眉ソムリエNARUMIの
365日毎日更新blog

技術があったら人は来る…。技術があっても人は来ない。そんな時に気づかされた言葉

vol.202
今日から2日間は
青森ねぶた祭が最高潮に
盛り上がる
特に今日は
ねぶたの審査日なので
ねぶたの作品の技術や
お囃子の技術が評価される日クラッカー
審査基準とかって
あるんだろうか?
ねぶたの技術もあれば
世の中、技術がいっぱいあるひらめき電球
技術があれば人は来る
笑顔を引き出せば人は来る
昔はそう思っていたから
技術を高める事しか考えなかった。
考えなかった…というか、
メイクの技術を高める事しか
考えられなかった。
これって
お客さまに喜んでもらう事を
最大のテーマにしている
職人気質さんほど
感じることかな?と思ういちばん
だから、
価値や価格って事になると
頭が追い付かなくなって
コツコツやっていれば
何とかなる
っと考えてしまう。
ボクは、それで
だんだん首が閉まっていって
もうお店を閉めよう…とまで思った苦笑い
  • コメント: 0

関連記事

  1. 人生の転機、あの時が無ければ…24歳、覚悟を決めた日

  2. 試行錯誤しているときを知っている方からいただいたコメント

  3. 無料にするということは、本音でいうところの〇〇〇。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

眉ソムリエ NARUMI

鳴海 吉英(なるみ よしひで)

プロフィール
1981年青森市に生まれ青森で育つ。AB型。
1996年青森市立南中学校を卒業。
1999年青森県立商業高校を卒業。
1999年(18歳)スパゲ亭青森店に就職。
2003年(22歳)美容の世界に入るため東京メークアップアーティスト学院に入校し、その後卒業。
2005年(24歳)メディカルメイクアップを志しアメリカに留学。1か月後、劇的な人生の転機があり青森へ帰る。
2010年(29歳)資生堂メイクアップ青森県大会優勝。続く東北大会では準グランプリ受賞。TBS系列のテレビ番組でメイクのコツを伝えるアドバイザーを3年務める。エステ専門誌「クレアボー」TBS系列のテレビ番組に青森のメンズエステ店として取材を受ける。
2013年(31歳)化粧品の専門誌「月刊 国際商業」に取材を受ける。
2015年(34歳)地元企業や自治体PR広告などのメイクを担当。
2019年(38歳)眉の基本の書き方を4,500人以上に指導。
2020年(39歳)4月にTBS系列の情報番組に生出演。

眉が変われば表情が変わる。
その素敵な表情があなたの運命を変える。

眉毛を美しく保ち
人生を輝くものにしましょう

メールにてお得な情報を配信しています

登録する