眉ソムリエNARUMIの
365日毎日更新blog

時代が変わっても昔から変わらないことは…。

image
前回のブログこちら

の続き!

池袋から地下鉄で隣の

要町(かなめちょう)にある
清水屋さんへ訪問。

清水さんと話をしていても
商品というより
信頼関係を大切に思っていると

感じたのですが

実践しているのが
12回コースのエステビックリマーク

清水さんは
相手のタイミングで話すのを待つ
というのを心がけていて

エステをして
ニヤリあれを使わなきゃダメ
グラサンそんな事するからダメ

と、煽って相手をコントロールしよう
のではなく

相手が話したいタイミングで
話してもらうまで待つ。
根掘り葉掘り聞かない。

エステ数回で打ち解ける方もいれば
年単位の時間が

かかる方もいらっしゃる

との事でした。

そういえば
先日、人生の大先輩でもある
経営者さんにお話を伺った時

こちら人生の先輩からの話は否定が多いのか?希望が多いのか?

信頼無くして経営はない

という事をおっしゃっていました。

信頼…。
チェック商品レビューの星の数が
信頼の証なのか?
チェック肌にあった商品を見つける能力が
信頼の証なのか?
チェック1発で似合う口紅を見つける事が
信頼の証なのか?
清水さんと話していて
商品がどうこう…よりも
話をしてもらう。
話を聞く。
という事が大切なんだと
改めて実感しました。
信頼の置ける人って
どんな人ですか?と
質問されたら
あなたはなんて答えますか?

この辺は時代が変わっても

そんなに変わらないのかも
しれませんねウインク

メイクレッスンメニュー&料金は

こちらhttps://ameblo.jp/maromi-mens/entry-12313303279.html

インスタグラム

こちらhttps://www.instagram.com/yoshihidenarumi

ツイッターは

https://www.facebook.com/maromi.cosme/

マロミ化粧品店のライン

始めましたポチっとなポチっとなポチっとな

友だち追加

ブログでは書かないような

マニアックな美容情報も
こちらで発信していきますにひひ

それでは、また~

***************

各種お問い合わせメールはこれ↓これ↓これ↓

男のスキンケア相談

こちらスキンケア相談お問い合わせ

メディア関連

こちらメディア関連のお問い合わせ

講演依頼

こちら講演依頼のお問い合わせ

030-0822青森市中央1丁目24-4

お問合せ電話番号
電話017-734-2035(お店)
携帯090-7565-7766(携帯)

マロミ化粧品店 

鳴海吉英(なるみ よしひで)

  • コメント: 0

関連記事

  1. 眉を書くのが楽しくなるのは手作り料理と同じだからです。

  2. どうしようもない眠気は悪いことではない

  3. アンケートを紹介。生徒に伝える時のポイント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


眉ソムリエ NARUMI

鳴海 吉英(なるみ よしひで)

プロフィール
1981年青森市に生まれ青森で育つ。AB型。
1996年青森市立南中学校を卒業。
1999年青森県立商業高校を卒業。
1999年(18歳)スパゲ亭青森店に就職。
2003年(22歳)美容の世界に入るため東京メークアップアーティスト学院に入校し、その後卒業。
2005年(24歳)メディカルメイクアップを志しアメリカに留学。1か月後、劇的な人生の転機があり青森へ帰る。
2010年(29歳)資生堂メイクアップ青森県大会優勝。続く東北大会では準グランプリ受賞。TBS系列のテレビ番組でメイクのコツを伝えるアドバイザーを3年務める。エステ専門誌「クレアボー」TBS系列のテレビ番組に青森のメンズエステ店として取材を受ける。
2013年(31歳)化粧品の専門誌「月刊 国際商業」に取材を受ける。
2015年(34歳)地元企業や自治体PR広告などのメイクを担当。
2019年(38歳)眉の基本の書き方を4,500人以上に指導。
2020年(39歳)4月にTBS系列の情報番組に生出演。

眉が変われば表情が変わる。
その素敵な表情があなたの運命を変える。

眉毛を美しく保ち
人生を輝くものにしましょう

メールにてお得な情報を配信しています

登録する