眉ソムリエNARUMIの
365日毎日更新blog

カミソリ負けしているのに、シミるのが好き。

vol.018


ヒゲを剃るということは

T字だろうが

電気シェーバーだろうが

皮膚の仕組みが

良くわからないまま

ヒゲ剃りをし続けると

確実に皮膚は弱くなる。


敏感肌ってやつひらめき電球


敏感=肌が弱い状態


ちょっと強く

ヒゲ剃りなんかすると

すぐブツブツが出てくる





その痛み、

逆に快感になっていませんか?(笑)


痛い。シミる。

というのは肌のサインです。





肌をシミることなく

保湿してあげる必要がある


敏感肌用の化粧品というのが

世の中にはあるんですけど

ボクも色々試しました。


理想は

シミることなく

肌状態を回復できる

スキンケア商品



ボクがいろいろ試して

弱くなったヒゲ部分に使っても

シミることなく、肌状態を回復してくれる

理想の化粧品を

取扱いしていますが

まずは

チェック肌がシミる

チェック肌がむず痒い

などの違和感を意識すること。

何かかしら、肌からのサインです。


カミソリ負けは

激減してくれますよ!ひらめき電球


あなたの価値を高める

スキンケアをひらめき電球


それでは、また~

***************

もう少し記事を書き貯めて
それまで、頑張って書きます苦笑い

各種お問い合わせメールは これ↓これ↓これ↓

男のスキンケア相談

こちらスキンケア相談お問い合わせ

メディア関連

こちらメディア関連のお問い合わせ

講演依頼

こちら講演依頼のお問い合わせ


  • コメント: 0

関連記事

  1. 【閲覧注意】初めての医療用ヒゲ脱毛レーザー

  2. 頭を剃る時はT字カミソリか電気シェーバーか?

  3. 男の清潔感にヒゲ剃りは欠かせない。でも、肌荒れが起きてしまう。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

眉ソムリエ NARUMI

鳴海 吉英(なるみ よしひで)

プロフィール
1981年青森市に生まれ青森で育つ。AB型。
1996年青森市立南中学校を卒業。
1999年青森県立商業高校を卒業。
1999年(18歳)スパゲ亭青森店に就職。
2003年(22歳)美容の世界に入るため東京メークアップアーティスト学院に入校し、その後卒業。
2005年(24歳)メディカルメイクアップを志しアメリカに留学。1か月後、劇的な人生の転機があり青森へ帰る。
2010年(29歳)資生堂メイクアップ青森県大会優勝。続く東北大会では準グランプリ受賞。TBS系列のテレビ番組でメイクのコツを伝えるアドバイザーを3年務める。エステ専門誌「クレアボー」TBS系列のテレビ番組に青森のメンズエステ店として取材を受ける。
2013年(31歳)化粧品の専門誌「月刊 国際商業」に取材を受ける。
2015年(34歳)地元企業や自治体PR広告などのメイクを担当。
2019年(38歳)眉の基本の書き方を4,500人以上に指導。
2020年(39歳)4月にTBS系列の情報番組に生出演。

眉が変われば表情が変わる。
その素敵な表情があなたの運命を変える。

眉毛を美しく保ち
人生を輝くものにしましょう

メールにてお得な情報を配信しています

登録する