眉ソムリエNARUMIの
365日毎日更新blog

テカりの原因にも2通りの理由がある

vol.125


今日はお店の前を

制服を着た学生たちが歩いている

どのあぶらとり紙が

一番取れるか?とか

懐かしい思い出なのですが


コレも時代なんでしょうか?

洗顔シートだと

スッキリ感があるから

あぶらとり紙より洗顔シートなのか?


ボクの経験も

肌の仕組みから考えても


洗顔シートやあぶらとり紙で

皮脂を取っても

数分後にはまたテカってくる




この判断って実は難しい


何人もの肌を見ている専門家なら

違いがわかってくるんですけど

毎日自分の肌しか

見ることが出来ないから

判断が難しくて当然


実際に見てもらえる

ビュティーアドバイザーが

近くにいれば

その方に肌を見てもらって

実際に肌状態を触ってもらって

判断してあげるのが理想ビックリマーク

それでも

どうしても相談するのが恥ずかしい

というのであれば

ボクにご連絡いただければ

なにかいい解決方法がないか?

一緒に探っていきます

ツイッターは

http://Twitter.com/narumi_pony


ブログでは書かないような

マニアックな美容情報も

それでは、また~

***************

もう少し記事を書き貯めて
それまで、頑張って書きます苦笑い

各種お問い合わせメールは これ↓ 好感を持ってもらえる肌コンサルティング。モニター募集 世の中の男性は、どこに美意識を持っていて、対策しているか? ニキビ肌になると、顔がムズ痒い。掻かないようにする根性論は続かない。

関連記事

  1. どんなに皮脂を取っても、殺菌しても、ニキビが消えなかった理由

  2. メンズフェイスエステでどれくらい肌が良くなるのか?

  3. 化粧水で保湿して満足していませんか?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

眉ソムリエ NARUMI

鳴海 吉英(なるみ よしひで)

プロフィール
1981年青森市に生まれ青森で育つ。AB型。
1996年青森市立南中学校を卒業。
1999年青森県立商業高校を卒業。
1999年(18歳)スパゲ亭青森店に就職。
2003年(22歳)美容の世界に入るため東京メークアップアーティスト学院に入校し、その後卒業。
2005年(24歳)メディカルメイクアップを志しアメリカに留学。1か月後、劇的な人生の転機があり青森へ帰る。
2010年(29歳)資生堂メイクアップ青森県大会優勝。続く東北大会では準グランプリ受賞。TBS系列のテレビ番組でメイクのコツを伝えるアドバイザーを3年務める。エステ専門誌「クレアボー」TBS系列のテレビ番組に青森のメンズエステ店として取材を受ける。
2013年(31歳)化粧品の専門誌「月刊 国際商業」に取材を受ける。
2015年(34歳)地元企業や自治体PR広告などのメイクを担当。
2019年(38歳)眉の基本の書き方を4,500人以上に指導。
2020年(39歳)4月にTBS系列の情報番組に生出演。

眉が変われば表情が変わる。
その素敵な表情があなたの運命を変える。

眉毛を美しく保ち
人生を輝くものにしましょう

メールにてお得な情報を配信しています

登録する