眉ソムリエNARUMIの
365日毎日更新blog

テカりの原因にも2通りの理由がある

vol.125

今日はお店の前を

制服を着た学生たちが歩いている

何かのイベントかな?

テスト期間とか?

ボクが高校生の頃は

ちょうどニキビが出始めたころで

あぶらとり紙をいっぱい使って

友達と

誰が一番アブラが取れたか?

競っていたもんです(笑)

どのあぶらとり紙が

一番取れるか?とか

懐かしい思い出なのですが

最近は

【あぶらとり紙】自体が少ない

代わりに【洗顔シート】

なるものが

ドラックストアの売り場面積を占めていた

{6ED64568-62C2-499B-850A-843983FFDA4F}

コレも時代なんでしょうか?

洗顔シートだと

スッキリ感があるから

あぶらとり紙より洗顔シートなのか?

テカりを気にして

洗顔シートやあぶらとり紙を

使おうと買うと思うのですが

ボクの経験も

肌の仕組みから考えても

洗顔シートやあぶらとり紙で

皮脂を取っても

数分後にはまたテカってくる

数分おきにアブラを取る?

現実的にはちょっと無理ですね

テカりの元であるアブラが出て

なんとかしようとネットで調べると

肌分類とか言って

チェック項目から

乾燥肌・脂性肌・敏感肌…

などに分類され

肌別のお手入れ方法が書いてある

テカりがあるから脂性肌を見ると

クレンジングや洗顔をすること

というのが

だいたい書いてある

でも、肌の仕組みからすると

テカるにも

もともとアブラが出やすいタイプと

肌が乾燥してアブラが出るタイプと

2通りに分かれる

この二つの肌の対策って

全然違うから

判断を間違うと

やってもやっても改善されない

…むしろ悪化している

という状況になる

この判断って実は難しい

何人もの肌を見ている専門家なら

違いがわかってくるんですけど

毎日自分の肌しか

見ることが出来ないから

判断が難しくて当然

実際に見てもらえる

ビュティーアドバイザーが

近くにいれば

その方に肌を見てもらって

実際に肌状態を触ってもらって

判断してあげるのが理想ビックリマーク

それでも

どうしても相談するのが恥ずかしい

というのであれば

ボクにご連絡いただければ

なにかいい解決方法がないか?

一緒に探っていきます

ツイッターは

http://Twitter.com/narumi_pony

マロミ化粧品店のライン

始めましたポチっとなポチっとなポチっとな

友だち追加

ブログでは書かないような

マニアックな美容情報も
こちらで発信していきますにひひ

好感を持ってもらえる

肌コンサルティング

3名限定の

モニター特別価格で提供中

全額返金制度あり

残り1

詳しくは

こちら好感を持ってもらえる肌コンサルティング。モニター募集

それでは、また~

***************

もう少し記事を書き貯めて
後々、男性向けのスキンケア講座を

開いていきます。

それまで、頑張って書きます苦笑い

各種お問い合わせメールは これ↓これ↓

男のスキンケア相談

こちらスキンケア相談お問い合わせ

メディア関連

こちらメディア関連のお問い合わせ

講演依頼

こちら講演依頼のお問い合わせ

030-0822 青森市中央1丁目24-4

お問合せ電話番号
電話017-734-2035 (お店)
携帯090-7565-7766 (携帯)

マロミ化粧品店 

鳴海吉英(なるみ よしひで)

  • コメント: 0

関連記事

  1. 男が化粧をしていたらどお?ファンデをつけずにキレイに見せる

  2. カミソリ負けで肌がピリピリしたら、一生、敏感肌なのでしょうか?

  3. 肌に良くないという噂もあるけど、辞められない…。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


眉ソムリエ NARUMI

鳴海 吉英(なるみ よしひで)

プロフィール
1981年青森市に生まれ青森で育つ。AB型。
1996年青森市立南中学校を卒業。
1999年青森県立商業高校を卒業。
1999年(18歳)スパゲ亭青森店に就職。
2003年(22歳)美容の世界に入るため東京メークアップアーティスト学院に入校し、その後卒業。
2005年(24歳)メディカルメイクアップを志しアメリカに留学。1か月後、劇的な人生の転機があり青森へ帰る。
2010年(29歳)資生堂メイクアップ青森県大会優勝。続く東北大会では準グランプリ受賞。TBS系列のテレビ番組でメイクのコツを伝えるアドバイザーを3年務める。エステ専門誌「クレアボー」TBS系列のテレビ番組に青森のメンズエステ店として取材を受ける。
2013年(31歳)化粧品の専門誌「月刊 国際商業」に取材を受ける。
2015年(34歳)地元企業や自治体PR広告などのメイクを担当。
2019年(38歳)眉の基本の書き方を4,500人以上に指導。
2020年(39歳)4月にTBS系列の情報番組に生出演。

眉が変われば表情が変わる。
その素敵な表情があなたの運命を変える。

眉毛を美しく保ち
人生を輝くものにしましょう

メールにてお得な情報を配信しています

登録する