眉ソムリエNARUMIの
365日毎日更新blog

化粧品メーカーの勉強会で学んでくることとは

vol.186

今日は

これから化粧品メーカーの勉強会

今回の勉強会は

新しいブランドが秋に

登場するので

その勉強会。

{069271A3-D242-4785-98A6-F8E9F2C2E3D6}

新しいものって

なんだって期待感があるウンウン

これを使ったらどうなるんだろうか?

どんな使い心地なんだろうか?

新しい有効成分

などひらめき電球

ボクが考える化粧品は

成分がどうこう…

ということではないキッパリ

来てくれる人の悩みに

どうこたえられるのか?

ということ。

昔のボクは。。。

新しい成分は

そりゃ~いいだろう!と

新しい商品が出たら、

お客様にとにかく話をしていた。

(どの化粧品メーカーでも

どう話すか?を教えられる)

でも、ある時

学んだことをそのまま伝えたのに

共感できたその場の雰囲気ではなかったsei

いい商品なハズなのに

効果を感じないという方もいた血しぶき

その時、やっとわかった。

万人に合う化粧品はない

・・・というのは

商品の内容が

テキトーってことでではなく

チェック使い方で

もっと効果を感じられたり

チェック美容成分と使う人の肌の相性が

たまたま合わなかったり

チェック使う人の生活が

化粧品を使う習慣になっていなかったり

チェック化粧品を使うときの心境だったり

…と、

化粧品成分のこともあるけど

それ以外のことのほうが多い

なので、

新商品=絶対にいい!ではなく

使った人が

効果を感じて使い続けられる

そんな化粧品がいい!

と感じている。

商品の良さはメーカーや

SNSが発信をするいちばん

ボク達化粧品専門店は

どんなイメージを持っていて

そこに近づける方法を探すビシ!

なのです。

と言っても

どんなブランドが登場するかは

やっぱり楽しみですねニコニコ

というわけで

勉強会行ってきます。

インスタグラム

こちらhttps://www.instagram.com/yoshihidenarumi

動画のチャンネルは

こちらhttp://u0u1.net/DB92

ツイッターは

肌の仕組みを勘違いして覚えたら、肌の結果も変わる 障がいを持った方にメイクをさせてもらった1日 尊敬のまなざしよりも、やりがいも達成感も味わえるメイクの伝え方

  • コメント: 0

関連記事

  1. 良かれと思って続けていたことが、ダメだと言われたら…

  2. なぜ眉を書くと目まで変わって見えるか知っていますか?

  3. 誰かのためにと思ったら眉の書き方を知るべき理由

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

眉ソムリエ NARUMI

鳴海 吉英(なるみ よしひで)

プロフィール
1981年青森市に生まれ青森で育つ。AB型。
1996年青森市立南中学校を卒業。
1999年青森県立商業高校を卒業。
1999年(18歳)スパゲ亭青森店に就職。
2003年(22歳)美容の世界に入るため東京メークアップアーティスト学院に入校し、その後卒業。
2005年(24歳)メディカルメイクアップを志しアメリカに留学。1か月後、劇的な人生の転機があり青森へ帰る。
2010年(29歳)資生堂メイクアップ青森県大会優勝。続く東北大会では準グランプリ受賞。TBS系列のテレビ番組でメイクのコツを伝えるアドバイザーを3年務める。エステ専門誌「クレアボー」TBS系列のテレビ番組に青森のメンズエステ店として取材を受ける。
2013年(31歳)化粧品の専門誌「月刊 国際商業」に取材を受ける。
2015年(34歳)地元企業や自治体PR広告などのメイクを担当。
2019年(38歳)眉の基本の書き方を4,500人以上に指導。
2020年(39歳)4月にTBS系列の情報番組に生出演。

眉が変われば表情が変わる。
その素敵な表情があなたの運命を変える。

眉毛を美しく保ち
人生を輝くものにしましょう

メールにてお得な情報を配信しています

登録する