企業や自治体PR広告などのメイクを担当。
2019年(38歳)眉の基本の書き方を4,500人以上に指導。
2020年(39歳)4月にTBS系列の情報番組に生出演。

眉が変われば表情が変わる。
その素敵な表情があなたの運命を変える。

眉毛を美しく保ち
人生を輝くものにしましょう

メールにてお得な情報を配信しています

登録する