眉ソムリエNARUMIの
365日毎日更新blog

どんなに皮脂を取っても、殺菌しても、ニキビが消えなかった理由

vol.040


いま、どこに行っても

手の消毒が無料で使えるじゃないですか?


ボクの前にいた買い物客

みん手の消毒液をつけてたパー

インフルエンザも流行る時期だから

つけたくなるけど


殺菌すると、代わりに

肌はガサガサになる




終わるのは

夜中の2時か3時だったので

部屋に帰って後は寝るだけ


その時のボクは

ニキビ肌に顔のテカり…

皮脂があるからニキビが治らない…

ニキビ菌(アクネ菌)を殺らなければ…

と勘違いしていたときでもあって


皮脂を落として、殺菌すればいい!

と思っていたので

保湿の事は頭にないので

顔を洗った直後

顔はガッビガビに乾燥するM


それなのに

ニキビが少なくなることは無かったsei




というのはわかってくるいちばん


努力しているのに

肌が荒れるってイヤじゃないですか血しぶき



とりあえず、

汚れを落としているからいい?

とりあえず、

化粧水をつけてるからいい?


つい、そう思ってしまうけど

肌の仕組みを考えたら

とりあえずと言わず





あなたの価値を高める

スキンケアをひらめき電球

好感を持ってもらえる

肌コンサルティング

モニター特別価格で提供中

全額返金制度あり

詳しくは

こちら好感を持ってもらえる肌コンサルティング。モニター募集


それまで、頑張って書きます苦笑い

各種お問い合わせメールは これ↓これ↓これ↓

男のスキンケア相談

こちらスキンケア相談お問い合わせ

メディア関連

こちらメディア関連のお問い合わせ

講演依頼

こちら

  • コメント: 0

関連記事

  1. 肌の悩みは隠して前向きになれるなら身近で一番の味方

  2. 男のスキンケアが楽しくないなら肌は良くならない

  3. 日焼けしたい男子…スキンケアするなら気をつける事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

眉ソムリエ NARUMI

鳴海 吉英(なるみ よしひで)

プロフィール
1981年青森市に生まれ青森で育つ。AB型。
1996年青森市立南中学校を卒業。
1999年青森県立商業高校を卒業。
1999年(18歳)スパゲ亭青森店に就職。
2003年(22歳)美容の世界に入るため東京メークアップアーティスト学院に入校し、その後卒業。
2005年(24歳)メディカルメイクアップを志しアメリカに留学。1か月後、劇的な人生の転機があり青森へ帰る。
2010年(29歳)資生堂メイクアップ青森県大会優勝。続く東北大会では準グランプリ受賞。TBS系列のテレビ番組でメイクのコツを伝えるアドバイザーを3年務める。エステ専門誌「クレアボー」TBS系列のテレビ番組に青森のメンズエステ店として取材を受ける。
2013年(31歳)化粧品の専門誌「月刊 国際商業」に取材を受ける。
2015年(34歳)地元企業や自治体PR広告などのメイクを担当。
2019年(38歳)眉の基本の書き方を4,500人以上に指導。
2020年(39歳)4月にTBS系列の情報番組に生出演。

眉が変われば表情が変わる。
その素敵な表情があなたの運命を変える。

眉毛を美しく保ち
人生を輝くものにしましょう

メールにてお得な情報を配信しています

登録する