眉ソムリエNARUMIの
365日毎日更新blog

日焼け止めをつけたはずなのに日焼けをした男

外は雪が積もってるけど
ちょいちょい太陽も見える。
2月の青森は
太陽が見れることは
ほとんど無かった
今年は
太陽が見えるだけでも
気分が楽になるもんです
外出するのが楽しみで
あっちこっち行くのですが
日焼け止めは欠かさず
つけていっています。
美容の事、ましてや
肌の事を考えているのに
ガンガン日焼けしてたら
説得力なんてない
って意地がありましたから
んで
数年前の4月雪も解けたし
ちょっとバイクに乗ろうと
出かけたわけですよ
朝から雲一つない晴れ間だけど
気温がまだ寒かったので
防寒対策も紫外線対策もして
気持ちよく出かけたら
空は晴れていても
山の方に行くにつれ
道路の脇にはまだ雪があって
その雪解け水が所々にある
ボクのバイク
「泥除け」が付いていない
バイクだったもんだから
道路にある水
全部、浴びるんです
しかも雪解け水って
泥も混ざっているから
口の中が
ジャイジャリいう…
ちょっと我慢しながら
道の駅に入り鏡を見ると
顔、泥まみれ
お祭り男の宮川大輔か?
ってくらいドロッドロ!
手を拭くペーパーに
水をつけて顔を拭いて
泥を拭いて、帰って来たんです。
もちろん
帰りも雪溶け水で顔中、泥まみれ…
やっとのことで帰って来たと思ったら
今度は顔が火照っている
この火照りは
日焼けした後の火照り
出かける前に
紫外線対策をしたハズなのに

それでは、また~

***************

もう少し記事を書き貯めて
それまで、頑張って書きます苦笑い

各種お問い合わせメールは これ↓これ↓これ↓

男のスキンケア相談

こちらスキンケア相談お問い合わせ

メディア関連

こちらメディア関連のお問い合わせ

講演依頼

こちら講演依頼のお問い合わせ

030-0822 青森市中央1丁目24-4

お問合せ電話番号

  • コメント: 0

関連記事

  1. カミソリ負けしなくなった男の肌のビフォーアフター

  2. 男のスキンケア論はどれが正しいのか?わからない…。

  3. 男のスキンケアが楽しくないなら肌は良くならない

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

眉ソムリエ NARUMI

鳴海 吉英(なるみ よしひで)

プロフィール
1981年青森市に生まれ青森で育つ。AB型。
1996年青森市立南中学校を卒業。
1999年青森県立商業高校を卒業。
1999年(18歳)スパゲ亭青森店に就職。
2003年(22歳)美容の世界に入るため東京メークアップアーティスト学院に入校し、その後卒業。
2005年(24歳)メディカルメイクアップを志しアメリカに留学。1か月後、劇的な人生の転機があり青森へ帰る。
2010年(29歳)資生堂メイクアップ青森県大会優勝。続く東北大会では準グランプリ受賞。TBS系列のテレビ番組でメイクのコツを伝えるアドバイザーを3年務める。エステ専門誌「クレアボー」TBS系列のテレビ番組に青森のメンズエステ店として取材を受ける。
2013年(31歳)化粧品の専門誌「月刊 国際商業」に取材を受ける。
2015年(34歳)地元企業や自治体PR広告などのメイクを担当。
2019年(38歳)眉の基本の書き方を4,500人以上に指導。
2020年(39歳)4月にTBS系列の情報番組に生出演。

眉が変われば表情が変わる。
その素敵な表情があなたの運命を変える。

眉毛を美しく保ち
人生を輝くものにしましょう

メールにてお得な情報を配信しています

登録する