眉ソムリエNARUMIの
365日毎日更新blog

男のスキンケア商品のランキングって信用できるんだろうか?

vol.048

何かを調べようとすると

だいたい「○○ランキング」

というのが検索に出てくる

順位をつけて

その評価を元に選んでもらおういちばん

ってことなんでしょうけど

このランキングって

当てはまるんだろうか?

例えば、その商品の社員が

”さくら”となって高評価をつける

つい

そんなへそ曲がりな目で見てしまう目

…というのも

ランキングで失敗した経験がある血しぶき

{F21DEDA2-DF20-488F-A859-4009610C8A67}

ボクがメイクの専門学生の頃

デパートの化粧品コーナーに

相談しにいったら

ボクが帰った後

絶対に笑われるだろうな~と

想像すると、相談には行けなかった。

インターネットもまだ発展していなく

美容雑誌に頼るしかなく

たまたま手に取った美容雑誌が

年間コスメランキング

という特集の雑誌だった。

肌アレに高評価だった

化粧品ランキング

エイジングケアに高評価だった

化粧品ランキング

など部門別に分かれて

1位から3位まで化粧水・乳液…と

化粧品のランキングがあった。

その中に

ニキビ部門ってのがあって

ニキビ肌用としても

化粧水の1位はコレ。2位はアレ…

乳液や美容液まで

ランキングになっていた。

中には

3万円もする美容液があって

さすがにそれには

手を出せなかったので

1位から3位までの中で

ボクが買える化粧品を

選んで買いました。

そうなると

洗顔はA社。化粧水はB社。乳液はC社。

…と、使う商品のメーカーが

全部バラバラひらめき電球

手間も、お金も…頑張った割に

ニキビの状態は変わらず…ガックリ・・・

いま思うと、

こんな化粧品の選び方じゃ

ニキビの回復はかなり遠回り。

化粧品っていうのは

設計図がある

例えば

A社の洗顔を使ったら

肌がこんな状態になって

そこにA社の化粧水を使うと

肌の状態がこうなるので

次にA社の乳液を使うから

肌が保湿できる

・・・こんな感じに

設計されている。

だから、同じ化粧品メーカーの

同じブランドを化粧品を使う方がいいビックリマーク

というのは超~理想クラッカー

…ただ、理想通りに

化粧品を買い揃える人って

極わずかなのも事実

なので、

同じブランドで揃えるべき

化粧品と

同じブランドでなくても

肌をキレイにする化粧品と

判断する目が必要である

でもね!

一番大切だよな~って思ったのが

肌の仕組みを知る事

肌の仕組みがわかっていなければ

今どんな状態になっているかが

検討つかなくなる。

いま、ネットで

コスメランキングを見て

肌の手入れをしようとしている

そこのあなたビシ!

使う物を選ぶより、

まず肌の仕組みですよ

肌の仕組み

あなたの価値を高める

スキンケアをひらめき電球

好感を持ってもらえる

肌コンサルティング

モニター特別価格で提供中

全額返金制度あり

詳しくは

こちら好感を持ってもらえる肌コンサルティング。モニター募集

それでは、また~

***************

もう少し記事を書き貯めて
後々、男性向けのスキンケア講座を

開いていきます。

それまで、頑張って書きます苦笑い

各種お問い合わせメールは これ↓これ↓こ<br />れ↓” src=”https://mayusomurie2020.com/wp-content/uploads/2020/09/3174.gif” class=”emoji”></p>
<p></p>
<p></p>
<p></p>
<p>男のスキンケア相談 </p>
<p><font color=こちらスキンケア相談お問い合わせ

メディア関連

こちらメディア関連のお問い合わせ

講演依頼

こちら講演依頼のお問い合わせ

030-0822 青森市中央1丁目24-4

お問合せ電話番号
電話017-734-2035 (お店)
携帯090-7565-7766 (携帯)

マロミ化粧品店 

鳴海吉英(なるみ よしひで)

  • コメント: 0

関連記事

  1. 男が化粧をしていたらどお?ファンデをつけずにキレイに見せる

  2. 肌の変化に違和感…。ニキビ肌から抜け出す途中の肌変化。

  3. 男の肌…皮脂を取ることを辞めて見た結果

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


眉ソムリエ NARUMI

鳴海 吉英(なるみ よしひで)

プロフィール
1981年青森市に生まれ青森で育つ。AB型。
1996年青森市立南中学校を卒業。
1999年青森県立商業高校を卒業。
1999年(18歳)スパゲ亭青森店に就職。
2003年(22歳)美容の世界に入るため東京メークアップアーティスト学院に入校し、その後卒業。
2005年(24歳)メディカルメイクアップを志しアメリカに留学。1か月後、劇的な人生の転機があり青森へ帰る。
2010年(29歳)資生堂メイクアップ青森県大会優勝。続く東北大会では準グランプリ受賞。TBS系列のテレビ番組でメイクのコツを伝えるアドバイザーを3年務める。エステ専門誌「クレアボー」TBS系列のテレビ番組に青森のメンズエステ店として取材を受ける。
2013年(31歳)化粧品の専門誌「月刊 国際商業」に取材を受ける。
2015年(34歳)地元企業や自治体PR広告などのメイクを担当。
2019年(38歳)眉の基本の書き方を4,500人以上に指導。
2020年(39歳)4月にTBS系列の情報番組に生出演。

眉が変われば表情が変わる。
その素敵な表情があなたの運命を変える。

眉毛を美しく保ち
人生を輝くものにしましょう

メールにてお得な情報を配信しています

登録する