眉ソムリエNARUMIの
365日毎日更新blog

男の肌悩み、どこにスキンケア相談をすればいいのか?

vol.004

男の肌理論

男性ホルモンの関係上

男は皮脂が多いビックリマーク

アップコレが一番

世の中で言われているコト。

間違ってはいません。

ただ、

こういう記事を書いている方が

女性だったりする。

わかります。わかります

美容のお仕事に就いて

肌の事を勉強していくと

必ず

男性と女性の肌の違いを

知る事にもなるし

男性の美意識が高くなっている以上

触れない訳にもいかない

んで、そのまま、読み続けると

「男性用に化粧品を開発しました

使ってねテヘペロッ」

って、結局は売り込みかいっ!と

ツッコみたくなるのですが

ひと言、言わせてください。

男の肌の何が

わかるんじゃい!

{4979B5AE-5023-496D-83B5-C070EFC2B983}

男の肌理論上

皮脂多いとされているから…

書きたい気持、ホントにわかりますひらめき電球

ただ、

理想論と現実と違うこともあるし

実際ボクは、世の中に出ている

男の肌理論を試しても

全然よくならなかった…

女性の方が

男性の肌の事を書いちゃいけない!

ってことを言いたのではなく

女性の方が

どんなに、何とかしてあげたい

と熱い想いで語っても

男性の肌を

経験することは出来ない

ボクが思うのは

男性・女性という性別の前に

みんな、同じ人間…はてなマークはてなマークはてなマーク

・・・例え話、下手クソかッゲロー

男女ではたしかに

肌の違いはあるけれど

ものすご〜く違うわけでもない

肌理論というより

肌の仕組みはあまり変わらない。

同じ人の皮膚なんだから。

なので、

男性用化粧品・女性用化粧品と

世の中ではなんとなく

別けられていても

気にしなくてもいい。

ボクが

ニキビ面を直して行けたのも

女性が使うようなスキンケア化粧品を

使ってからですし

今使っている

スキンケア化粧品も

女性が普段使うような化粧品

でもね…

実際問題

肌をキレイにしたいと思っても

デパートの1階にあるような

化粧品ブランドが入っているフロアに

男一人

「化粧品が欲しいんですけど」

と突入していくのは

帰ったあと、スッタフ同士の会話で

にひひ「今日、男の人来たんだけどさぁ〜…」

ってバカにされるんじゃないか?と思うと

行きたくても行けない。

だから

インターネットで2~3時間も

男のスキンケア情報を調べ

何となく良さそうな化粧品を

アマゾンや楽天の

レビュー欄で調べてポチっと購入。

現段階では

プロの目で見たあなたの肌と

プロの目で判断する化粧品は

全然違ってきますからね

男性の美意識が高くなってくることは

大歓迎です。

清潔感があるというのは

あなたもその場にいる人も

気分がいいし、ステータスになる

そして、

男性がプロに相談できる場が

まだまだ少ないのも事実。

ボクがニキビ肌で悩んで

自信も無くして堂々と

生活出来ていなかった時

男性が男のスキンケアを

相談できる場所があったら

お金も一人で悩んでいた時間も

無駄にはならなかったはずえーん

プロの目で男の肌を見る場や人を

これから増やしていこうと

マジで思っています。

あなたの価値を高める

スキンケアをひらめき電球

好感をもたれる肌コンサルティング

モニター特別価格で提供中

全額返金制度あり

詳しくは

こちら好感を持ってもらえる肌コンサルティング。モニター募集

それでは、また~

***************

もう少し記事を書き貯めて
後々、男性向けのスキンケア講座を

開いていきます。

それまで、頑張って書きます苦笑いこれ↓これ↓

男のスキンケア相談

こちらスキンケア相談お問い合わせ

メディア関連

こちらメディア関連のお問い合わせ

講演依頼

こちら講演依頼のお問い合わせ

030-0822 青森市中央1丁目24-4

お問合せ電話番号
電話017-734-2035 (お店)
携帯090-7565-7766 (携帯)

マロミ化粧品店 

鳴海吉英(なるみ よしひで)

  • コメント: 0

関連記事

  1. ニキビ肌になると、顔がムズ痒い。掻かないようにする根性論は続かない。

  2. 皮脂が出てテカってくるのは、理由がわかれば簡単

  3. 洗顔シートを使うとついついやっちゃうこと

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


眉ソムリエ NARUMI

鳴海 吉英(なるみ よしひで)

プロフィール
1981年青森市に生まれ青森で育つ。AB型。
1996年青森市立南中学校を卒業。
1999年青森県立商業高校を卒業。
1999年(18歳)スパゲ亭青森店に就職。
2003年(22歳)美容の世界に入るため東京メークアップアーティスト学院に入校し、その後卒業。
2005年(24歳)メディカルメイクアップを志しアメリカに留学。1か月後、劇的な人生の転機があり青森へ帰る。
2010年(29歳)資生堂メイクアップ青森県大会優勝。続く東北大会では準グランプリ受賞。TBS系列のテレビ番組でメイクのコツを伝えるアドバイザーを3年務める。エステ専門誌「クレアボー」TBS系列のテレビ番組に青森のメンズエステ店として取材を受ける。
2013年(31歳)化粧品の専門誌「月刊 国際商業」に取材を受ける。
2015年(34歳)地元企業や自治体PR広告などのメイクを担当。
2019年(38歳)眉の基本の書き方を4,500人以上に指導。
2020年(39歳)4月にTBS系列の情報番組に生出演。

眉が変われば表情が変わる。
その素敵な表情があなたの運命を変える。

眉毛を美しく保ち
人生を輝くものにしましょう

メールにてお得な情報を配信しています

登録する