眉ソムリエNARUMIの
365日毎日更新blog

あなたの肌タイプの判断…判断基準って何ですか?

vol.081

う゛…、鼻にニキビが出来そうニキビ

スキンケアの専門家なのに

自分の肌も管理出来ないのか…。

{318E503E-318F-4210-8074-87B4D2AAEA92}

そんな器の小っちゃい考えじゃ

あまりにも余裕が無さ過ぎる。

大切なのは

出来たニキビをどうするべきか?

なぜ、ニキビが出来たのか?

ここに注目するビシ!

(…という、自分の正当性(笑))

でも、ホントそうですよ!

ボクの場合

右矢印花粉と仲良くなりすぎて

鼻をかみまくったのが原因かな?

右矢印ニキビが出来そうだからと言って

なんだかんだお手入れは変えない

大なり小なりニキビや

肌荒れは起きるモノ。

起きたことにだけ

目を向けるのでないく

もっと広い視野で判断する目

・・・でも判断って言われても

そもそも、判断基準がなんなのか?

わからない時ってないですか?

ボクのニキビ肌時代は

ニキビを無くそうと美容雑誌読んだら

ニキビ対策とは別に

”肌タイプ別”のお手入れ方法が

書いてあった。

チェック理想肌(ノーマルスキン)

チェック乾燥肌(ドライスキン)

チェック油性肌(オイリースキン)

チェック混合肌(ドライ&オイリースキン)

チェック敏感肌(センシティブスキン)

アップ美意識が高くなると

なんとなく目にしたことないですか?

ボクの場合…

ニキビがあって、洗顔直後は

バッキバキに肌が乾燥してる

数十分後にはテカり始め

…でも、テカっているハズなのに

頬の部分は乾燥している感じ

ニキビはたまに

ピリピリ痛かったりするから

敏感な肌状態なんだろうか?

乾燥肌なんだろうか?

油性肌なのか?混合肌なのか?

敏感肌なのか?

・・・でも、一番はテカリと乾燥だから

混合肌なのかな?と思って

混合肌のお手入れページを見て

お手入れをしていました。

今、思い返すと

肌タイプの判断は

合っていたのか?


たまに

sei「敏感肌で普通の化粧品

使えないんです~」

という相談が来る。

改めて

ボクの目と指の感覚で

肌を見ていくと

敏感状態というのは

思い込みであって

実は乾燥肌が進んで

肌荒れを起こしている状態だった。

もちろん、今の肌は

敏感状態にある。というお肌も

あるのですが

思い込みも実際あるキッパリ

自分自身の肌の事は

深~く知っている判断と

何人と肌を見てきた

専門家の判断では

違いがあって当然なのですウンウン

自分の肌を意識して

変化を読み取ることは

理想の肌に近づけるために

絶対に必要だけど

肌状態を客観的に判断する

というのは、またちょっと違う。

肌の状態を知って

どんな対策をするか?決めるから

肌状態の判断がズレたら

そりゃ、結果も変わりますよねひらめき電球

初めの肌タイプ判断が

合っているのかどうか、わからず

とりあえずやってみた

…でも、やってみても

全然、よくなりませんでした。

憶測で判断し

闇雲に挑戦して結果が出ない

そんなの、しんどいですよね血しぶき

初めの判断は

スキンケアでは大切になってきますよ

あなたの価値
を高める

スキンケアをひらめき電球

好感を持ってもらえる

肌コンサルティング

3名限定の

モニター特別価格で提供中

全額返金制度あり

残り1

詳しくは

こちら好感を持ってもらえる肌コンサルティング。モニター募集

それでは、また~

***************

もう少し記事を書き貯めて
後々、男性向けのスキンケア講座を

開いていきます。

それまで、頑張って書きます苦笑い

各種お問い合わせメールは これ↓これ↓これ↓

男のスキンケア相談

こちらスキンケア相談お問い合わせ

メディア関連

こちらメディア関連のお問い合わせ

講演依頼

こちら講演依頼のお問い合わせ

030-0822 青森市中央1丁目24-4

お問合せ電話番号
電話017-734-2035 (お店)
携帯090-7565-7766 (携帯)

マロミ化粧品店 

鳴海吉英(なるみ よしひで)

  • コメント: 0

関連記事

  1. 男の肌、手っ取り早く清潔感があるように見せる化粧下地とは

  2. 洗顔シートを使うとついついやっちゃうこと

  3. 男の肌ってどんなイメージ?そのイメージ、都市伝説…?

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


眉ソムリエ NARUMI

鳴海 吉英(なるみ よしひで)

プロフィール
1981年青森市に生まれ青森で育つ。AB型。
1996年青森市立南中学校を卒業。
1999年青森県立商業高校を卒業。
1999年(18歳)スパゲ亭青森店に就職。
2003年(22歳)美容の世界に入るため東京メークアップアーティスト学院に入校し、その後卒業。
2005年(24歳)メディカルメイクアップを志しアメリカに留学。1か月後、劇的な人生の転機があり青森へ帰る。
2010年(29歳)資生堂メイクアップ青森県大会優勝。続く東北大会では準グランプリ受賞。TBS系列のテレビ番組でメイクのコツを伝えるアドバイザーを3年務める。エステ専門誌「クレアボー」TBS系列のテレビ番組に青森のメンズエステ店として取材を受ける。
2013年(31歳)化粧品の専門誌「月刊 国際商業」に取材を受ける。
2015年(34歳)地元企業や自治体PR広告などのメイクを担当。
2019年(38歳)眉の基本の書き方を4,500人以上に指導。
2020年(39歳)4月にTBS系列の情報番組に生出演。

眉が変われば表情が変わる。
その素敵な表情があなたの運命を変える。

眉毛を美しく保ち
人生を輝くものにしましょう

メールにてお得な情報を配信しています

登録する