眉ソムリエNARUMIの
365日毎日更新blog

男のスンキケア。クレンジングは地獄の入口?

vol.027

前回ブログこれ↓これ↓これ↓


の続きで

ボクが初体験したクレンジング。

前回は男のスキンケアで

クレンジングすることのメリットを

書いたのですが

今回は、

初体験からのデメリット

 

肌地獄の始まり…

 
 




結論から言ったら






やり過ぎ






 





クレンジングを体験すると

汚れ(角栓)が落ちるのが見えて

とにかく面白いんです

特に鼻の周り…




面白いことって

ついやり過ぎちゃうじゃないですか?

{C72AF2BC-1E07-46EB-84D5-875242B67370}



もっとやったら

もっと汚れが落ちて
もっと肌がキレイになるんじゃないか?
 
 
 
そう…。
1年で10cm、身長が伸びたら
10年で100cmも伸びるんじゃない?
と、まるで小学生並みの発想





ボクがクレンジング初体験した頃は

肌の仕組みもわかっていなければ
クレンジングの仕方で肌が変わる事も
 
 
全然わかっていない時。
 
 
 
ましてや
ネット環境が未発達だったので
 
 
スキンケア情報は
読む美容雑誌によって違う理論に
振り回されまくっている時です。
 
 
 
 
 
ボクが肌の地獄入りした1番の方法は
オイルクレンジングの長時間使用

当時、オイルマッサージが肌にいい!と
何かの美容雑誌で見て
 
オイルクレンジング使ってるんだから
オイルでマッサージも出来て、さらに
クレンジングもできる
 
 
「これ、サイコーじゃないか〜
と、世紀の大発見くらいに
思ってやりまくったのですが
 
 
 
その後、
肌はパッキパキを超え
バッキバキに乾燥し
 
毛穴が広がり、そして、毛穴が目立つ。
 
 
今度は毛穴の汚れ(角栓)&
毛穴の黒ずみを取ろうと
 
 
商品のキャッチコピーに釣られ
みんな大好き”毛穴パック”に手を出す。
 
{F117BEC6-E1AE-4798-AA4C-EF1873B8AE56}


 
毛穴パック、週1回?
3日に1回くらいしてましたよ〜
 
 
 
餅を絵に書いたような
負のスパイラル爆弾
 
 
さらには
毛抜きで角栓を引っこ抜く…
肌からすると最悪。
 
 
 
 
おかげで
鼻の毛穴は目立ちまくりです…。
 
 
こうなると、
鼻の毛穴を無かった事にするのは
出来ません。
 
 
 
収れん化粧水で
毛穴を閉じてあげれば毛穴は広がらない?
 
 
 
そんなの肌の理論からしたら
ムリなお話です。
 
収れん化粧水で
毛穴を引き締めてあげれるのは
ほんの数時間
 
 
 
汚れが落ちる楽しさから
無知がゆえ
 
肌を良くするどころか
悪くする事ばっかり…。
 
 
 
 
肌をキレイにしたいと
お金も、手間も、時間もかけ
 
得たものは
ひどくなったニキビ肌と
元に戻せなくなった毛穴。
 
 
 
いまは、その負の経験が
同じ経験をしてもらいたくないから
こうしてブログに書けるという
 
大きな財産になっていますが
毛穴は無いに越した事はないです
 
 
 
 
男のスンキケアに
クレンジングを取り入れたいと思うなら
 
 
 
今の肌状態を知って
洗浄力重視のクレンジングは
使わない。
 
 
 
汚れをしっかり落として
その後、保湿すればいいじゃん!
って思うかもしれないけど
 
 
肌の仕組みは
そんな単純にはいかない。
 
 
選ぶ目利き力が必要
 
 
 
 
清潔感を
相手に与える肌になる考え方は
 
肌の柔らかさが鍵となる‼︎
 
 
そのために肌に合う
「洗浄」と「保湿」を
取り入れる事が近道。
 
 
 
 
今回は
クレンジングでしたけど
 
男性は性格上、
ついついやり過ぎちゃう。
 
 
時間をかけ過ぎちゃう。
力をかけ過ぎちゃう。
 
 
 
男のスンキケアに
クレンジングはメリットもデメリットも
両方ある。
 
 
それを踏まえて
今、とり入れるのか?
 
いま一度
考えてみてください♪
 
 
 
 


あなたの価値を高める

スキンケアをひらめき電球

好感をもたれる肌コンサルティング

モニター特別価格で提供中

全額返金制度あり

詳しくは

こちら好感を持ってもらえる肌コンサルティング。モニター募集



それでは、また~

***************

もう少し記事を書き貯めて
後々、男性向けのスキンケア講座を

開いていきます。

それまで、頑張って書きます苦笑い

各種お問い合わせメールは これ↓これ↓これ↓

男のスキンケア相談

こちらスキンケア相談お問い合わせ

メディア関連

こちらメディア関連のお問い合わせ

講演依頼

こちら講演依頼のお問い合わせ

030-0822 青森市中央1丁目24-4

お問合せ電話番号
電話017-734-2035 (お店)
携帯090-7565-7766 (携帯)

マロミ化粧品店 

鳴海吉英(なるみ よしひで)

  • コメント: 0

関連記事

  1. コンプレックスが気になって仕方がない。お化粧にも時間がかかる

  2. メイクレッスン後のアンケート、自分のものになるメイク方法は○○と○○

  3. 眉を書きやすくするための3つのヒミツ!

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

眉ソムリエ NARUMI

鳴海 吉英(なるみ よしひで)

プロフィール
1981年青森市に生まれ青森で育つ。AB型。
1996年青森市立南中学校を卒業。
1999年青森県立商業高校を卒業。
1999年(18歳)スパゲ亭青森店に就職。
2003年(22歳)美容の世界に入るため東京メークアップアーティスト学院に入校し、その後卒業。
2005年(24歳)メディカルメイクアップを志しアメリカに留学。1か月後、劇的な人生の転機があり青森へ帰る。
2010年(29歳)資生堂メイクアップ青森県大会優勝。続く東北大会では準グランプリ受賞。TBS系列のテレビ番組でメイクのコツを伝えるアドバイザーを3年務める。エステ専門誌「クレアボー」TBS系列のテレビ番組に青森のメンズエステ店として取材を受ける。
2013年(31歳)化粧品の専門誌「月刊 国際商業」に取材を受ける。
2015年(34歳)地元企業や自治体PR広告などのメイクを担当。
2019年(38歳)眉の基本の書き方を4,500人以上に指導。
2020年(39歳)4月にTBS系列の情報番組に生出演。

眉が変われば表情が変わる。
その素敵な表情があなたの運命を変える。

眉毛を美しく保ち
人生を輝くものにしましょう

メールにてお得な情報を配信しています

登録する