眉ソムリエNARUMIの
365日毎日更新blog

カミソリ負けで肌がピリピリしたら、一生、敏感肌なのでしょうか?

vol.098

おはようございます…

今日は朝一から

ブログ更新…。

というのも

これから胃カメラ検査ですガーン

しかも、

鼻からぶち込むのは初体験

鼻穴はデカい方だけど

鼻穴の奥って狭そうだし

鼻血とか出そうで

けっこうビビッてます。

普通は口から胃カメラ

口からの胃カメラは

これまでの人生で3回はやりましたね

生き地獄…ゲロー

怖いし、苦しいから目をつぶって

耐えようとしていると

看護師さん

「ハイ、目を開けて(胃の内部)画面を

見て、大きく息をしてくださ~い」

鬼かっ!

続けて先生が

「空気を送るから

げっぷをがまんしてくださ~い」

ボク

「ゲフ~~~~」

先生

「はい。もう一回~」

こんなやり取り…

口から胃カメラを経験した人なら

みんな共感してくれるはずです

鼻からの内視鏡検査は

口からカメラを入れるより

10分の1の苦しみで済みますって

パンフレットに書いてるけど

本当でしょうか?

それで

昨日の夜ご飯は

消化の良いもの…と思って

肉や魚など

動物性たんぱく質を食べず

野菜とおかゆ。

味付けも薄め…

濃い味は好きだけど

昨日と今日はガマン、ガマン!

明日はガッツリ食べよう!

これって、実は肌も同じなんです

肌もね、

化粧水がシミる…

なんだかピリピリする…

という、不安定(敏感)になる時がある

この時はなんだかんだいろいろせず

シンプルなお手入れにする。

昨日のボクの

おかゆを食べていた状態。

そして、

不安定(敏感)な肌状態が治ったら

また戻す。

男のスキンケアをしていて

カミソリ負けしてピリピリする

美意識が高いとネットで調べる。

すると、

肌がピリピリする=敏感肌

という事に行き着くハズ。

その結果

敏感肌用の化粧品を使うことでしょう。

あなたはこの先ずっと

敏感肌なわけじゃないですからね

一時的に

肌が不安定(敏感)になっただけ

肌の不安定が治ったら

またいつものお手入れに戻してOK

使う化粧品の切り替えなど

使う化粧品の選択は

あなたの肌を見て

必要な物、必要な方法を

お伝えしていきますニコニコ

あなたの価値を高める

スキンケアをひらめき電球

マロミ化粧品店のライン

始めましたポチっとなポチっとなポチっとな

友だち追加

ブログでは書かないような

マニアックな美容情報も
こちらで発信していきますにひひ

好感を持ってもらえる

肌コンサルティング

3名限定の

モニター特別価格で提供中

全額返金制度あり

残り1

詳しくは

こちら好感を持ってもらえる肌コンサルティング。モニター募集

それでは、また~

***************

もう少し記事を書き貯めて
後々、男性向けのスキンケア講座を

開いていきます。

それまで、頑張って書きます苦笑いa-ameba-id=”ohirunesitai” class=”emoji”>

各種お問い合わせメールは これ↓これ↓これ↓

男のスキンケア相談

こちらスキンケア相談お問い合わせ

メディア関連

こちらメディア関連のお問い合わせ

講演依頼

こちら講演依頼のお問い合わせ

030-0822 青森市中央1丁目24-4

お問合せ電話番号
電話017-734-2035 (お店)
携帯090-7565-7766 (携帯)

マロミ化粧品店 

鳴海吉英(なるみ よしひで)

  • コメント: 2

関連記事

  1. 男の肌、手っ取り早く清潔感があるように見せる化粧下地とは

  2. 化粧水を使ったら、次に使うのは「乳液」…という常識は非常識

  3. 男の肌悩み、どこにスキンケア相談をすればいいのか?

  1. SECRET: 0
    PASS:
    私は鼻から入れたら
    鼻血が出てきました(笑)
    良い胃だと言われました(笑)

  2. SECRET: 0
    PASS:
    >給食の王様さん
    鼻血は出ませんでしたが、涙とヨダレがいっぱいでした(笑)
    ボクは胃に出血跡がありました~( ̄▽ ̄)

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


眉ソムリエ NARUMI

鳴海 吉英(なるみ よしひで)

プロフィール
1981年青森市に生まれ青森で育つ。AB型。
1996年青森市立南中学校を卒業。
1999年青森県立商業高校を卒業。
1999年(18歳)スパゲ亭青森店に就職。
2003年(22歳)美容の世界に入るため東京メークアップアーティスト学院に入校し、その後卒業。
2005年(24歳)メディカルメイクアップを志しアメリカに留学。1か月後、劇的な人生の転機があり青森へ帰る。
2010年(29歳)資生堂メイクアップ青森県大会優勝。続く東北大会では準グランプリ受賞。TBS系列のテレビ番組でメイクのコツを伝えるアドバイザーを3年務める。エステ専門誌「クレアボー」TBS系列のテレビ番組に青森のメンズエステ店として取材を受ける。
2013年(31歳)化粧品の専門誌「月刊 国際商業」に取材を受ける。
2015年(34歳)地元企業や自治体PR広告などのメイクを担当。
2019年(38歳)眉の基本の書き方を4,500人以上に指導。
2020年(39歳)4月にTBS系列の情報番組に生出演。

眉が変われば表情が変わる。
その素敵な表情があなたの運命を変える。

眉毛を美しく保ち
人生を輝くものにしましょう

メールにてお得な情報を配信しています

登録する